【2016年12月3日(土)】日本OR学会 2016年度第2回支部講演会のお知らせ

★第2回支部講演会★
日時:2016年12月03日(土)13:30-16:45
場所:愛知県立大学サテライトキャンパス(ウインクあいち15階)
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38

■講演1 13:30~15:00
講演題目:行列式点過程を用いた数値積分法とその応用
講師:愛知県立大学 情報科学部 平尾将剛先生

概要:球面上の積分を考える.球面デザインとは,ある次数以下の多項式の積分値を球面上の有限個の点での重み付き平均として正確にとることができる性質の良い有限集合のことである.球面デザインは数値積分法をはじめ多岐に渡る応用を持つ.

近年,Brauchart et al (2014) は球上の準モンテカルロデザイン系列の構成問題を提案した.これは球面デザインに準モンテカルロ法のアイデアを適用したものであり,より高速な誤差の収束を実現する球面上の点列を探索・構成する問題である.

本講演では,近年活発に研究されている点過程のひとつである行列式点過程を紹介し,行列式点過程から準モンテカルロデザイン系列が生成できることを紹介する.また,球面以外の多様体上における取り組みや,それらを用いた応用についても述べる.

■講演2 15:15~16:45
講演題目:医療分野のスケジューリング問題に対するオペレーションズ・リサーチの適用講師:東京理科大学 理工学部 伊藤真理先生

概要:医療分野のスケジューリング問題に対してオペレーションズ・リサーチの数理計画法を用いてどう解決したかを紹介する.たとえば,受診者がどの順番で検査するかという検査順序を決定する人間ドックのスケジューリング問題,どの手術室でいつ手術を開始するかを決定する手術室のスケジューリング問題,どの場所でいつ採血をどれだけの量行うかを決定する採血のスケジューリング問題などがある.本講演では,これらのスケジューリング問題の一例を取り上げ,その問題の解決方法や最近の成果,今後の展望を紹介する.

■懇親会
講演会終了後(17:30~),会場周辺にてにて懇親会(会費5000円)を計画しています.
懇親会に参加される方は,会場予約の都合上,下記の事前申し込みを必ずご利用ください.多くの皆さまのご参加をお待ちしております.

■講演申し込み方法
本ページ最下部の申し込みフォームよりお申し込みください(締切11月30日(水)).
講演会は当日参加も可能てすが,準備の都合上,できるだけ事前申し込みにこ協力ください.なお,懇親会に参加される方は,席の確保のため,事前申し込みを必すお願いします.

■問い合わせ先
メールでのお問い合わせは, 中部支部支部長 奥田隆史(okuda@ist.aichi-pu.ac.jp)まで,お願いします.

・お名前 (必須)
  

・ご所属 (必須)(学生の場合は学部名まで)
  

・役職(学生の場合は学年)
  

・メールアドレス (必須)
  

  上記のアドレスに「WordPress」から確認のメールを送付します

・懇親会の出欠 (必須)
   1.出席 2.欠席
  該当するものにチェックを付けてください
  予定が変わった方は再登録してください

会場予約の連絡のため,11月30日までにご連絡ください.

OR学会中部支部
支部長 奥田