社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  開催案内
2018年度 研究部会・グループ 開催案内 (2018年3月~2019年2月)

常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. 離散アルゴリズムの応用と理論
2. ORによる大規模インフラストラクチャー分析
3. 確率モデルとその応用
4 .不確実性環境下の意思決定モデリング
5. エネルギーミックスの諸問題とOR
6. オリンピック,パラリンピックとOR
7. システム信頼性 
8. データサイエンスとマーケティング分析
9. 危機管理と防衛のOR
10. 最適化とその応用
11. 食とその周辺

研究グループ

1. 地域課題解決のOR
2. 数理的発想とその実践

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

 〔待ち行列〕 

第277回

日 時

平成30年7月28日(土)14:00~17:00

場 所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室

テーマ
講 師
概 要

(1)Externalities, optimization and regulation in queues
Moshe Haviv (The Hebrew University of Jerusalem)

 

(2)Getting more out of generating functions than just mean values
Joris Walraevens (Ghent University)

第276回

日 時

平成30年6月16日 14:00~17:00

場 所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室

テーマ
講 師
概 要

(1)「配送拠点の立地を考慮した農産物産直流通モデル分析」
蓮池 隆(早稲田大学)

 

(2)「いろいろなサービス規律を含む待ち行列ネットワークの安定性について」
小沢 利久(駒澤大学)

問合せ先 幹事 フンドック トゥアン (筑波大学)
tuan◎sk.tsukuba.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔評価のOR〕 

第80回

日 時

2018年7月28日(土)10:30~14:50

場 所

筑波大学 東京キャンパス 1F 122講義室(午前),117講義室(午後)
http://www.gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp/about/access.html

テーマ
講 師
概 要

10:30~12:00
「複数議員選出選挙制度の最適化モデルによる都道府県議会の格差評価」
堀田敬介 (文教大学)
1つの選挙区から複数議員を選出する選挙区制度(中・大選挙区制)について,法律上の規則を守り選挙区を作成することを考える.このモデルは一人選出選挙区制度(小選挙区制)のモデルより自然に導かれるが,最適解導出には前処理で用いる第2妥当選挙区(根本・堀田2003)列挙が鍵となる.このモデルを用い,47ある都道府県議会のそれぞれについて,目的関数を一票の最大較差最小化として最適区割を導出し,現行区割と比較分析し,評価をする.国政選挙の較差が改善へと向かう中で(衆議院小選挙区制の最大較差2倍未満,都道府県毎の最大化較差も全て2倍未満),都道府県議会の最大較差は,過半数の都道府県で2倍を超える.そのうち2.5倍以上3倍未満が5県,3倍以上4倍未満が5道県,5倍以上が1都である.一方,1.5倍未満を2県が達成している.果たして地方議会の最大較差が大きくなってしまうのは制度上仕方のないことなのか,その妥当性と共に,最適区割による限界値分析で明らかにする.

 

13:20~14:50
“Shaped constrained estimation and computational issues”
Andrew L. Johnson (Texas A&M University,大阪大学)
In this talk I will review several shape constrained estimators for characterizing a production function estimated at the conditional mean of the data. Emphasis will be placed on the axiomatic assumptions necessary for these shape constrained estimators to be consistent. Methods for shifting the conditional mean estimate to construct a frontier estimate will be discussed. Both smooth estimators and piece-wise linear nonparametric estimators will be considered. Code availability and computational time issues will be presented.

備考 参加費無料・事前申込は不要です.
問合せ先 後藤美香(東京工業大学)
goto.m.af◎m.titech.ac.jp

第79回 学生発表会

日 時

2018年5月19日(土)10:30~15:00

場 所

筑波大学 東京キャンパス 5階 557室
東京都文京区大塚3丁目29-1
http://www.gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp/about/access.html

テーマ
講 師
概 要

10:30~10:40 開会の挨拶


10:40~11:55 午前のセッション
(1)「M社の健康ヨーグルトの購買実態に基づいた購買意向の分析」
山田 紗弥(東海大学 大学院情報通信学研究科)

 

(2)「ファッションチェーン店におけるプロパー期のニーズに即した顧客分布と特徴分析」
斉藤 慎太郎(中央大学)

 

(3)「A Branch and Bound Approach for the Least Distance Problem in DEA」
王 緒(早稲田大学 大学院創造理工学研究科)


11:55~13:15 お昼休み


13:15~14:55 午後のセッション
(4) 「概算による回収率モデルの評価―中南米におけるオートローンを対象として-」
鈴木 友季也(東海大学 大学院情報通信学研究科)

 

(5) 「比率型データに対する確率的ノンパラメトリックアプローチによる生産性の計測」
趙 宇(大阪大学 大学院情報科学研究科)

 

                                                   

(6) 「過小申告の動機を与えないプログラムコンテスト敢闘賞決定法」
高木 祥多(静岡大学 大学院総合科学技術研究科)

 

(7) 「利用資源量のバランスを考慮する最適化問題」
糸井 雅貴(成蹊大学 大学院理工学研究科)

 

14:55~15:10 表彰,閉会の挨拶

参加費用 無料
事前申込 不要
参加資格 学生さんも初めての方も気軽にご参加ください
問合せ先 後藤美香(東京工業大学)
goto.m.af◎m.titech.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔サプライチェーン戦略研究部会(略称SCSR)〕 

第42回

日 時

2018年5月22日(火) 18:30~20:30

場 所

青山学院大学 総研ビル8階10会議室

テーマ
講 師
概 要

「企業研修におけるSCMゲームの実施と効果」
高井英造((株)フレームワークス)、河合亜矢子(学習院大学)、大江秋津(日本大学)
講演要旨、参加申込方法、会場へのアクセスを下記サイトに記載しています。 http://scsr.jp/

問合せ先 幹事 草刈君子
kimiko.kusakari◎nifty.com
ページトップへ戻る

 〔離散アルゴリズムの応用と理論〕 

第12回

日 時

2018年7月24日(火)~26日(木)

場 所

京都大学 数理解析研究所 4階 420号室
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/ja/access-01.html

テーマ
講 師
概 要

(1)7月24日(火)10:30~17:30
「グラフと線形代数:グラフスペクトルとその周辺」
垣村 尚徳 (慶應義塾大学)

 

(2)7月25日(水) 9:30~17:00
「ノルムと一次式で構成された最適化問題とその双対問題」
山下 信雄 (京都大学)

 

(3)7月26日(木) 9:30~17:00
「離散凸解析 ― 最近の進展を中心に」
室田 一雄 (首都大学東京)

備考 なお,第12回研究会は京都大学数理解析研究所 共同研究「組合せ最適化セミナー」との共催です.詳細なプログラムは
http://www.algo.cs.tut.ac.jp/~kimura/coss2018/coss2018.htmlをご覧ください.
事前申込

以下をご覧の上,事前申込をお願いします.
http://www.algo.cs.tut.ac.jp/~kimura/coss2018/coss2018_registration.html

問合せ先 幹事 澄田範奈 (首都大学東京)
sumita◎tmu.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔不確実性環境下の意思決定モデリング〕 

第18回

共 催 国際数理科学協会「確率モデルと最適化」分科会研究会

日 時

2018年8月24日(金)

場 所

JEC日本研修センター 十三 小会議室A
(大阪市淀川区十三本町1丁目12-15)
http://www.jec.ne.jp/juso/index.html

テーマ
講 師
概 要

12:00 会場

12:30 開始

 

12:45~13:35
「日本の先物市場における日中の価格変動要因に関する分析」
落合夏海(大阪大学) (共同研究者:大西匡光(大阪大学))
ボラティリティは、ファイナンスにおけるほとんど全ての意思決定に関連することから、その推定と予測可能性に対する探究は、実務的・学術的に重要なトピックである。本講演では、日本の株価指数先物の5分間リターンのボラティリティに対し、ベイズ統計の枠組みに基づいて分解・検証する方法について述べる。

 

13:40~14:30
「不確実性環境下でのリアルタイム生産スケジューリング」
平林直樹(大阪府立大学)
IoTによるリアルタイム処理を陽に考慮した生産スケジューリング方式として,自律分散型のスケジューリングが提唱されている.しかし,そこでの意思決定法は,実行可能性に重きをおいた簡便なものであり,必ずしも良好な評価基準値が得られるとは限らない.ここでは,静的に生成された規範スケジュールを利用することにより,評価基準値の改善を図る試みについて紹介する.

 

14:45~15:35
「技術革新導入の最適タイミング」
玉置光司(愛知大学)
計画期間中に、イノベーション(技術革新)がある非定常ポアソン過程に従って生起すると仮定する。出来る限り後期の(最新の)イノベーションの導入が望ましい。導入が1回しか許されない場合と複数回許される場合の最適導入タイミングについて考察する。

 

15:40~16:30
「『問題解決のためのOR』 教育」
大村雄史(元 近畿大学)
ORは今でも、一般の人からは何をしているのかよく分からない学問と思われている。 しかし、企業に於いて長年ORの視点から問題解決に携わってきた経験から言えば、社会に出て行く学生が、ORの知識を少しでも持っていることは、本人、企業、社会に とって大きなプラスである。そのような学生を育てるという目標で授業を実施してきたが、私学のいわゆる経済・経営系であるので、一部の学生を除いて、簡単な数式も理解がしづらいというような、特有の問題もある。そのような状況で、良い教育を目指して 試行錯誤をしてきた。皆様の何らかの参考になれば幸いである。

 

17:00 閉会

懇親会

8月24日(金)17:15
がんこ 十三本店 1F
大阪府大阪市淀川区十三本町1丁目9−9
https://r.gnavi.co.jp/che1arrj0000/
費 用 6,000円程度

問合せ先 幹事 中西真悟(大阪工業大学)
nakanisi.oit◎gmail.com
ページトップへ戻る

 〔エネルギーミックスの諸問題とOR〕 

第8回

日 時

2018年6月15日(金)16:00~18:00
講演終了後場所を変え懇親会20:30終了予定

場 所

構造計画研究所 中野イノベーションオフィス(前回と同じ会場)
JR 中央線・総武線/東京メトロ 東西線「中野」駅北口より徒歩約7分
http://www.kke.co.jp/corporate/map/nakano.html

テーマ
講 師
概 要

(1)「エネルギーレジリエンス性を考慮した災害拠点病院への省エネルギー機器導入量決定手法の検討」16:00-17:00
上道 茜(東京大学 工学系研究科)
本研究グループでは、分散型エネルギー機器の導入量決定を支援するため、エネルギーレジリエンス性およびトータルコストの多目的最適化ツールを構築している。災害発生時の災害医療で重要な役目を担う災害拠点病院を対象とした。今回は、これまでに構築した最適化ツールの概要とケーススタディーをはじめと研究経過をご報告頂く予定。


(2)「再エネ時代の新たなビジネスモデルと競争戦略」17:00-18:00
上田 郁哉(株式会社NTTデータ経営研究所)
再エネコストの低下、デジタルテクノロジーの進化、脱炭素化の波に伴い新たに登場しているビジネスモデルについて概観しつつ、それらが電気事業者の競争戦略に対してどんな影響を与えるのか、について考察をご紹介頂く予定。

定員 25名程度を予定
締切 6月7日(木曜日)
参加希望人数によっては、事前に締切ることもあります
懇親会 会費4,000円を予定
問合せ先 幹事 宇田川佑介(㈱構造計画研究所  オペレーションズ・リサーチ部)
yusuke-udagawa◎kke.co.jp
ページトップへ戻る

 〔システム信頼性〕 

第8回

日 時

2018年7月21日(土)15:00~16:50

場 所

東京都市大学 世田谷キャンパス
(https://www.tcu.ac.jp/access/)

テーマ
講 師
概 要

(1)「(仮)Quality for Machine Learning Systems in Industry Case Studies」
増田 聡(日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所)
As machine learning (ML) techniques continue to spread by rapid evolution, systems or services using ML techniques, called ML systems, make big impact on our life, society and economy. Meanwhile, quality for ML systems is quite more difficult than traditional systems based on explicit specifications. In this presentation, we discuss quality for ML systems in industry case studies. The case studies include testing of an automated driving software simulation and a question answering robot.
(ご講演は日本語で行われます)

 

(2)「車載エレクトロニクスからモビリティへ」
茨木 晋(パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 オートモーティブ事業担当  インフォテインメントシステム事業部 純正Ⅱビジネスユニット ビジネスユニット長)
コネクティビティ、電気自動車、自動運転、シェアリングなど、車載業界が大きな変革期を迎えています。車載エレクトロニクスの重要性が増すと同時に求められる要件も変わってきています。 従来のインフォテインメント中心の事業からモビリティ事業への変革の中での、新たな課題をお伝えします。

備考

17:30ごろから自由が丘もしくは近隣にて懇親会を予定しております。
出席をご希望の方は田村 (tamura◎hosei.ac.jp)までご連絡下さい。
*◎→@
ページトップへ戻る

 〔危機管理と防衛のOR〕 

第13回

日 時

2018年7月31日(火)15:00~18:00

場 所

政策研究大学院大学・研究会室4B
(東京都港区六本木7-22-1)
(電話)03-6439-6000
(URL)http://www.grips.ac.jp/

テーマ
講 師
概 要

(1)「組織の危機管理体制の構築と教育のあり方」
吉富 望(日本大学)

 

(2)「神奈川県の防災・危機管理対策」
岡﨑勝司(神奈川県くらし安全防災局参事監)

参加申込 入館規則上、下記をご記入の上【7月24日まで】に
研究部会幹事 片山隆仁(katayama◎ksj.biglobe.ne.jp)までご返信下さい。
CCにて研究会主査 宝崎隆祐(hozaki◎nda.ac.jp)にもお願いします。
備考 懇親会(会費:5,000円)開催予定
問合せ先 片山隆仁(一般財団法人防衛技術協会)
katayama◎ksj.biglobe.ne.jp
ページトップへ戻る

 〔最適化とその応用〕 

第2回

日 時

2018 年 5 月 12 日 (土) 13:30~18:00 (開場は 13:00 頃)

場 所

中央大学後楽園キャンパス 3 号館 3 階 3300 号室
交通アクセス: http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/
キャンパスマップ: http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/kourakuen/

テーマ
講 師
概 要

(1)「森林資源管理と数理計画法」
吉本敦氏 (統計数理研究所 モデリング研究系)
森林資源管理において, 森林を「いつ, どこから, どのくらい」採取するかを決めることは, 古くから取り組まれてきました主要な課題の一つです. このような意思決定をサポートするツールとして, 資源の採取量あるいはそこから得られる利益の最大化と言った資源管理の目的に対して, 与えられた条件下で最適な採取量・方法の在り方を探索できる最適化モデルが構築されてきました. そして, 地域的な政策や経済的な要求に対応すべく広くその開発・応用がすすめられてきました. 特に, 最適な時空間的配置を考慮した管理の探索ができる整数計画法は, 大規模な資源開発, あるいは土地利用の変化に伴う環境への負荷を評価するアプローチとして注目されています. 例えば, 空間的に隣接し合う土地の利用を同時期に行うことができないという条件を加えることで, 利用が空間的に分散され, 大規模な利用の創出を避けることができます. また, 老齢林を取り囲む林地の集約化により生態系保護も達成しながら, 資源の管理を展開することができます. 本発表では, これまでに開発されて来ました最適化モデルを紹介するとともに, 最近の研究成果を報告いたします.

 

(2)「樹木園種別構成問題に現れる錐最適化問題への効率的な解法の構築」
山下真氏 (東京工業大学 情報理工学院 数理・計算科学系)
樹木園の設計段階では, 複数の遺伝子候補の中からどのように遺伝子を選抜するか, という種別構成問題が重要な最適化問題として需要があります. 特に, 遺伝子の多様性を表す制約式には, 錐最適化問題と密接な関係があることが分かってきました. 本発表では, 種別構成問題についての基本的な数学的性質について触れた後, 数理最適化アプローチに基づいた効率的な解法を紹介していきます. 本発表は, Tim Mullin 氏, Sena Safarina 氏らとの共同研究の内容を含みます.

参加費用 無料
参加資格 自由 (会員/非会員不問)
事前申込 不要
問合せ先 幹事 田中未来 (統計数理研究所)
mirai◎ism.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔食とその周辺〕 

第2回

日 時

2018 年7月31日(火)14:00~15:30

場 所

岡山寺
所在地:岡山県岡山市北区磨屋町5-5
電話:086-222-7237

テーマ
講 師
概 要

「様々な給食問題」
石井博昭(大阪大学名誉教授,元関西学院大学教授)
まず学校給食についてその給食センターの設置の問題と献立の問題について述べる。その後、病院の給食の問題およびビジネスとしての食事配達について考える。

参加申込 ご参加いただける方は,7月24日(火)までにお申込みいただきますようお願いいたします.
問合せ先 幹事 宇野剛史(徳島大学)
uno.takeshi◎tokushima-u.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔数理的発想とその実践〕 

第1回

日 時

2018年7月21日(土)  14:30~17:00

場 所

福井工業大学 福井キャンパス プレゼンテーションルーム
(〒910-8505 福井市学園3丁目6番1号 FUTタワー3階)

テーマ
講 師

(1) 「数理形態学を用いたバイオイメージ・インフォマティクス」
木森義隆(福井工業大学 環境情報学部)

 

(2) 「Liquidity, investment timing, and value of waiting」
西原 理(大阪大学大学院 経済学研究科)

問合せ先 主査 杉原一臣(福井工業大学環境情報学部)
sugihara◎fukui-ut.ac.jp
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2018年度第1回ORセミナー
『Python 言語によるビジネスアナリティクス』
日時:
2018 年7月28日(土)10:00~17:00
場所:
(株)構造計画研究所 本所新館

本部SSOR 2018
-創立60周年記念事業-
特別講演:
大宮元会長、大山前会長
日程:
2018年8月29日(水)~31日(金)
場所:
水上温泉 源泉湯の宿 松乃井(群馬県)

中国・四国地区SSOR
日程:
2018年9月13日(木)
場所:
白兎(はくと)会館(鳥取市)
シンポジウム
2018年秋季シンポジウム
日程:
2018年9月5日(水)
場所:
名古屋市立大学
川澄キャンパス病院ホール

2019年春季シンポジウム
日程:
2019年3月13日(水)
場所:
千葉工業大学
津田沼キャンパス
研究発表会
2018年秋季研究発表会
日程:
2018年9月6日(木)-7日(金)
場所:
名古屋市立大学
山の畑キャンパス

2019年春季研究発表会
日程:
2019年3月14日(木)-15日(金)
場所:
千葉工業大学
津田沼キャンパス