社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  研究部会
2018年度 研究部会・グループ 一覧 (2018年3月~2019年2月)
常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. 離散アルゴリズムの応用と理論
2. ORによる大規模インフラストラクチャー分析
3. 確率モデルとその応用
4 .不確実性環境下の意思決定モデリング
5. エネルギーミックスの諸問題とOR
6. オリンピック,パラリンピックとOR
7. システム信頼性
8. データサイエンスとマーケティング分析
9. 危機管理と防衛のOR
10. 最適化とその応用
11. 食とその周辺

研究グループ

1. 地域課題解決のOR
2.数理的発想とその実践

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

常設研究部会

待ち行列  http://www.orsj.or.jp/queue/

主査 笠原正治(奈良先端科学技術大学院大学) kasahara◎is.naist.jp
幹事 PHUNG DUC TUAN フン ドック トゥアン(筑波大学) tuan◎sk.tsukuba.ac.jp

待ち行列を初めとした確率システムの理論解析やその通信システム等への応用に関する最新のトピック(毎回2件ずつ)をその専門家に報告してもらい,議論・意見の交換を行っている.

数理計画  (RAMP)  http://www.orsj.or.jp/ramp/index.html

主査 土谷 隆 (政策研究大学院大学) tsuchiya◎grips.ac.jp
幹事 北原知就(東京工業大学) kitahara.t.ab◎m.titech.ac.jp

数理計画法の理論,アルゴリズム,および,応用に関して幅広い研究の推進.主な研究活動はRAMPシンポジウムの開催.

評価のOR  https://www.u.tsukuba.ac.jp/~izunaga.yoichi.ga/hyoka/

主査 後藤美香(東京工業大学) goto.m.af◎m.titech.ac.jp
幹事 伊豆永洋一(筑波大学) izunaga◎gssm.otsuk.tsukuba.ac.jp

データや情報が自由に流通する情報化社会では,あらゆる場面で,OR手法に基づく評価,すなわち,「評価のOR」が活躍する機会がこれまで以上に増える.具体的には,DEA,AHP,多変量データ解析,ゲーム理論等の理論と応用に関する研究を行う.

意思決定法  http://sites.google.com/site/decisionorsj/

主査 水野隆文(名城大学) tmizuno◎meijo-u.ac.jp
幹事 飯田洋市(諏訪東京理科大学) youichi.iida◎gmail.com

3年に1回(ISAHP開催年は翌年度)のシンポジウム(JSAHP)と研究会(シンポジウム実施年は1~2回,非実施年は3~5回程度開催予定)により,AHPを中心として効用理論,ゲームの理論など意思決定法に関する研究を行ないます.

サプライチェーン戦略  http://scsr.jp/

主査 竹田 賢(青山学院大学) takeda◎busi.aoyama.ac.jp
幹事 草刈君子 kimiko.kusakari◎nifty.com

サプライチェーンを中心として経営組織全体と組織間にまたがる諸問題をOR的思考の適用を通して解決するため の新しいアプローチを研究するものです.このような分野に関心のある,研究者,コンサルタント,システムベンダー,ユーザー(製造業,物流業,流通業)の方々をメンバーとして,専門,企業,学界,世代を横断するコラボレーションを志すオープンな研究会を目標としたいと考えています.
ページトップへ戻る

研究部会

離散アルゴリズムの応用と理論  https://sites.google.com/view/discrete-algorithm/

主査 牧野和久 (京都大学) makino◎kurims.kyoto-u.ac.jp
幹事 井出陽子 (三菱重工業㈱) yoko1_ide◎mhi.co.jp
幹事 澄田範奈 (首都大学東京) sumita◎tmu.ac.jp

本研究部会は,オペレーションズ・リサーチの様々な分野に現れる離散アルゴリズムをテーマとし,実社会への応用,ならびに,それを支える基礎理論を議論する.

ORによる大規模インフラストラクチャー分析 

主査 三浦英俊 (南山大学) hmiura◎nanzan-u.ac.jp
幹事 渡部大輔 (東京海洋大学) daisuke◎kaiyodai.ac.jp

本研究部会では,地域の持続可能的発展を支えるインフラストラクチャーの要件,OR技法を用いた大規模インフラストラクチャーの計画,インフラストラクチャーにおける危機管理等の諸問題をORの視点から研究する.

確率モデルとその応用  https://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/math-phys/horiguchi/ORDP.html

主査 堀口正之 (神奈川大学) horiguchi◎kanagawa-u.ac.jp
幹事 來島愛子 (上智大学) kurushima◎sophia.ac.jp
幹事 吉良知文 (群馬大学/九州大学) kira◎imi.kyushu-u.ac.jp

確率モデルはもちろん,最適停止問題,ファジィ理論,決定理論,統計解析などの研究を,ベルマンスピリットのもと,経営,経済,工学,ファイナンス,スポーツ等への応用とともに取り組んで参ります.

不確実性環境下の意思決定モデリング  http://www.oit.ac.jp/or/

主査 北條仁志 (大阪府立大学) hojo◎cs.osakafu-u.ac.jp
幹事 中西真悟 (大阪工業大学 ) nakanisi.oit◎gmail.com

本研究部会は,関西地区において永年にわたり脈々と引き継がれてきた研究活動の流れを汲むものです.様々な不確実性が伴う環境での意思決定に関連する研究情報を紹介・収集・交換する場を提供します.

エネルギーミックスの諸問題とOR

主査 中川慶一郎 ((株)NTTデータ) nakagawaki◎nttdata.co.jp
幹事 宇田川佑介 ((株)構造計画研究所) yusuke-udagawa◎kke.co.jp

エネルギー源の多様化,電力・ガス市場の自由化等の変革下,スマートエネルギーネットワークの実現が期待されている.本研究部会ではIoT,AI,ICT等をベースにORによる課題の研究,方法論の開拓を進める.

オリンピック,パラリンピックとOR

主査 鳥海重喜 (中央大学) toriumi◎ise.chuo-u.ac.jp
幹事 田中健一 (慶應義塾大学) ken1tnk◎ae.keio.ac.jp

2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックに向けて,宿泊施設の不足,観客の輸送,セキュリティの確保等の重要課題に対し,ORの理論と手法を適用することで解決することを目指す.

システム信頼性  https://sigrel.wordpress.com/

主査 木村光宏 (法政大学) kim◎hosei.ac.jp
幹事 田村信幸 (法政大学) tamura◎hosei.ac.jp

本研究部会は,システム信頼性理論とその応用技術が扱う諸現象の解析と評価のための数理モデリングの分野を軸として,研究発表・特別講演等を企画し,また近い分野の皆様のお話も交えつつ,各地で交流を展開します.

データサイエンスとマーケティング分析

主査 鈴木秀男 (慶應義塾大学) hsuzuki◎ae.keio.ac.jp
幹事 朝日弓未 (東海大学) asahi◎tsc.u-tokai.ac.jp
幹事 横山 暁 (青山学院大学) satoru◎yokoyamalab.org

本研究部会では,データサイエンスとマーケティング分析に関する分析の動向の調査,それらの環境を踏まえた情報技術・データ解析とマーケティングの分野を統合した方法論・フレームワークに関する研究,分析事例の開発を目指す.また,OR学会における情報,機械学習,統計解析,マーケティング研究者の情報交換を活発に行うことで,本分野の研究の振興を図る.

危機管理と防衛のOR

主査 宝崎隆祐 (防衛大学校) hozaki◎nda.ac.jp
幹事 片山隆仁 (一般財団法人 防衛技術協会) katayama◎ksj.biglobe.ne.jp

オリンピックやイベント開催で問題となる危機管理や緊急事態対処,警備計画の他,災害対策,都市計画及び安全保障といった分野の話題を取扱い,これらの意思決定に関するOR研究の推進,普及を目的とします.

最適化とその応用  http://www.ism.ac.jp/~mirai/opta/index.html

主査 高松瑞代(中央大学) takamatsu◎ise.chuo-u.ac.jp
幹事 田中未来(統計数理研究所) mirai◎ism.ac.jp

オペレーションズ・リサーチにおいて,最適化は重要な手法のひとつです.本研究部会では,最適化の理論に関する研究とさまざまな分野における最適化手法の応用について活発に議論を行います.

食とその周辺

主査 大角盛広(神戸学院大学) osumi◎ba.kobegakuin.ac.jp
幹事 宇野剛史(徳島大学) uno.takeshi◎tokushima-u.ac.jp

農業問題へのORへの適用を考えたこれまでの農業系の研究部会を引き継ぎ,より広く食の問題の研究をする.
ページトップへ戻る

研究グループ

地域課題解決のOR 

主査 鈴木 勉 (筑波大学) tsutomu◎risk.tsukuba.ac.jp
幹事 石井儀光 (国立研究開発法人 建築研究所) ishii◎kenken.go.jp

OR手法を通して様々な地域課題の解決に取り組んでいる研究者や学生を対象に,発表の機会や議論の場を提供することを目的としています.公開セミナーやワークショップ等を通じて成果の発表を行います.

数理的実践とその応用

主査 杉原一臣(福井工業大学) sugihara◎fukui-ut.ac.jp
幹事 春名 亮(金沢学院大学) haruna◎kanazawa-gu.ac.jp

本研究部会は,1991年以降9期27年にわたり,北陸地区で運営されてきた研究部会の後継組織にあたり,オペレーションズ・リサーチ関連分野における研究トピックの根底にある数理的アイデアについて議論する.
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2018年度第3回ORセミナー
『因子分析とその発展―無形概念の測定から概念間の関係性分析まで―』
日程:
2019/1/12(土)
場所:
筑波大学東京キャンパス文京校舎
シンポジウム
2019年春季シンポジウム

同日開催
第34回FMESシンポジウム
 
日程:
2019/3/13(水)
場所:
千葉工業大学
津田沼キャンパス

2019年秋季シンポジウム
日程:
2019/9/11(水)
場所:
東広島芸術文化ホールくらら
研究発表会
2019年春季研究発表会
日程:
2019/3/14(木)-15(金)
場所:
千葉工業大学
津田沼キャンパス

2019年秋季研究発表会
日程:
2019/9/12(木)-13(金)
場所:
東広島芸術文化ホールくらら