社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  開催案内
2019年度 研究部会・グループ 開催案内 (2019年3月~2020年2月)
常設部会

01. 待ち行列
02. 数理計画(RAMP)
03. 評価のOR
04. 意思決定法
05. サプライチェーン戦略

研究部会

01. エネルギーミックスの諸問題とOR
02. データサイエンスとマーケティング分析
03. 最適化とその応用
04. 食とその周辺
05. 不確実状況下における意思決定とその周辺
06. 危機管理と社会とOR
07. ヘルスケアのOR
08. インフラのOR的展望
09. 超スマート社会のシステムデザインのための

理論と応用
10. 動的決定モデルとその応用
11. 信頼性とその応用

研究グループ

01. 地域課題解決のOR
02.数理的発想とその実践
03.量子コンピュータと

次世代計算機活用

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

〔4部会・グループ合同研究会〕

~確率モデルの新展開~

主 催

「信頼性とその応用」研究部会,「動的決定モデルとその応用」研究部会,「待ち行列」研究部会,「量子
コンピュータと次世代計算機活用」研究グループ

共 催

上智大学経済学部経済学科

実行委員会

実行委員長:來島愛子(上智大学)
実行委員:大輪拓也(九州工業大学),岡村寛之(広島大学),笠原正治(奈良先端科学技術大学院大学),吉良知文(群馬大学),鄭俊俊(立命館大学),フンドックトゥアン(筑波大学),矢実貴志(株式会社NTTデータ)

日 程

2019年10月19日(土)

場 所

上智大学大四谷キャンパス 〒102–8554東京都千代田区紀尾井町7–1
(研究会場:2号館4階2–402会議室)
JR中央線/東京メトロ丸ノ内線・南北線 四ッ谷駅麹町口・赤坂口から徒歩5分
テーマ
講 師
13 : 05~13 : 10 開会挨拶
13 : 10~14 : 00 セッション1 座長:來島愛子(上智大学)
石井昌宏(上智大学)「空港事業の資金調達に用いるレベニュー債の価格評価」
(休憩10分)
14 : 10~15 : 00 セッション2 座長:笠原正治(奈良先端科学技術大学院大学)
木村達明(大阪大学)「シャドウイングの空間相関を考慮した無線干渉の時空間相関解析」
(休憩10分)
15 : 10~16 : 00 セッション3 座長:岡村寛之(広島大学)
町田文雄(筑波大学)「多様な分類器を用いた機械学習応用システムの信頼性」
(休憩15分)
16 : 15~17 : 25 セッション4 座長:大輪拓也(九州工業大学)
大輪拓也(九州工業大学)「イジングマシン概観」(ショートトーク)
半田 悟(株式会社富士通研究所)「確率的セルラオートマタを用いたイジング目的関数の基底状態探索に対
する数学的解析」
17 : 25~17 : 30 閉会挨拶
17 : 45~18 : 45 情報交換会(予定)
参加登録「動的決定モデルとその応用」研究部会ホームページから参加登録(研究会/情報交換会/懇親会)をお願いします【9月25日締切】.研究会へのご参加は会場の都合上,先着60名とさせていただきます.
WEB 「動的決定モデルとその応用」研究部会
主査:來島愛子(上智大学),幹事:吉良知文(群馬大学)
研究部会ホームページ:https://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/math-phys/horiguchi/ORDP.html
ページトップへ戻る

〔待ち行列〕

第284回

日 時

2019年11月16日(土)14:00~17:00

場 所

東京工業大学大岡山キャンパス 西8号館(W) 809号室
テーマ
講 師
(1)"The Evolution of Collective Choice under Majority Rules"
*澤 亮治(筑波大学),岡田 章(一橋大学 名誉教授)

(2)「レヴィー過程の変動理論と待ち行列」
山崎和俊(関西大学)
WEB http://www.orsj.or.jp/queue/

第285回

日 時

2019年12月21日(土)14:00~17:00

場 所

東京工業大学大岡山キャンパス 西8号館(W) 809号室
テーマ
講 師
(1)「自然対人工体の数理的小宇宙研究:ペアマップ、松井の理論とブラックホール」
松井正之(電気通信大学、神奈川大学)

(2)「上ブロック・ヘッセンベルグ型マルコフ連鎖の定常分布計算に対する逐次更新アルゴリズム」
増山博之(京都大学)
WEBhttp://www.orsj.or.jp/queue/
ページトップへ戻る

〔数理計画(RAMP)〕

第31回RAMP数理最適化シンポジウム

日 程

2019年11月21日(木),22日(金)

場 所

慶應義塾大学矢上キャンパス(16-A棟 厚生棟大中会議室)
参加申込
・詳細

RAMP2019ホームページ:http://www.orsj.or.jp/ramp/2019/index.html

数理計画(RAMP)研究部会ホームページ:http://www.orsj.or.jp/ramp/index.html

ページトップへ戻る

〔サプライチェーン戦略〕

第47回

日 時

2019年7月22日(月)18:30~20:30

場 所

青山学院大学総研ビル16会議室
テーマ
講 師

(1)「第4次産業革命と日本の中小製造業の未来―『小説 第4次産業革命』で伝えたかったこと―」
藤野直明 (株式会社野村総合研究所)

備考 講演要旨、参加申込方法、会場へのアクセスを下記サイトに記載しています。
http://scsr.jp/
ページトップへ戻る

〔エネルギーミックスの諸問題とOR〕

第15回

日 時

2019年11月21日(木)16:00~18:00
講演終了後より懇親会(20:30 終了予定)

場 所

構造計画研究所 中野イノベーションオフィス
JR 中央線・総武線/東京メトロ 東西線「中野」駅北口より徒歩約7分
http://www.kke.co.jp/corporate/map/nakano.html
※弊社オフィス入口より入って頂き、右手側が研究会会場となります。
※何かございましたら、受付にてオペレーションズ・リサーチ部・宇田川をお呼び出し願います。
※前回とは開催場所が異なりますのでご注意ください。
テーマ
講 師
概 要
①16:00 - 17:00 
 株式会社Looop 電力事業本部 運用部 事業戦略課
 渡邊 裕美子 氏
 「新電力LooopによるエネルギービジネスとORの活用(仮)
  ●講演概要:「株式会社Looopは、2016年に電力小売事業に参入した新電力です。
   電力調達のリスク評価や運用最適化、データを活用したサービス提案など
   OR活用を進めたいと考えており、関連する取組を紹介します。」
 
 ②17:00 - 18:00 
 国立大学法人筑波大学 大学院 ビジネス科学研究科
 教授 倉橋 節也 氏 
 「シミュレーション&ゲーミング手法によるエネルギー転換と電力先物市場の影響予測」
  ●講演概要:「本講演では、電力市場参加者の自由な意思決定を通じた、
   需給調整・安定供給・エネルギー転換等のイノベーション促進や、
   電力先物市場の影響を予測するシミュレーション&ゲーミング手法に
   ついて紹介する。」
定員 30名
会費 懇親会への参加者のみ4,000円程度を予定
出欠

ご参加いただける方は、「問い合わせ先」まで、下記の必要情報をメールにてご連絡をお願い申し上げます。
※締切:2019年11月7日(木)
参加希望人数によっては、事前に締め切ることもございます。

 

申込フォーム


・所属(貴学、貴社名等):
・参加者氏名:
・連絡先(メールアドレス):
・懇親会の参加の有無:


その他 研究会、懇親会、共に、学部生、院生の方のご参加も歓迎致します。
問合せ先 幹事 宇田川佑介((株)構造計画研究所) E-mail: yusuke-udagawa◎kke.co.jp
ページトップへ戻る

〔最適化とその応用〕

第8回

日 時

2019年9月7日(土)13:30~18:00(開場は13:00頃)

場 所

中央大学 後楽園キャンパス 3 号館 3 階 3300 号室
テーマ
講 師
概 要

(1)「高次元ニューラルネットに対する勾配法の大域収束性と汎化性能解析」
二反田篤史(東京大学)
深層学習モデルを含む高次元ニューラルネットに対する最適化手法の大域収束性は機械学習における一つの大きな問題であるが, Neural Tangent Kernel (NTK) と呼ばれるニューラルネットが定めるカーネルの解析を通して近年部分的に解決され始めている. 本発表ではまず, NTK についての関連研究を概説する. 既存研究の多くは回帰問題を対象とし NTK の正定値性が重要な役割を担うが, 本研究では識別問題に対しては NTK によるデータの識別可能性がより本質的な仮定である事を示す. そして現実的なサイズの二層ニューラルネットの下, 勾配法の大域収束性と汎化誤差評価を与える.

 

(2)「ブラックホールシャドウの撮影とイメージング」
池田思朗(統計数理研究所,国立天文台,Kavli IPMU)
2019年4月10日に世界6箇所同時に記者会見が開かれ, Event Horizon Telescope (EHT) の最初の研究成果として, ブラックホールシャドウの画像が公開された. この画像は電波干渉計によって得られたものだが, 電波干渉計でイメージを得るためには, 計算機上での処理が必要となる. その最終段階ではイメージングと呼ばれる処理が行われる. 今回の観測は史上初となるものであったため, このイメージング法の更新も必須であった. 最終的に公開された画像には複数の方法が貢献しているが, 我々もスパースモデリングの手法を導入し, EHT のイメージングに貢献した. 本講演では電波干渉計の仕組みとスパースモデリングの概要を説明し, EHT イメージングにおいてどのように用いられたのかを解説する.

問合せ先 幹事 田中未来(統計数理研究所) E-mail: mirai◎ism.ac.jp
ページトップへ戻る

〔食とその周辺〕

第3回

日 時

2019年12月14日 (土) 14:30-17:20 (14:10より受付開始)

場 所

広島工業大学広島校舎402号室
(〒730-0811 広島市中区中島町5-7)
http://www.it-hiroshima.ac.jp/institution/hiroshima/
テーマ
講 師
概 要

14:30-14:35 開会挨拶
谷崎 隆士 (日本経営システム学会中国四国支部長,近畿大学工学部情報学科 教授)

14:35-15:50 講演1
講師:宇野剛史氏 (徳島大学大学院社会産業理工学研究部 准教授)
題目:不確実性を伴う防御配置問題
概要:
防御配置問題とは侵入者の防御対象に対する経路を予測して妨害するための意思決定として定義される.この問題には様々な不確実性が考えられるが,本講演では侵入者の初期位置およびエネルギーの不確実性に注目する.これらの要因を確率的に表すことで確率2レベル計画問題として定式化し,その解法アルゴリズムを構築する.

16:05-17:20 講演2
講師:小出武氏 (甲南大学 知能情報学部 知能情報学科 教授)
題目:大学定期試験における教室・監督割当の最適化
概要:
講師の所属する大学では,各科目の定期試験を実施する教室と試験監督を教務部
職員が決定している.教室割当も監督割当も一種の組合せ最適化問題となってお
り,教務部職員にとって負担の大きい作業である.本講演では,これらの割当を
実行すべく開発したシステムについて紹介する.最適化問題としての定式化やシ
ステムの実現方法に加え,実用する上での工夫や苦労についても報告する.

懇親会

研究会終了後に,講師の先生方を囲んで懇親会を予定しております.

時間:18時から2時間予約
会費:5,000円 (学生は4,000円)
会場:koharu亭 こはるてい
住所:広島県広島市中区中町5-19小畑ビル1F
(広島テレビ向かい1F。袋町小学校やモスバーガーが付近にあります。)
電話:082-247-5586
ホットペッパーurl:https://www.hotpepper.jp/strJ001211074/

問合せ先 会場の都合がございますので,ご参加いただける方は,
11月28日(木)までに
下記の様式にてお申込みいただきますようお願いいたします.
---------------------------------------------
ご氏名:
ご所属:
ご住所:
ご連絡先(電話番号):
ご連絡先(E-mail address):
---------------------------------------------
【連絡先】
幹事 宇野剛史(徳島大学)
TEL: 088(656)7294(内線 3607)
E-mail: uno.takeshi@tokushima-u.ac.jp
ページトップへ戻る

〔ヘルスケアのOR〕

第3回

日 時

2019年11月2日(土)14 : 00~16 : 50

場 所

東京工業大学田町キャンパス CIC5階501ABリエゾンコーナー
テーマ
講 師
(1)「強度変調放射線治療におけるビーム強度計算への逐次線形計画最適化手法の構築」
山下真(東京工業大学),岸本祥吾((株)NTTデータ数理システム)

(2)「要介護高齢者の自立支援型介護の効果と介護サービス事業者へのインセンティブメカニズム設計に関する研究」
海野 大(大阪成蹊大学)
問合せ先 幹事 小笠原 悠(首都大学東京) E-mail: ogayu◎tmu.ac.jp
ページトップへ戻る

〔超スマート社会のシステムデザインのための理論と応用〕

第6回 研究会

日 時

2019年12月4日 (水) 16:00~18:00

場 所

京都大学 数理解析研究所 (RIMS) 2階 204室
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/ja/access-01.html
テーマ
講 師

[講演1]
講演者: Yuji Shinano (Zuse Institute Berlin)
題目: Building optimal solutions to prize-collecting Steiner tree problems on supercomputers
概要: SCIP-Jack is a customized, branch-and-cut based solver for Steiner tree and related problems. ug[SCIP-Jack, MPI] extends SCIP-Jack to a massively parallel solver by using the Ubiquity Generator (UG) framework. ug[SCIP-Jack, MPI] was the only solver that could run on a distributed environment at the (latest) 11th DIMACS Challenge in 2014.
Furthermore, it could solve three well-known open instances and updated 14 best known solutions to well-known instances from the benchmark libary SteinLib. After the DIMACS Challenge, SCIP-Jack has been considerably improved. However, the improvements were not reflected on ug[SCIP-Jack, MPI]. An updated version of ug[SCIP-Jack, MPI] enabled us to use branching on constrains and a customized racing ramp-up, among others. The new features brought us the capability to use up to 43,000 cores to solve two more open instances from the SteinLib. SCIP-Jack solves not only the classic Steiner tree problem, but also a number of related problems. In this presentation, we show for the first time results of using ug[SCIP-Jack, MPI] on a problem class other than the classic Steiner tree problem, namely for prize-collecting Steiner trees.
The prize-collecting Steiner tree problem is a well-known generalization of the Steiner tree problem and entails many real-world applications.

[講演2]
講演者: Stephen J Maher (University of Exeter)
題目: Experiments with a general Benders' decomposition framework in SCIP
概要: Benders' decomposition is a popular mathematical programming technique for solving large scale optimisation problems. While Benders' decomposition is historically viewed as requiring a problem specific implementation, general frameworks can provide an ideal platform for the investigation of general algorithm enhancement techniques. Such a broad investigation was not possible until only recently when Benders' decomposition frameworks have been implemented in general purpose constraint integer programming solvers. This talk will give an overview of the current features within the Benders' decomposition framework available with SCIP and GCG. In addition, current work on cut enhancement techniques and the handling of integer subproblems will be discussed. This talk will demonstrate the value of a general framework for the development and investigation of enhanced algorithms for Benders' decomposition.

備考 参加費用: 無料
事前申込: 不要
問合せ先 主査 牧野和久(京都大学) E-mail: makino◎kurims.kyoto-u.ac.jp
幹事 山口勇太郎(大阪大学) E-mail: yutaro_yamaguchi◎ist.osaka-u.ac.jp
幹事 森本 陽(三菱重工業(株))E-mail: yo_morimoto◎mhi.co.jp
WEB https://sites.google.com/site/supersmartsocietysystem/
ページトップへ戻る
HOMEに戻る

 
イベントカレンダー
2019年度第3回ORセミナー
『最適化問題と量子コンピュータ・次世代計算機の可能性』
日程:
2020/1/29(水)
場所:
(株)NTTデータ 豊洲センタービル セミナルーム
中国・四国地区 SSOR
日程:
2019/11/23(土)-24(日)
場所:
ホテルマリンパレスさぬき(香川県)
シンポジウム
2020年春季シンポジウム
日程:
2020/3/11(水)
場所:
奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~
テーマ:
データサイエンス教育の潮流(仮)
2020年秋季シンポジウム
日程:
2020/8/26(水)
場所:
北海道情報大学
研究発表会
2020年春季研究発表会
日程:
2020/3/12(木)-13(金)
場所:
奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~
テーマ:
万葉とOR
2020年秋季研究発表会
日程:
2020/8/27(木)-28(金)
場所:
北海道情報大学