発表申込

アブストラクト受付期間

受付期間:5/31(金)~7/1(月)

投稿要領

発表を希望される方は,下記の原稿執筆要項に従ってアブストラクトの原稿およびそのPDFファイルを作成して下さい.

  • PDFファイル名は,投稿後の混乱を防ぐために,登壇者のお名前(フルネーム)を含めるようにご協力ください.
  • PDF形式に変換する際は,フォントをすべてインクルード(埋め込み)するようにして下さい.
  • PDF形式に変換したファイルをAdobe社のAcrobat Readerで印刷し,読めることを確認して下さい.
    フォントの文字化けが生じる可能性がありますので,できれば,環境の違うパソコンでも仕上がりを確かめて下さい.
    ※Type3フォントは印刷において問題を生じる場合があることから,利用しないようお願いします.

作成したPDFファイルを, 投稿ページ(オープン期間は2013年5月31日0時〜7月1日24時)から投稿して下さい.
発表申込受付は終了いたしました.ありがとうございました.

なお,掲載された原稿の著作権は,「著作権規定」にある通り,日本オペレーションズ・リサーチ学会に帰属することをご了承下さい.

アブストラクト執筆要項

  1. アブストラクト集は著者の原稿をそのままフォトコピーして、B5判にオフセット印刷します。形式が不備の場合は印刷ができない場合がございますので、アブストラクト作成の際には以下の注意書きをお読みいただくよう、お願いいたします。
  2. アブストラクト原稿は発表1件につき2ページです。
    A4判用紙で、各ページの余白は上下30mm、左右20mm として下さい。余白部分には統一したヘッダーとして書名、フッターとしてページ番号が挿入されますので、必ず、空白のままにしておいて下さい。
    縮小印刷されますので、フォントサイズは(本文、図表とも)9pt以上でお願いします。アブストラクト集はモノクロ印刷されます。
  3. 発表題目、発表者氏名・所属は規定の位置に書いてください。
    1. 発表題目は1枚目の最上段に本文より大きめのフォントを使い書いて下さい。
    2. 1行空けてその下に、発表者の「会員番号」、「所属」、「氏名」、 「ローマ字読み」を書いて下さい。ローマ字読みは姓、名の順、姓はすべて大文字、名は頭文字だけ大文字として下さい。連名の場合は同じ形式で全員の氏名を書き、 登壇者の姓の前に*印を付けて下さい。
      発表者情報の記載例
      01234568 ○×大学 大学 太郎 DAIGAKU Taro
      98765432 △□企画 *企業 花子 KIGYOU Hanako
  4. 図・表・写真などは縮小されても識別できるように、また、モノクロ印刷しても識別できるように、投稿する前にあらかじめテスト印刷して仕上がりを確かめて下さい。

研究発表に関して

発表会場ではPC用プロジェクターをご用意しております.

OHPなどでの発表をご希望の方は (nc2013f@orsj.or.jp)まで,事前にご連絡ください.

なお,発表会場には備え付けPCはございませんので,ご了承ください.

アブストラクトのサンプル

参考リンク:「PDFの作成方法(2006年秋季研究発表会のホームページより)

アブストラクトのサンプル
PDF EUC版 SJIS版 JIS版
LaTeXのソースファイル EUC版 SJIS版 JIS版
LaTeXのスタイルファイル EUC版 SJIS版 JIS版