社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  開催案内
2017年度 研究部会・グループ 開催案内 (2017年3月~2018年2月)

常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. アグリサプライチェーンマネジメント
2. 最適化の基盤とフロンティア
3. 数理的発想とその実践
4. 離散アルゴリズムの応用と理論
5. ORによる大規模インフラストラクチャー分析
6. 確率モデルとその応用
7 .不確実性環境下の意思決定モデリング
8. エネルギーミックスの諸問題とOR
9. オリンピック,パラリンピックとOR
10. システム信頼性 
11. データサイエンスとマーケティング分析
12. 危機管理と防衛のOR

研究グループ

1. 地域課題解決のOR

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

 〔不確実性環境下の意思決定モデリング〕 

部会URL

http://www.oit.ac.jp/or/

第12回 (事前予約制)

日 時

2017年6月3日(土)14:00-17:00(13:30開場)

場 所

大阪工業大学梅田キャンパス301会議室
大阪市北区茶屋町50番
https://www.oit.ac.jp/rd/access/index.html
テーマと講師

(1) 「提携の実現に制限のある協力ゲーム」
楠木祥文 (大阪大学)
従来の提携形ゲームではプレイヤーのすべての提携が実現可能であると仮定されているが,現実には種々の要因によって実現が不可能な提携が存在する.そのような状況を扱うために,分割,コミュニケーション構造,許可構造などの実現可能な提携を表す種々の提携構造が提案されている.本講演では,最も良く研究されている提携構造である弱和閉集合システムとその特殊形に限定して,提携構造を伴うゲームの研究について紹介する.

 

(2) 「プロジェクト・リスクの対策効果の定量化について」
福田裕一 (発表者,金沢学院大学),桑野裕昭(金沢学院大学)
プロジェクト・リスク・マネジメントにおけるリスク対策の現状および問題点を指摘する.その問題解決のため,リスク対策の効果を定量的に表現するための数理モデルを提案する.さらに,この数理モデルを用いて,リスク対策の対象とすべきプロジェクト・リスクを定量的に選択する手法について述べる.

問合せ先 幹事 中西真悟 (大阪工業大学 ) nakanisi.oit◎gmail.com
ページトップへ戻る

 〔危機管理と防衛のOR〕 

第2回

日 時

2017年5月26日(金)15:00~18:00

場 所

政策研究大学院大学 研究会室4B
港区六本木7-22-1 (電話)03-6439-6000
http://www.grips.ac.jp/
テーマと講師

(1) 15:00~16:20
「経営管理システムで考える防衛組織のリソース・アロケーション」
川上 智 (防衛省)
(2) 16:30~17:50
「国際政治研究とORの連携-中国の軍拡とその帰結-」
東 義孝 (防衛省)

問合せ先 幹事 片山隆仁 (katayama◎ksj.biglobe.ne.jp)

第3回

日 時

2017年6月8日(木)15:00~18:00

場 所

政策研究大学院大学 研究会室4A
港区六本木7-22-1 (電話)03-6439-6000
http://www.grips.ac.jp/
テーマと講師 (1) 15:00~16:20
「臨海部のオリンピック会場への観戦客輸送のための直通バスの導入効果」
田中健一 (慶應義塾大学)
(2) 16:30~17:50
「東京オリンピックメインスタジアムへの観戦客の徒歩流動モデル」
鳥海重喜 (中央大学)
問合せ先 幹事 片山隆仁 (katayama◎ksj.biglobe.ne.jp)
ページトップへ戻る

 〔離散アルゴリズムの応用と理論〕 

部会URL

http://research.nii.ac.jp/~sumita/or/

第6回

日 時

2017年4月27日(木)16:00~17:20

場 所

国立情報学研究所 19階 1901会議室
http://www.nii.ac.jp/about/access/
テーマと講師 (1) 「離散最適化ヒューリスティクスに対するパラメーターチューニング手法の比較」
宮本 裕一郎 (上智大学)
最適化手法に関する知見の蓄積や最適化ソルバーなどの進歩に伴い,最適化問題に対する発見的解法(ヒューリスティクス)で用いられる手法の選択肢は大幅に増えた.そして同時にヒューリスティクスの性能を決めるパラメーターのチューニングも人の手に負えるものではなくなりつつある.本発表では,離散最適化問題に対するヒューリスティクスのパラメーターチューニングを題材に,パラメーターチューニング手法の比較を行い,その計算実験結果を報告する.まず,発表者らが過去に取り組んだネットワーク設計問題を取り上げ,そのヒューリスティクスを紹介する.続けて,パラメーターチューニング手法として分枝探索とベイズ最適化をそれぞれ簡単に紹介し,計算実験による比較・考察を報告する.パラメーターチューニングの題材としては,紹介したヒューリスティクスのパラメーターチューニングを扱う.
問合せ先 澄田範奈 (国立情報学研究所) sumita◎nii.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔システム信頼性〕 

部会URL

https://sigrel.wordpress.com/

第1回

日 時

2017年5月31日(水) 13:00から (詳細は未定)

場 所

一般財団法人 日本科学技術連盟本部(西新宿2-7-1小田急第一生命ビル)

概要

第1回研究会では,日本信頼性学会主催の春季シンポジウムにて,オーガナイズドセッションを企画し,以下の4件の講演を予定しております.みなさまのご参加をお待ちしております.
春季シンポジウムへの参加登録方法などは日本信頼性学会のウェブサイト( http://www.reaj.jp/ )をご覧ください.
テーマと講師

(1) “A note on a statistical detection method of cascading failure for parallel systems”
Shuhei OTA and Mitsuhiro KIMURA (Hosei University)
Cascading failure, one kind of dependent failures, is a phenomenon in which the failure occurrence of one component triggers other failures. The trigger component can cause a huge number of failures after it fails if other components strongly rely on the trigger component. For example, this phenomenon is observed in complex network systems such as blackouts of power transmission systems. As a result, the cascading failure causes the reliability deterioration of the systems. From the viewpoint of reliability management, the factors of the cascading failure should be ideally eliminated before the utilization of the system. In this study, we propose a statistical detection method of the cascading failure occurrence in n-component parallel systems. This research contributes to the cause analysis of the cascading failure occurrence in the n-component parallel system. The cascading failure is modeled by hazard rate switching mechanism. We assume that the lifetime distribution of the remaining components changes if such a trigger component actually exists and fails. The cascading failure occurrence can be detected by identifying the change of the distribution. The performance of the proposed method is demonstrated by simulation studies.

 

(2) “ Conditions for the optimal arrangement of a connected-(m-1,s)-out-of-(m,n):F lattice system”
Taishin NAKAMURA, Hisashi YAMAMOTO, Sayaka MATSUO, Xiao XIAO (Tokyo Metropolitan University), and Tomoaki AKIBA (Chiba Institute of Technology)
A connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system consists of m×n components arranged as an (m,n) matrix, and fails if and only if the system has an (r,s) sub-matrix where all components are failed. One of the most important problems in reliability theory is the component arrangement problem (CAP) on the assumption that component
reliabilities are given, and components are interchangeable. The CAP is to find the optimal arrangement of components to maximize system reliability. By taking CAP into account, we can make the best use of limited resources and maximize the performance of the system. In this study, we provide necessary conditions for the optimal arrangement of the connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system in the case of r=m-1. Since we only need to calculate the reliability of the systems corresponding to the arrangements satisfying the necessary conditions, our proposal necessary conditions can considerably reduce the search space for the patterns of component arrangements. We evaluate the performance of the proposed algorithm by numerical experiments.

 

(3) “Compromised life test plan for accelerated degradation test of three factor stress level”
Takenori SAKUMURA (Chuo University)
Accelerated degradation tests (ADT) are often used to quickly find the life of materials such as electrical insulators. An ADT consists of several high levels of stress and the number of samples at that level. Each sample is subjected to the stress for a certain evaluation time and the degradation rate at that time is measured. The time when the degradation reaches a certain threshold is regarded as the failure time. The lifetime can be predicted from the obtained failure time data under the assumption that the physical law is empirically established between the stress and the lifetime and the logarithmic lifetime follows a specific probability distribution under a certain stress. In this research, focusing on finding the optimum sample allocation number, consider the case where the number of stress levels is three. In order to consider the reality, we use the mathematical model obtained from actual experimental data and its parameter value.

 

(4) “ Analysis for the Conditions of Component Assignment for the Optimal Arrangement of a k-Window System”
Tomoaki Akiba (Chiba Institute of Technology)
k-window system in this study is an application system of the consecutive-k-out-of-n:F system. This system can be expressed to the occurring of a failure in the system when a certain extent intensive components failure happens in the system. One of the most important problems for this kind of system is the optimal arrangement problem. In the previous study, we confirmed by the simulation approaches that optimal arrangement of k-window system. However, this component arrangement depends on the system parameters k, r and components reliabilities. In this study, we provide necessary conditions of component assignment for the optimal arrangement of k-window system by the mathematical analysis.

問合せ先

田村信幸 (法政大学) tamura◎hosei.ac.jp

ページトップへ戻る

 〔待ち行列〕 

部会URL

http://www.orsj.or.jp/queue/

第268回

日 時

2017年5月20日(土) 14:00~17:00

場 所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師
*は講演者
(1) 「協調型ITSに向けた車車間通信モデル」
木村達明 (NTT ネットワーク基盤技術研究所)
(2) 「無線全二重通信ネットワークにおける理論解析」
*眞田耕輔, 森 香津夫, 小林英雄(三重大学)
問合せ先

佐久間 大 (防衛大学校) sakuma◎nda.ac.jp

第269回

日 時

2017年6月17日(木)14:00~17:00

場 所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師 (1) 「ネット炎上のモデル化と対策」
会田雅樹 (首都大学東京)
(2) 「マルコフモデルによる救急自動車の最適配備について」
稲川敬介 (秋田県立大学)
問合せ先

佐久間 大 (防衛大学校) sakuma◎nda.ac.jp

ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2017年度第1回ORセミナー
日程:
2017年5月13日(土)
場所:
(株)構造計画研究所

2017年度第2回ORセミナー
日程:
2017年6月17日(土)
場所:
(株)構造計画研究所
シンポジウム
2017年秋季シンポジウム
日程:
2017年9月13日(水)
場所:
関西大学
研究発表会
2017年秋季研究発表会
日程:
2017年9月14日(木)-15日(金)
場所:
関西大学