社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  開催案内
2019年度 研究部会・グループ 開催案内 (2019年3月~2020年2月)
常設部会

01. 待ち行列
02. 数理計画(RAMP)
03. 評価のOR
04. 意思決定法
05. サプライチェーン戦略

研究部会

01. エネルギーミックスの諸問題とOR
02. データサイエンスとマーケティング分析
03. 最適化とその応用
04. 食とその周辺
05. 不確実状況下における意思決定とその周辺
06. 危機管理と社会とOR
07. ヘルスケアのOR
08. インフラのOR的展望
09. 超スマート社会のシステムデザインのための理論と応用
10. 動的決定モデルとその応用
11. 信頼性とその応用

研究グループ

01. 地域課題解決のOR
02.数理的発想とその実践
03.量子コンピュータと次世代計算機活用

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

〔待ち行列〕

第283回

日 時

2019年7月20日(土)14:00~17:00

場 所

東京工業大学大岡山キャンパス 西8号館(W) 809号室
テーマ
講 師

(1)「マルコフ連鎖における条件付き定常分布の線形不等式系による特徴づけ」
木村雅俊(大阪大学),滝根哲哉(大阪大学)

 

(2)「移動体通信におけるTime-basedなハンドオーバスキップのモデルとその解析」
徳山喜一,三好直人(東京工業大学),木村達明(大阪大学)

 

(3)「集団到着型無限サーバ待ち行列の安定性」
矢島萌子(東京工業大学)

WEB http://www.orsj.or.jp/queue/
ページトップへ戻る

〔サプライチェーン戦略〕

第46回

日 時

2019年6月18日(火) 18:30~20:30

場 所

青山学院大学総研ビル16会議室
テーマ
講 師

(1)「日立のロジスティクスソリューションのご紹介―実務へ適用するための苦労話を添えて―」
宮下直子(株式会社日立製作所 研究員)

備考 講演要旨、参加申込方法、会場へのアクセスを下記サイトに記載しています。
http://scsr.jp/
ページトップへ戻る

〔エネルギーミックスの諸問題とOR〕

第13回

日 時

2019年4月18日(木)16:00~18:00
講演終了後より懇親会(20:30 終了予定)

場 所

構造計画研究所 中野イノベーションオフィス
JR 中央線・総武線/東京メトロ 東西線「中野」駅北口より徒歩約7分
http://www.kke.co.jp/corporate/map/nakano.html
※弊社オフィス入口より入って頂き、右手側が研究会会場となります。
※何かございましたら、受付にてオペレーションズ・リサーチ部・宇田川を お呼び出し願います。
テーマ
講 師

(1)「風力発電のランプ予測技術と出力制御技術開発」
早崎宣之(伊藤忠テクノソリューションズ(株))
NEDOが推進する電力系統出力変動対応技術研究開発事業においては、電力の需給運用に影響を与える風力発電の急激な出力変動(ランプ現象)に着目し、ランプ予測技術や出力変動制御技術の開発に取組んできた。本講演では、その概要と成果について報告する。

 

(2)「深層学習・深層強化学習を応用したエネルギーシステムの組み合わせ最適化と予測」
曽我部東馬(電気通信大学)
本講演は近年注目されている機械学習と融合したヒューリスティック最適化計算手法の最新鋭である深層強化学習手法(DRL)について紹介する。代表的な組合せNP困難問題から自立分散型再生可能エネルギーシステムまでの様々な最適化問題において、厳密解析解と比較しながら学習済みDRLモデルの優れた予測機能を解説する。

定員 25名
会費 懇親会への参加者のみ4,000円程度を予定
出欠

ご参加いただける方は、「問い合わせ先」まで、下記の必要情報をメールにてご連絡をお願い申し上げます。
※締切:2019年4月11日(木)
参加希望人数によっては、事前に締め切ることもございます。

 

返信フォーム


・所属(貴学、貴社名等):
・参加者氏名:
・連絡先(メールアドレス):
・懇親会の参加の有無:


その他 研究会、懇親会、共に、学部生、院生の方のご参加も歓迎致します。
問合せ先 幹事 宇田川佑介 yusuke-udagawa◎kke.co.jp
ページトップへ戻る

〔ヘルスケアのOR〕

第2回

日 時

2019年7月13日(土)14:00~17:20

場 所

弘前大学医学部臨床講義棟医学部臨床小講義室
テーマ
講 師

(1)「救急自動車システムにおける適正配備の効果について」
稲川敬介(秋田県立大学)

 

(2)「地域資源へのアクセシビリティとヘルスケア」
相馬優樹(岩手県立大学)

 

(3)「医療機関における課題―需要と供給のアンバランス―」
松坂方士(弘前大学医学部附属病院)

問合せ先 幹事 小笠原 悠 E-mail: ogayu◎tmu.ac.jp
ページトップへ戻る

〔超スマート社会のシステムデザインのための理論と応用〕

第3回

日 時

2019年7月9日(火)15:00~17:00

場 所

京都大学 数理解析研究所 (RIMS) 2階 204室
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/ja/access-01.html
テーマ
講 師

“Locally Accelerated Conditional Gradients”
Prof. Sebastian Pokutta (Georgia Institute of Technology)
Conditional gradient methods form a class of projection-free first-order algorithms for solving smooth convex optimization problems. Apart from eschewing projections, these methods are attractive because of their simplicity, numerical performance, and the sparsity of the solutions outputted. However, they do not achieve optimal convergence rates. We present the Locally Accelerated Conditional Gradients algorithm that relaxes the projection-freeness requirement to only require projection onto (typically low-dimensional) simplices and mixes accelerated steps with conditional gradient steps to achieve local acceleration. We derive asymptotically optimal convergence rates for this algorithm. Our experimental results demonstrate the practicality of our approach; in particular, the speedup is achieved both in wall-clock time and per-iteration progress compared to standard conditional gradient methods and a Catalyst-accelerated Away-Step Frank-Wolfe algorithm.

問合せ先 主査 牧野和久(京都大学) E-mail: makino◎kurims.kyoto-u.ac.jp
幹事 山口勇太郎(大阪大学) E-mail: yutaro_yamaguchi◎ist.osaka-u.ac.jp
幹事 森本 陽(三菱重工業(株))E-mail: yo_morimoto◎mhi.co.jp
WEB https://sites.google.com/site/supersmartsocietysystem/
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2019年度第1回ORセミナー
『Python言語によるビジネスアナリティクス』
日程:
2019/5/18(土)
場所:
(株)構造計画研究所 本所新館
シンポジウム
2019年秋季シンポジウム
日程:
2019/9/11(水)
場所:
東広島芸術文化ホールくらら
テーマ:
ORの原点:理論と産業応用
研究発表会
2019年秋季研究発表会
日程:
2019/9/12(木)-13(金)
場所:
東広島芸術文化ホールくらら
テーマ:
地方創生とOR