社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  開催案内
2017年度 研究部会・グループ 開催案内 (2017年3月~2018年2月)

常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. アグリサプライチェーンマネジメント
2. 最適化の基盤とフロンティア
3. 数理的発想とその実践
4. 離散アルゴリズムの応用と理論
5. ORによる大規模インフラストラクチャー分析
6. 確率モデルとその応用
7 .不確実性環境下の意思決定モデリング
8. エネルギーミックスの諸問題とOR
9. オリンピック,パラリンピックとOR
10. システム信頼性 
11. データサイエンスとマーケティング分析
12. 危機管理と防衛のOR

研究グループ

1. 地域課題解決のOR

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

 〔システム信頼性〕 

部会URL

https://sigrel.wordpress.com/

第1回

日 時

2017年5月31日(水) 13:00から (詳細は未定)

場 所

一般財団法人 日本科学技術連盟本部(西新宿2-7-1小田急第一生命ビル)

概要

第1回研究会では,日本信頼性学会主催の春季シンポジウムにて,オーガナイズドセッションを企画し,以下の4件の講演を予定しております.みなさまのご参加をお待ちしております.
春季シンポジウムへの参加登録方法などは日本信頼性学会のウェブサイト( http://www.reaj.jp/ )をご覧ください.
テーマと講師

(1) “A note on a statistical detection method of cascading failure for parallel systems”
Shuhei OTA and Mitsuhiro KIMURA (Hosei University)
Cascading failure, one kind of dependent failures, is a phenomenon in which the failure occurrence of one component triggers other failures. The trigger component can cause a huge number of failures after it fails if other components strongly rely on the trigger component. For example, this phenomenon is observed in complex network systems such as blackouts of power transmission systems. As a result, the cascading failure causes the reliability deterioration of the systems. From the viewpoint of reliability management, the factors of the cascading failure should be ideally eliminated before the utilization of the system. In this study, we propose a statistical detection method of the cascading failure occurrence in n-component parallel systems. This research contributes to the cause analysis of the cascading failure occurrence in the n-component parallel system. The cascading failure is modeled by hazard rate switching mechanism. We assume that the lifetime distribution of the remaining components changes if such a trigger component actually exists and fails. The cascading failure occurrence can be detected by identifying the change of the distribution. The performance of the proposed method is demonstrated by simulation studies.

 

(2) “ Conditions for the optimal arrangement of a connected-(m-1,s)-out-of-(m,n):F lattice system”
Taishin NAKAMURA, Hisashi YAMAMOTO, Sayaka MATSUO, Xiao XIAO (Tokyo Metropolitan University), and Tomoaki AKIBA (Chiba Institute of Technology)
A connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system consists of m×n components arranged as an (m,n) matrix, and fails if and only if the system has an (r,s) sub-matrix where all components are failed. One of the most important problems in reliability theory is the component arrangement problem (CAP) on the assumption that component
reliabilities are given, and components are interchangeable. The CAP is to find the optimal arrangement of components to maximize system reliability. By taking CAP into account, we can make the best use of limited resources and maximize the performance of the system. In this study, we provide necessary conditions for the optimal arrangement of the connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system in the case of r=m-1. Since we only need to calculate the reliability of the systems corresponding to the arrangements satisfying the necessary conditions, our proposal necessary conditions can considerably reduce the search space for the patterns of component arrangements. We evaluate the performance of the proposed algorithm by numerical experiments.

 

(3) “Compromised life test plan for accelerated degradation test of three factor stress level”
Takenori SAKUMURA (Chuo University)
Accelerated degradation tests (ADT) are often used to quickly find the life of materials such as electrical insulators. An ADT consists of several high levels of stress and the number of samples at that level. Each sample is subjected to the stress for a certain evaluation time and the degradation rate at that time is measured. The time when the degradation reaches a certain threshold is regarded as the failure time. The lifetime can be predicted from the obtained failure time data under the assumption that the physical law is empirically established between the stress and the lifetime and the logarithmic lifetime follows a specific probability distribution under a certain stress. In this research, focusing on finding the optimum sample allocation number, consider the case where the number of stress levels is three. In order to consider the reality, we use the mathematical model obtained from actual experimental data and its parameter value.

 

(4) “ Analysis for the Conditions of Component Assignment for the Optimal Arrangement of a k-Window System”
Tomoaki Akiba (Chiba Institute of Technology)
k-window system in this study is an application system of the consecutive-k-out-of-n:F system. This system can be expressed to the occurring of a failure in the system when a certain extent intensive components failure happens in the system. One of the most important problems for this kind of system is the optimal arrangement problem. In the previous study, we confirmed by the simulation approaches that optimal arrangement of k-window system. However, this component arrangement depends on the system parameters k, r and components reliabilities. In this study, we provide necessary conditions of component assignment for the optimal arrangement of k-window system by the mathematical analysis.

問合せ先

田村信幸 (法政大学) tamura◎hosei.ac.jp

ページトップへ戻る

 〔評価のOR〕 

第74回 学生発表会

日 時

2017年4月15日(土) 13:30~17:00

場 所

東京理科大学 富士見校舎 6階 F602号室 (千代田区富士見1-11-2)
https://www.tus.ac.jp/info/campus/kagurazaka.html
https://www.tus.ac.jp/info/access/kagcamp.html
発表者と演題 決まり次第掲載します.
問合せ先 廣津信義(順天堂大学) Tel:0476(98)1001 (ex.352)
E-mail: nhirotsu◎juntendo.ac.jp
*参加費無料・事前申込は不要です.学生さんも初めての方も気軽にご参加ください.
ページトップへ戻る

 〔不確実性環境下の意思決定モデリング〕 

部会URL

http://www.oit.ac.jp/or/

第11回

日 時

2017年4月8日(土)14:00~17:00

場 所

サムティフェイム新大阪 4F-G
〒532-0011 大阪市淀川区西中島6丁目5番3号 TEL:06-6885-9000(直通)
http://www.fame.hey.ne.jp/
テーマと講師

(1) 「待ち時間に制約のある M/G/1 待ち行列におけるロス確率の解析」
井上文彰 (大阪大学)
待ち時間に制約のあるM/G/1待ち行列における客のロス確率を考察する.再帰的に定まる関数の無限列を用いたロス確率の公式が古くから知られているが,モデルのパラメータがロス確率に与える影響を直接評価することは難しい.本講演では,この関数列に対する確率的解釈に基づいた,ロス確率の新しい解析法を紹介する.

 

(2) 「右側打切りデータを用いたソフトウェアの適応的予防若化方策」
林坂弘一郎 (神戸学院大学)
本講演ではエージング現象に起因するシステム障害が発生するソフトウェアシステムに対して,障害時間の右側打切り時間データが得られる状況を想定する.この上で次の障害時間に関する確率分布をノンパラメトリック予測推論によって定式化し,アベイラビリティを最大にする最適予防若化スケジュールを適応的に導出する.

懇親会

(1) 開催場所:居酒屋 魚人 西中島店
大阪府大阪市淀川区西中島3-13-11 TEL: 050-3466-8425
http://www.gyojin.jp/gyojin_nishinaka/
(2) 開催時刻:研究会終了後.17:30を予定
(3) 費用:6,000円程度

 

懇親会につきましては準備の都合がございますので,ご参加戴けます方は
3月29日(水)までに幹事の中西宛(nakanisi.oit◎gmail.com,メールアドレスが変わりました.) にE-mailにてご連絡くださいますようお願い申し上げます.

問合せ先 中西真悟 nakanisi.oit◎gmail.com
ページトップへ戻る

 〔待ち行列〕 

部会URL

http://www.orsj.or.jp/queue/

第268回

日 時

2017年5月20日(土) 14:00~17:00

場 所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師
*は講演者
(1) 「協調型ITSに向けた車車間通信モデル」
木村達明 (NTT ネットワーク基盤技術研究所)
(2) 「無線全二重通信ネットワークにおける理論解析」
*眞田耕輔, 森 香津夫, 小林英雄(三重大学)
問合せ先

佐久間 大 (防衛大学校) sakuma◎nda.ac.jp

第267回

日 時

2017年4月15日(土) 14:00~17:00

場 所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師 (1) 「待ち行列理論とシミュレーションとの連携」
水野信也 (静岡理工科大学)
(2) 「マルチンゲールと待ち行列ネットワークの漸近解析」
宮沢政清 (東京理科大学)
問合せ先

佐久間 大 (防衛大学校) sakuma◎nda.ac.jp

ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2017年度第1回ORセミナー
日程:
2017年5月13日(土)
場所:
(株)構造計画研究所

2017年度第2回ORセミナー
日程:
2017年6月17日(土)
場所:
(株)構造計画研究所
シンポジウム
2017年秋季シンポジウム
日程:
2017年9月13日(水)
場所:
関西大学
研究発表会
2017年秋季研究発表会
日程:
2017年9月14日(木)-15日(金)
場所:
関西大学