2019年度SSORのプログラム

29日(木)
—————————————————————————–
受付 13時~
開会 13:25-13:30
—————————————————————————–
13:30-14:40
兵藤悠也(愛県大) スマートハウスにおける屋内環境調節機能を活用した昆虫の追い出し手法の提案
佐野 葵(岐大) 人体通信を用いたサーバークライアントシステム実装のための基礎研究
大藤哲平(愛県大) マルチエージェント・シミュレーションを用いた養鶏場内の環境改善の提案
五十嵐響(愛県大) マルチエージェントシミュレーションを用いたクラス雰囲気を良くする教師表情の分析
—————————————————————————–
14:45-16:00
伊藤雅士(名大) ガイスターAIのキーパー戦略の有効性
川井一馬(名大) 限定したグラフヘドニックゲームにおける最適k提携分割
坂部将大(名大) 線形順序付け問題に対する局所探索法の効率的実現法TREEのタブー探索法への拡張について
—————————————————————————–
16:10-16:40 奥田隆史 チュートリアル講演 ORを探せ 情報システム編
—————————————————————————–
16:50-17:40
二井 克(愛県大) 機械学習による即時型システムGI/G/s/sの性能評価
坂下航平(愛県大) オンラインにおける多要素認証方式の定量的リスク評価モデル
—————————————————————————–
18:00-20:00 Bar-B-Q
—————————————————————————–
30日(金)
—————————————————————————–
9:00-9:30
坂部宏起(岐大) ns-3によるモバイルセンサノードの組合せ経路の検証
何若析(名大) 医療タスクスケジューリング問題について
—————————————————————————–
9:40-10:10 金子美博 チュートリアル講演 岐阜大学での教養教育としてのOR
—————————————————————————–
10:20-11:35
岡田寛治(名大) ROADEF/EURO Challenge 2018における2次元ビンパッキング問題に対する解表現およびその効率的評価法
近藤克海(名大) 整数制約付き形状可変長方形詰込み問題に対する発見的解法
迫田賢宜(名大) のりのり, 変形版へやわけのゼロ知識証明に対する物理プロトコル
—————————————————————————–
閉会 11:35-11:40
—————————————————————————–

【SSOR 2019/8/29-30】SSOR中部支部2019 合宿形式の若手育成プログラム

SSOR中部支部2019
合宿形式の若手育成プログラム

日時:2019年8月29(木)-30日(金)
場所:愛知県蒲郡市公立学校共済組合 蒲郡保養所 蒲郡荘
〒443-0034 愛知県蒲郡市港町21-4  0533-68-2188
http://www.gamagoriso.com/

OR学会中部支部では,若手育成プログラムの一環として,前年度に引き続き合宿形式(1泊2日)の研究集会を開催します.若手の皆さん,この機会に関する日頃の研究成果のみならず卒論・修論・博論の中間発表をして,OR学会にも研究仲間を作りませんか? 発表時間は2種類あり,質疑応答含め,ショートは10分,ロングは20分を予定しています.
この研究集会では,若手の皆さんの発表会に加え,懇親会,参加教員によるチュートリアル講演を企画しています.
多くの方のご参加を目指し,発表者の参加費をリーゾナブルに設定しました.

どうぞ奮ってご参加ください.

発表者資格について
本イベントは,日本OR学会ならびに中部支部の支援を受けているため,発表者は,
①平成生まれ,または,学籍があること,
②本人または指導教員が日本OR学会会員であること.
のいずれもが必要です.

参加登録方法
下記,リンクより申し込んでください.
入力項目は,氏名,所属,発表題目,発表概要(200文字程度)などです.
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfuuU4PuKQghhyYuK5GO4awCtMzDMzfZte_V-6JNucMeN8MNg/viewform?c=0&w=1

登録期限
2019年7月31日(水)

発表・予稿について
発表はパワーポイントなどで実施していただきます.予稿集には,題目と概要のみ掲載します.配布資料などがあれば,発表者ご本人に会場にご持参いただくことになります.

プログラムについて
こちらの支部WEBにて,8月初旬に公開するとともに参加者に連絡します.

参加費について
参加費は以下の通りです.当日,現金にて参加費をお支払い下さい.なお,発表予定のない若手の方は,一般扱いとなります.ご留意ください.

発表者     6,000円(懇親会費・宿泊費・朝食費を含める)
一般     11,000円(同上)
懇親会のみ   5,000円
聴講のみ    無料

【2019年6月8日(土)】 OR学会中部支部講演会・懇親会のお知らせ

2019年度の第1回支部講演会を開催します.
今回は名古屋大学の情報学研究科棟で開催します.
皆様のご参加をお待ちしております.
講演会後は懇親会も用意しております.よろしくお願いします.

——————————–
★OR学会中部支部 2019年第1回支部講演会★
■日時:2019年6月8日(土)14:30-16:45
■場所:名古屋大学・情報学研究科棟1階の第1講義室
〒464-8601名古屋市千種区不老町

http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/i.html

★懇親会出欠
本ページ最下部の申し込みフォームより登録してください。

——————————–

■講演1(14:30-15:30)
今堀 慎治 先生(中央大学)
===
題目: 組合せ最適化問題に対する効率的アルゴリズムの設計
概要:
社会における課題を数理モデルを用いて表現すると,組合せ最適化問題とし
て記述されることが頻繁にある.本講演では,典型的な組合せ最適化問題と
して知られる,スケジューリング問題や図形配置問題などに対して,講演者
らの研究成果を中心に,数理的な手法を用いて効率的なアルゴリズムを設計
する方法について述べる.

■講演2(15:45-16:45)
浦田 真由 先生(名古屋大学)
===
題目: 官民データ利活用社会の実現に向けたオープンデータ推進の実践
概要:
政府は「Society 5.0(超スマート社会)」を提唱し,AIやIoT,ロボットな
どの革新的な科学技術を用いて,社会の様々なデータを活用することで,経
済の発展と社会課題の解決の両立を目指している。2016年には「官民データ
活用推進基本法」が施行され,自治体は「オープンデータ」に取り組むこと
が義務付けられた。本講演では,自治体におけるオープンデータ推進の現状
や課題についてまとめ,観光や防災分野におけるオープンデータの活用事例
を紹介する。

—————————
なお,講演会終了後に懇親会を開催いたします.

★懇親会(会場周辺,会費5000円程度を予定)★
17:30~
懇親会の詳細はのちほどご案内します.

懇親会は参加申し込みを終了しました。

支部講演会ルポ

2019年1月20日(日)に,名古屋市立大学ミッドタウン名駅サテライト(JPタワー名古屋5階)において,OR学会中部支部2018年度第2回支部講演会が20名(大学関係者16名,一般4名)の参加者を迎えて開催された.

1人目の講演者の増山繁氏(豊橋技術科学大学 工学部 名誉教授)からは,「言語・グラフネットワーク・最適化~人工知能(AI)の基礎として~」という題目で,自然言語処理とグラフネットワークについて,講演者の研究成果を含めて解説して頂いた.最初に,自然言語処理において意味をどう扱うかという問題が解説された.さらに応用例として,企業業績の要因を記事集合から抽出する,文章を段落で分ける,文章を要約するなどの研究成果が報告された.次に,グラフネットワークにおける最小辺ランキング問題や,非終端集合を伴う最小全域木問題,プラットホーム割り当てなどの研究成果が報告された.さらに,今後の課題・展望として特許文書から中心技術用語を抽出する,議員発言の事実検証を行うなどの可能性が示された.質疑応答では,情報処理技術が進んでも,価値の判断は人間の仕事として残るという興味深い話がなされた.情報処理技術とORの有効性を知り,今後の発展性・方向性を考える上で大変参考となる講演であった.

sige増山繁氏(豊橋技術科学大学)

2人目の講演は,小鷹研理氏(名古屋市立大学 芸術工学部 准教授)により「身体と視点のVirtual Reality」という題目で,講演者の研究室が作成してきた仮想現実を体験できる作品群の紹介と,作品を体験した人が受ける感覚について調査した結果が報告された.作品はヘッドマウントディスプレイや鏡を用いて様々な錯覚を与えるものであった.例えば,上を見上げているのに,下を(しかも自分自身を)見下ろして幽体離脱をしているかのような感覚を与える作品が紹介された.さらに,錯覚が体験者に与える影響,姿勢による体感の変化や,錯覚の個人差などの調査が報告された.とくに錯覚を強く感じる人と全く感じない人が,その中間程度に感じる人の層よりもそれぞれ多くなる事例が報告された. 大変面白い発表であり,聴講者は作品を体験したときの錯覚を想像しながら発表を聞かれたことと思われる.ORではあまり扱われてこなかった錯覚や体感といった問題を扱っている点,芸術と工学・認知科学の融合という点などからも大変興味深い講演であった.

kenri小鷹研理氏(名古屋市立大学)

講演に対して様々な質疑応答が活発に繰り広げられ,盛況のうちに終了した.

【2019年1月20日(日)】日本OR学会 2018年度第2回支部講演会のお知らせ

■日時:2019年1月20日(日)14:30-17:00

■場所: JPタワー名古屋 5階(名古屋市立大学ミッドタウン名駅サテライト)
〒450-6390 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-1

http://jptower-nagoya.jp/

(JPタワー名古屋の2階貫通通路から5階セミナールームまでは、サービス&クリニックの入口からオフィス用エレベータを利用してください。)

■講演1(14:30-15:30)
言語・グラフネットワーク・最適化
~人工知能(AI)の基礎として~
増山繁氏,豊橋技術科学大学

概要:最近、注目を集めている人工知能(AI)の基盤技術と
して需要な機械学習、テキストマイニングの基礎として
自然言語処理、グラフネットワーク、最適化について
講演者の成果も含め、分りやすく解説する。

■講演2(16:00-17:00)
身体と視点のVirtual Reality
小鷹研理氏,名古屋市立大学

概要:講演者の研究室は、ここ数年、一般的なHMDを使ったVR(Virtual
Reality)環境を用いて、身体変形感覚の誘発および身体と視点の分離の
問題を集中的に扱ってきた。このような感覚は、現実世界においても夢や
幽体離脱において時折顔を出すものであり、したがって、VRによって
潜在的に眠っているリアリティーを顕在領域へと引き上げているという
側面がある。本講演では、身体感覚(agency, ownership)や視点に
紐づけられた自己感(sense of self)についての認知心理学的な議論を
ベースに、研究室が近年発表した各種のVR装置の学問的背景を紹介する。
—————————
講演会終了後に懇親会(新年会)を開催いたします

きんくら酒場 金の蔵 名駅南店
名古屋市中村区名駅南1-17-23 ニッタビル1F
会費:5000円
18:00スタート

準備の都合上,講演会と懇親会への参加申し込みを以下よりお願いいたします.

・お名前 (必須)
  

・ご所属 (必須)(学生の場合は学部名まで)
  

・役職(学生の場合は学年)
  

・メールアドレス (必須)
  

  上記のアドレスに「WordPress」から確認のメールを送付します

・講演会の出欠 (必須)
   1.出席 2.欠席
  該当するものにチェックを付けてください
  予定が変わった方は再登録してください

・懇親会の出欠 (必須)
   1.出席 2.欠席
  該当するものにチェックを付けてください
  予定が変わった方は再登録してください

・コメント等
  

会場予約の連絡のため,1月19日午後3時までにご連絡ください.

■問い合わせ先
メールでのお問い合わせは, 中部支部支部長 茨木 智(satoru◎econ.nagoya-cu.ac.jp)まで,
お願いします.