社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  部会報告

2020年度 研究部会・グループ 部会報告 (2020年3月~2021年2月)
常設部会

01. 待ち行列
02. 数理計画(RAMP)
03. 評価のOR
04. 意思決定法
05. サプライチェーン戦略

研究部会

01. 最適化とその応用
02. 不確実状況下における意思決定とその周辺
03. 危機管理と社会とOR
04. ヘルスケアのOR
05. インフラのOR的展望
06. 超スマート社会のシステムデザインのための理論と応用
07. 確率モデル、最適化とその応用
08. 信頼性とその応用
09. エネルギーシステムの進化とOR
10. データドリブンマーケティング研究部会

研究グループ

01. 地域課題解決のOR
02. 量子コンピュータと

     次世代計算機活用

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

  〔待ち行列〕

部会URL

http://www.orsj.or.jp/queue/

第287回

日 時

2020年5月16日(土)14:00~17:00

場 所

オンライン開催
テーマ
講 師
概 要
1.数理計画法を応用したパーフェクトサンプリングアルゴリズムの実装
 岡村 寛之(広島大学)
本講演では,マルコフ連鎖の定常分布に従うサンプルの生成を行うパーフェクトサンプリングに関して,既存手法であるエンベロープ法ではエンベロープ更新関数を確率モデルによってアドホックに構成する必要があるという課題をまず指摘し,より汎用的な確率モデルへの適用を目的とした,ペトリネットを用いた数理計画法に基づく新しい手法の紹介が行われた.

2.超高密度無線ネットワークの空間確率モデルにおける干渉場のスケール極限
 三好 直人(東京工業大学)
本講演では,空間点過程を用いた無線ネットワークの空間確率モデルにおいて, 点過程の強度が十分大きい場合における無線電波干渉場の極限に関する結果が報告された.講演の前半では,無線基地局の位置が均質なポアソン点過程に従う場合の結果が紹介され,後半では,基地局の位置間に相関のある行列式点過程に従う場合へと拡張した結果が紹介された.

第287回(中止)

日 時

2020年4月18日(土)14:00~17:00

場 所

東京工業大学大岡山キャンパス西8号館(W)809号室
テーマ
講 師
概 要
1. ブロック・チェーンのトリレンマ問題とその解決に向けた情報学的アプローチ
笠原 正治(奈良先端科学技術大学院大学)

2. 超高密度無線ネットワークの空間確率モデルにおける干渉場のスケール極限
三好 直人(東京工業大学)

ページトップへ戻る

HOMEに戻る
 
イベントカレンダー
『本会主催イベ ントにおける新型コロナウイルス感染症への対策につ いて』
 新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げま す。

〇新型コロナウイルス感染拡大の状況に よっては、イベントの開催を中止させていただく 場合がございます。
御来場前に必ず当該イベントのホームペー ジにて開催の有無を御確認下さい。

〇 参加者の皆様へのお願い事項
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。
・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。
シンポジウム
2020年秋季シンポジウム
- 開催中止-
日程:2020/8/26(水)
場所:北海道情報大学
テーマ:人工知能とOR
2021年春季シンポジウム
日程:2021/3/1(月)
場所:東京工業大学
研究発表会
2020年秋季研究発表会
- 開催中止-
日程:2020/8/27(木)~28(金)
場所:北海道情報大学
テーマ:スポーツとOR
2021年春季研究発表会
日程:2021/3/2(火)~3(水)
場所:東京工業大学