社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
タイトルイメージ
HOME  > 研究活動案内 >  ORセミナー> 過去のORセミナー
2010年度 第1回 ORセミナー 『最適化のモデリング、ソフトウェア、その最新動向』
開催趣旨: 実務の中で最適化を利用するには最適化ソフトウェアの利用が必要不可欠ですが、これらのソフトウェアも日々進化しています。中でも特に注目されているのが21世紀の線形計画問題と呼ばれる半正定値計画問題(SDP)です。機関誌の7月号でも特集されましたが、SDPも商用パッケージが発売され、実務への幅広い応用が期待されます。また、最適化ソフトウェアの提供するモデリング言語やその開発環境においても新しい製品が展開され、より速く、使い易く、幅広く最適化アプリケーションが構築できるようになってきています。今回のORセミナーではこれら新しい最適化のモデリングとソフトウェアを紹介するとともに、その具体的な応用や事例を紹介します。企業の現場で問題解決に取り組んでいる実務家、大学等でオペレーションズ・リサーチを学んでいる学生など、多くの方の参加を歓迎します。
日 時 2010年11月5日(金) 10:00~17:30
会 場 ㈱構造計画研究所 本所新館(地下1階レクチャールーム)
〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
≪交通≫東京メトロ丸の内「新中野」駅1番出口徒歩約1分 
Tel.03(5342)1065
≪地図のURL≫http://www.kke.co.jp/map/tokyo.html
コーディネーター
司会
日本アイ・ビーエム 米沢 隆
協賛学会 情報処理学会、経営情報学会、電子情報通信学会、日本経営工学会、計測自動制御学会
プログラム
(敬称略)
  1. 10:00~10:10
    開会挨拶
  2. 10:10~11:10
    基調講演
    「最適化とモデリングの最新動向 -最適化モデリング人材育成と最新ソフトウェアの活用」
    吉瀬章子(筑波大学)
    概要: 近年のソフトウェア・PCの飛躍的な発展によって可能となった、高校生やサービス事業体を対象とした、新しい最適化モデリングの人材育成プログラムの実施例を紹介するとともに、半正定値計画問題など最新のモデルを利用することでもたらされる最適化モデルの応用可能性について概説を与える。
  3. 11:20~12:20 
    「サービス業の現場で効果を上げる勤務スケジュール作成システム-最新の整数計画法とツイッターの適用-」
    森 庸輔(ウィンワークス(株)) 
    概要:2006年に整数計画法に基づく最初のバージョンをリリースして以来、サービス業の現場での運用性を高める様々な機能を強化してきた。 現場で求められる勤務ルールの実装と、運用を定着化するための工夫をモデリングの実例として紹介する。
  4. 13:30~15:00
    「AIMMS:Easy-to-use OR modeling environment」(通訳有)
    Pim Beers(Paragon Decision Technology Pte Ltd)
    概要:AIMMS is a complete modeling environment. AIMMS links to powerful solvers, has an advanced language and an algorithmic function library. AIMMS supports exchanging data with Excel and databases, constructing an interactive graphical user interface, and deploying optimization applications in an operational context.
  5. 15:10~16:10
    「21世紀の最適化、SDPのモデリングと応用及び大規模計算」
    藤澤克樹(中央大学) 
    概要:SDP が最近注目される理由としては次のような事項を挙げることができる。
    1: 高速かつ安定したアルゴリズムが存在する 2: 問題解決能力が大きい 3: 応用分野が広い 4: ソフトウェアの整備が進んでいる
    本講演ではこれらの事項について解説すると共に大規模な SDP を解くための最新の研究と成果についても触れていく。
  6. 16:20~17:20「半正定値計画問題の実務への応用」
    原田耕平((株)数理システム)
    概要:近年の半正定値計画問題に関する理論面の発展は目覚しいが、実務の現場においては他の数理計画問題ほど普及しているとは言い難い。本発表では応用例の紹介とともに、実務への応用を意識した際に発生する、半正定値計画ならではの問題点について言及する。
  7. 17:20~17:30 閉会挨拶
参加費
テキスト代込
正・賛助会員 (協賛学会の正・賛助会員も含みます)  20,000円
学生会員 5,000円
非会員 25,000円 
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2017年度第4回ORセミナー
日程:
2018年1月20日(土)
場所:
南山大学
シンポジウム
2018年春季シンポジウム
日程:
2018年3月14日(水)
場所:
東海大学

2018年秋季シンポジウム
日程:
2018年9月5日(水)
場所:
名古屋市立大学
研究発表会
2018年春季研究発表会
日程:
2018年3月15日(木)-16日(金)
場所:
東海大学

2018年秋季研究発表会
日程:
2018年9月6日(木)-7日(金)
場所:
名古屋市立大学