社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  開催案内
2017年度 研究部会・グループ 開催案内 (2017年3月~2018年2月)

常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. アグリサプライチェーンマネジメント
2. 最適化の基盤とフロンティア
3. 数理的発想とその実践
4. 離散アルゴリズムの応用と理論
5. ORによる大規模インフラストラクチャー分析
6. 確率モデルとその応用
7 .不確実性環境下の意思決定モデリング
8. エネルギーミックスの諸問題とOR
9. オリンピック,パラリンピックとOR
10. システム信頼性 
11. データサイエンスとマーケティング分析
12. 危機管理と防衛のOR

研究グループ

1. 地域課題解決のOR

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

 〔アグリサプライチェーンマネジメント〕 

第12回

日 時

2017年10月21日(土) 14:00~15:30

場 所

藤女子大学
(北海道札幌市北区北16条西2丁目1-1)
会場教室に関しましては,決まり次第ご連絡いたします.

講師と演題

「次世代農産物サプライチェーンマネジメント構築へ向けた課題」
蓮池隆(早稲田大学)

申し込み

会場準備の都合上,ご参加いただけます方は,
蓮池宛( thasuike◎waseda.jp )
に,ご連絡いただきますよう,よろしくお願いいたします.

ページトップへ戻る

 〔危機管理と防衛のOR〕 

第5回

日 時

2017年10月13日(金)15:30-17:40

場 所

大江戸温泉物語(日光霧降温泉)
栃木県日光市所野1535-1 Tel:0288-50-1212
http://nikko.ooedoonsen.jp/

講師と演題 (1) 嶋田佳明((株)NTTデータ数理システム)15:30-16:30
「実社会におけるシミュレーション技術の活用事例
~都市インフラ最適化への取り組みを中心に~」

 

(2) 指尾健太郎((株)構造計画研究所) 16:40-17:40
「交通シミュレータ(PTV VISSIM)を用いた事例のご紹介」
問合せ先 幹事:片山隆仁
E-mail:katayama◎ksj.biglobe.ne.jp

第6回

日 時

2017年11月1日(水)15:00-18:00

場 所

政策研究大学院大学 研究会室B
東京都港区六本木7-22-1 Tel:03-6439-6000
http://www.grips.ac.jp/

講師と演題 (1) 大貫智(㈱リアルビズ)15:00-16:25
「代表的バーチャル&コンストラクティブシミュレーション事例・技術・アドバンテージの紹介」

 

(2) 古市昌一(日本大学生産工学部)16:35-18:00
「モデリング&シミュレーションとシリアスゲームの現状と今後の可能性について」
問合せ先 幹事:片山隆仁
E-mail:katayama◎ksj.biglobe.ne.jp
ページトップへ戻る

 〔エネルギーミックスの諸問題とOR〕 

第4回

日 時

2017年10月19日(木)16:00-18:00
講演終了後より場所を変えての懇親会(20:30終了予定)

場 所

構造計画研究所 中野イノベーションオフィス
JR 中央線・総武線/東京メトロ 東西線 「中野」駅 北口より徒歩約7分
http://www.kke.co.jp/corporate/map/nakano.html
※前回と会場が異なりますので、ご注意下さい。
弊社オフィス入口より入って頂き、右手側が研究会会場となります。
※何かございましたら、受付にてオペレーションズ・リサーチ部・宇田川をお呼び出し願います。
テーマと講師

①16:00 - 17:00 
「セキスイハイムにおけるHEMSサービス」
桑原 邦寿(積水化学工業株式会社 住宅技術研究所 環境技術グループ)

 

②17:00 - 18:00
「線形計画問題による最適化の取り組み~ネットワーク設計から家電利用計画まで~」(仮)
見越 大樹(日本大学工学部 情報工学科)

 

※質疑応答を含め一人あたり1時間程度

定 員 25名程度を予定
会 費 懇親会参加者のみ4000円を予定
出欠

ご参加頂ける方は,以下の問合せ先まで,下記の必要情報をメールにてご連絡をお願い申し上げます.
※締切:10月9日(月曜日)
参加希望人数によっては,事前に締切ることもございます.

 

参加フォーム
--------------------------------------------------------------
・所属(貴学,貴社名等) :
・参加者氏名 :
・連絡先(メールアドレス) :
・懇親会の参加の有無 :
-------------------------------------------------------------

問合せ先 幹事: (株) 構造計画研究所 オペレーションズ・リサーチ部  宇田川佑介
yusuke-udagawa◎kke.co.jp
ページトップへ戻る

 〔数理計画研究部会(RAMP)〕 

部会URL

http://www.orsj.or.jp/ramp/index.html

第29回

日 時

筑波大学春日講堂

RAMP主査

土谷隆(政策研究大学院大学)
実行委員長 吉瀬章子(筑波大学)
プログラム委員長

佐野良夫(筑波大学)

共催 筑波大学人工知能科学センター https://air.tsukuba.ac.jp/
プログラム 10月12日(木)
受付 9:20— 開会の挨拶 9:50—10:00
1.「機械学習と最適化」 10:00—13:00 オーガナイザー:後藤順哉(中央大学)
竹内一郎(名古屋工業大学)・高野祐一(専修大学)・鈴木大慈(東京大学)
< 昼食 13:00—14:15 >
2.「特別講演1」 14:15-15:15 オーガナイザー:土谷隆(政策研究大学院大学)
Guanghui (George) Lan (Georgia Institue of Technology)
3.「タイムテーブリングと最適化」 15:30-18:30 オーガナイザー:池上敦子(成蹊大学)
野々部宏司(法政大学)・繁野麻衣子(筑波大学)・番原睦則(神戸大学)・菅原孝幸 (菅原システムズ)
< 懇親会 19:00—(予定)>

10月13日(金)
受付 9:00—
4.「連続最適化アルゴリズムの新展開」9:30—12:30 オーガナイザー:福田光浩(東京工業大学)
福田エレン秀美(京都大学)・飯塚秀明(明治大学)・村松正和(電気通信大学)
< 昼食 12:30—13:30 >
5.「特別講演2」 13:30-14:30 オーガナイザー:土谷隆(政策研究大学院大学)
Coralia Cartis (University of Oxford)
6.「離散アルゴリズムとその周辺」14:45—17:45オーガナイザー:小林佑輔(筑波大学)
前原貴憲(理化学研究所),相馬輔(東京大学)山内由紀子(九州大学)
< 閉会の挨拶 17:45— >

会費 シンポジウム参加費 
事前振込(9月30日(土)まで) 正・賛助会員:¥5,000 学生:¥2,000 非会員:¥8,000
当日払い 正・賛助会員:¥7,000 学生:¥3,000 非会員:¥10,000
懇親会参加費 
事前振込・当日払いとも 一般:¥5,000 学生:¥2,000
参加申込 受付は8月21日(月)より開始 下記のRAMP2017ホームページから.
http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~ramp/index.html
ページトップへ戻る

〔確率モデルとその応用〕
〔システム信頼性〕 
〔待ち行列〕 
〔不確実性環境下の意思決定モデリング〕 

4部会合同研究会  ~確率モデルの新展開~

日 時

2017年10月7日(土)
研究会:13:00から17:50まで
懇親会:18:30~(予定)

会 場

県立広島大学サテライトキャンパスひろしま
広島市中区大手町1丁目5-3 広島県民文化センター5階
(研究会場:502大講義室)
http://www.pu-hiroshima.ac.jp/site/satellite/accessmap.html

実行委員長

木村光宏(法政大学)

実行委員

塩田茂雄 (千葉大学)
穴太克則
堀口正之 (神奈川大学)
北條仁志 (大阪府立大学)
田村信幸 (法政大学)
佐久間大 (防衛大学校)
来島愛子 (上智大学)
吉良知文 (群馬大学)
中西真悟 (大阪工業大学)
土肥 正 (広島大学)
岡村寛之 (広島大学)
齋藤靖洋 (海上保安大学校)
広谷大助 (県立広島大学)

主 催

「確率モデルとその応用」研究部会
「システム信頼性」研究部会
「待ち行列」研究部会
「不確実性環境下の意思決定モデリング」研究部会

協 賛

日本OR学会中国・四国支部

プログラム
(講演題目のみ,
敬称略)

13:00 - 開場・受付
13:15 - 13:20 開会挨拶


13:20 - 14:50
講演者1:谷口哲至 (広島工業大学)
講演題目:野球における投手の分類(仮)
講演者2:大西匡光 (大阪大学)
講演題目:市場価格インパクトを考慮した最適執行問題

 

14:50 - 15:00 休憩

 

15:00 - 16:30
講演者3:廣瀬英雄 (広島工業大学)
講演題目:オンラインテスティングを用いた教育システムの構築とシステムの信頼性
講演者4:加藤憲一 (神奈川大学)
講演題目:貸出データを用いた図書館の蔵書貸出モデルと分析

 

16:30 - 16:40 休憩

 

16:40 - 17:40 招待講演
講演者:木島正明 (首都大学東京)
講演題目:On the Market Price of Liquidity Risk and Illiquidity Index 

 

17:40 - 17:50 閉会挨拶
18:30 – 懇親会(予定)

その他 ・ご希望の方は翌日の日曜日に酒蔵見学と西条酒祭りへご案内することを検討しております.
詳細 ・申込要領等はシステム信頼性研究部会のウェブサイト等で追ってお知らせします.
https://sigrel.wordpress.com
ページトップへ戻る

 〔待ち行列〕 

部会URL

http://www.orsj.or.jp/queue/

第271回

日 時

2017年11月18日 14:00~17:00

場所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師

(1)Performance of Large Cellular Networks; Data and Models
Bartłomiej Błaszczyszyn(INRIA-ENS, Paris, France)

 

(2)平均上界付き有界確率過程における最大統計量の期待値の最良な上界
高田 寛之(長崎大学)

問合せ先 幹事 佐久間大 (防衛大学校) sakuma◎nda.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔不確実性環境下の意思決定モデリング〕 

部会URL

http://www.oit.ac.jp/or/

第13回 (国際数理科学協会「確率モデルと最適化」分科会研究会  共催)

日 時

2017年8月25日(金)13:00~17:30

場 所

大阪工業大学梅田キャンパス 204セミナー室
大阪市北区茶屋町1番45号
https://www.oit.ac.jp/rd/access/index.html
テーマと講師

*各講演時間:55分(質疑応答を含む)
13:00 開室

(1) 13:15-14:10
「On Bivariate Software Reliability Assessment Technologies」
井上真二(関西大学)
ソフトウェアの信頼性を定量的に計測・評価するためのソフトウェア信頼性モデルの多くは,テスト時間のみに依存したソフトウェア故障発生現象に基づいた信頼度成長過程を記述している.本講演では,信頼度成長要因として,従来のテスト時間要因に加え,テスト網羅度などのテスト労力要因に依存したソフトウェア信頼度成長現象を記述する2変量ソフトウェア信頼性モデルについて,2つの数理モデルとそれらの実データに対する適合性評価結果を述べる.

 

(2) 14:15-15:10
「確率的ジョブショップスケジューリング問題の近似解法」
吉冨康成(京都府立大学)
(1)不確定環境型遺伝的アルゴリズム(GAUCE),(2)GAUCEとモンテカルロ法を組み合わせたアルゴリズム,(3)粒子群最適化にGAの機能を援用し,モンテカルロ法を組み合わせたアルゴリズム,と進歩してきた,確率的ジョブショップスケジューリング問題の近似解法についての著者らの研究をレビューする.

 

(3) 15:25-16:20 
「lead time quotation model の解析」
中出康一(名古屋工業大学)
生産者は,顧客に対し現時点での生産指示量をもとに納品に必要なリードタイムを示す.顧客は自身の待ち時間の効用をもとに実際に購入するかどうかを決める.適切なリードタイムについて,生産時間が指数分布の場合の解析とともに,一般分布に従う場合についてMn/G/1の解析結果を用いた数値実験を行う.その際必要となる残余時間分布に関する計算法について述べる.

 

(4) 16:25-17:20
「多目的最適化問題のパレートフロンティア探索法と金融工学等への応用」
花田良子(関西大学),仲川勇二(関西大学)
多目的非線形ナップザック(分離形離散最適化)問題の全ての有効解(パレートフロンティア)を探索するユニークな列挙解法について報告する.この列挙法は改良代理制約法(Management Science 2014)に基づいた方法で,対象とする領域の実行可能解を全て列挙することで有効解の部分集合を求める.目的関数空間上で探索領域を再帰的に分割しつつ,その領域に含まれる有効解を全列挙することで,最終的に全ての有効解が列挙される.他の代表的解法として,IBM CPLEXを用いたSayin等(Managemet Science 2005)と動的計画法を用いたBazgan等(Computer & Operations Research 2009)がある.これらの解法との比較実験の結果とともに,金融工学等への応用について報告する.

 

17:30 閉室

問合せ先 幹事 中西真悟 (大阪工業大学 ) nakanisi.oit◎gmail.com
ページトップへ戻る

 〔意思決定法〕 

部会URL

https://sites.google.com/site/decisionorsj/

第43回

日 時

2017年 10月24日(火)16:00-18:00

場 所

名城大学ナゴヤドーム前キャンパス西館2階 レセプションホール
〒461-8534 名古屋市東区矢田南四丁目102番9
https://www.meijo-u.ac.jp/sp/90th/campus/nagoyadome/
テーマと講師

(1)「代替案を順番に評価するためのAHPの枠組みについて」
飯田洋市(諏訪東京理科大学)
(2)「地域コミュニティ型小水力発電事業の提案と費用便益分析」
大野栄治(名城大学)

問合せ先 西澤一友 (日本大学) Tel: 047-474-2664
E-mail: nishizawa.kazutomo◎nihon-u.ac.jp
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2017年度第3回ORセミナー
日程:
2017年10月7日(土)
場所:
㈱構造計画研究所

2017年度第4回ORセミナー
日程:
2018年1月20日(土)
場所:
南山大学
シンポジウム
2018年春季シンポジウム
日程:
2018年3月14日(水)
場所:
東海大学

2018年秋季シンポジウム
日程:
2018年9月5日(水)(予定)
場所:
名古屋市立大学
研究発表会
2018年春季研究発表会
日程:
2018年3月15日(木)-16日(金)
場所:
東海大学

2018年秋季研究発表会
日程:
2018年9月6日(木)-7日(金)(予定)
場所:
名古屋市立大学