第13回OR学会中部支部シンポジウムルポ

2016年9月17日(土)に,ウインクあいちにおいて,第13回OR学会中部支部シンポジウムが「情報化時代の信頼性・安全性技術」をテーマとして27名の参加者を迎えて開催された.

1人目の講演者の田村慶信氏(山口大学大学院)からは,講演題目「オープンソースソフトウェアに対する信頼性評価の適用例と最近の動向」の下,ソフトウェア信頼性の観点で,近年特に注目されているオープンソースソフトウェアに関する信頼性の評価法について解説していただいた.オープンソースソフトウェアは,ソースコードが公開され,誰でも自由に改変可能なソフトウェアである.オープンソースソフトウェアを導入することにより,開発コストの削減,納期の短縮が期待できることから,様々な組織において採用するケースが増えている.一方,オープンソースソフトウェアはその品質管理の点で問題を抱える.

講演では,ソフトウェア信頼度成長モデルをはじめとする信頼性評価法と適用例について説明いただいた.また最近の研究として,ディープ・ラーニングに基づくオープンソースソフトウェアに対する信頼性評価法を解説していただいた.人工知能の技法の1つであるディープ・ラーニングは,現在ホットなトピックでもあり時宜を得た興味深い内容であった.全体を通しては,ソフトウェア信頼性の分野について概要から最近の研究動向まで幅広く理解できる内容であった.

2人目の講演者の後藤邦夫氏(南山大学)からは,講演題目「情報通信セキュリティとOR」の下,情報セキュリティ分野における問題の事例,セキュリティ対策技術,OR技法の応用可能性について解説していただいた.後藤氏は,東海地区のインターネットの技術および利用に関する啓発・普及に貢献されたこの分野の第一人者として知られる.

情報通信技術の進展に伴い,生活の利便性は飛躍的に向上している一方で、システムは大規模化,複雑化しており,障害が発生した場合,社会生活に大きな混乱をもたらすことが問題となっている.情報システムの高信頼化のためには,セキュリティの面からの対策も必要である.年金機構の個人情報流出のインシデントは社会に大きな衝撃を与えた.2015年秋にマイナンバー制度が導入され,セキュリティに対する関心はますます高まっている.

講演では,情報セキュリティに関して重要なキーワードを中心にわかりやすく具体的に説明いただいた.内容は,シンポジウム参加者の情報セキュリティに対する意識を高めるものであった.また講演の最後に,パケットの異常検出に関してOR技法の応用可能性を指摘するなど,情報セキュリティ分野に対する更なるOR技法によるアプローチの発展に期待を抱かせる内容であった.

3人目の講演者の土肥正氏(広島大学大学院)からは,講演題目「非定常累積超幾何試行過程とその応用~信頼性に関連したある物語~」の下,ソフトウェア信頼性の発展の歴史的経緯から最新の研究成果まで解説をしていただいた.

ソフトウェア信頼性モデルは,定量的なソフトウェア信頼性評価を目的とした数理モデルとして知られており,1970 年代から現在に至るまで数多くのモデルが提案されている.

講演では特に,超幾何分布ソフトウェア信頼性モデルに着目して解説いただいた.超幾何分布は,離散型確率分布の一つであり,非復元抽出モデルの分布である.従来の研究においては,テスト試行で潜在的に発見され得るフォールト数を表す反応関数について,制約条件を常に満たす実行可能なものを求めることは困難であるという問題点があった.今回の講演では,反応関数に関して実行可能な仮定を設けた場合,超幾何ソフトウェア信頼性モデルは非同次ポアソン過程に帰着されるなどの研究成果を披露いただいた.結論を導くまでのプロセスには紆余曲折があり,タイトルのように信頼性に関連した物語があった.参加者のこの分野への関心を大いに高める講演であった.

OR学会中部支部講演会(2016年度第1回) ルポ

2016年6月11日(土)に,名古屋工業大学において,OR学会中部支部講演会(2016年度第1回)が22名の参加者を迎えて開催された.

1人目の講演者の前原貴憲氏(静岡大学)からは,講演題目「離散凸解析に基づく機械学習手法について」の下,離散凸解析,離散最適化問題において近年広く用いられる「劣モジュラ性」をキーワードに分野の様相,及び氏の最近の研究活動である計算広告について解説して頂いた.集合関数における凸性として,また凹性としてもみることができる劣モジュラの性質から,最適化問題,近似アルゴリズムの問題と非常に相性が良いことや,その応用の一例で計算広告における問題を懇切丁寧に説明頂いた.前原氏が指摘されたように, エントロピー関数,グラフのカット関数などが劣モジュラ関数であるように情報科学の様々な問題に現れ,その応用範囲はとても広いことが分かる.
今後のますます研究の要請が高まる研究対象であることが前原氏の講演を通じて十分に分かる内容であった.

2人目の講演者の三浦英俊氏(南山大学)からは,講演題目「DEAによる店舗の商圏属性分析と品揃えについて」の下,三浦氏らの研究グループが行なったを実際のある小売店舗の売上予測を重回帰分析を用いて解析したプロセス,及び商圏特性に合わせた売場構成(商品陳列棚の個数)をDEA(包絡分析法)を用いて決定するプロセスを具体例とともに解説して頂いた.
重回帰分析を用いた売上予測に関しては,商圏などを用いて分析されていたが,取り分け,同業他社店舗のよりも自社別店舗の方が影響を受けやすいとの報告は実際にデータを分析することでしか得られないだろう知見であり興味深いものであった.
また,DEAを用いた売場構成については,改装前,改装後の売り上げデータを用いた検証報告もなされたが,DEAがうまく機能していることが分かるものであった.
今回,三浦氏の紹介された一連の分析プロセスは,同業他社における分析のみならず,様々な業種においても応用が期待できる内容であった.

【2016年9月17日(土)】日本OR学会 2016年度中部支部シンポジウム開催のお知らせ

日時

2016年9月17日(土)  13:30~17:00

場所

ウインクあいち15階(愛知県立大学サテライトキャンパス)
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38

シンポジウムの趣旨

情報通信技術の進展に伴い,生活の利便性は飛躍的に向上している.情報システムは生活を支える社会基盤として深く浸透している.一方で,システムは大規模化,複雑化しており,障害が発生した場合,社会生活に大きな混乱をもたらすことが問題となっている.このためシステムの信頼性,および,セキュリティ対策を含めた安全性の向上への要求はますます高まっている.この問題を解決するために,シミュレーション,最適化をはじめとした様々なORモデルが提案されている.本シンポジウムでは,現在この分野の最前線で活躍されている研究者に,最新の研究成果を報告していただく.

予定プログラム

13:30-13:35 開会挨拶  OR学会中部支部研究幹事 今泉充啓(愛知学泉大学)

13:35-14:35 「オープンソースソフトウェアに対する信頼性評価の適用例と最近の動向」
講師:田村慶信(山口大学大学院)

14:45-15:45 「情報通信セキュリティとOR」
講師:後藤邦夫(南山大学)

15:55-16:55 「非定常累積超幾何試行過程とその応用~信頼性に関連したある物語~」
講師:土肥 正(広島大学大学院工学研究院)

16:55-17:00  閉会挨拶  OR学会中部支部支部長 奥田隆史 (愛知県立大学)

参加費(当日払い)

1,000円(ただし,学生は無料)

懇親会

シンポジウム終了後,会場周辺にてにて懇親会を計画しています.

会場:奥志摩 名駅中央店 別館
時間:18:00~20:00
会費:5000円

懇親会に参加される方は,会場予約の都合上,下記の事前申し込みを必ずご利用ください.多くの皆さまのご参加をお待ちしております.

申し込み方法

本ページ最下部の申し込みフォームよりお申し込みください(締切9月2日(金))
シンポジウム,懇親会ともに若干の余裕があります.ともに申込期限を9月14日(水)まで延長しています.
シンポジウムは当日参加も可能ですが,準備の都合上,できるだけ事前申し込みにご協力ください.
なお,懇親会に参加される方は,席の確保のため,事前申し込みを必ずお願いします.

問い合わせ先

メールでのお問い合わせは, 中部支部研究幹事 今泉充啓(imaizumi[at]gakusen.ac.jp)まで,お願いします.

後援・協賛団体等

主催:日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部
協賛:電子情報通信学会東海支部, IEEE名古屋支部,情報処理学会東海支部,日本経営工学会中部支部、中部品質管理協会
後援:中部産業連盟

———————

参加申し込みフォーム

・お名前 (必須)
  

・ご所属 (必須)(学生の場合は学部名まで)
  

・役職(学生の場合は学年)
  

・メールアドレス (必須)
  

  上記のアドレスに確認のメールを送付します

・シンポジウムの出欠 (必須)
  1.出席2.欠席
  該当するものにチェックを付けてください
  予定が変わった方は再登録してください

・懇親会の出欠 (必須)
  1.出席2.欠席
  該当するものにチェックを付けてください
  予定が変わった方は再登録してください

会場予約の連絡のため,9月2日9月14日までにご連絡ください.

OR学会中部支部
 支部長 奥田隆史(愛知県立大学)
 シンポジウム幹事 今泉 充啓(愛知学泉大学)

【6月22日(水)】 OR学会中部支部研究会のお知らせ

OR学会中部支部研究会を以下のように開催いたします. 皆さまのご参加をお待ちしております.

【2016/05/19更新:講演概要を掲載】

日時: 6月22日(水) 17:00-19:00

場所: 名古屋大学 東山キャンパス 情報科学研究科棟1階 第4講義室
http://www.co.cm.is.nagoya-u.ac.jp/~yagiura/access-j.html

講演者: Gregor Hendel
Zuse Institute Berlin, 研究員
http://www.zib.de/members/hendel
講演題目: How to solve Integer Optimization Problems with SCIP

講演者: Yuji Shinano
Zuse Institute Berlin, 研究員
http://www.zib.de/members/shinano
講演題目: Towards Using over a Million CPU Cores to Solve Previously
Unsolved Mixed Integer Programming Problem Instances

——————————————————-
講演概要:
——————————————————-

Gregor Hendel

How to solve Integer Optimization Problems with SCIP

The  general-purpose  branch-and-cut  solver  SCIP  is one of the
fastest  noncommercial  tools  for  solving  integer optimization
problems.  Its plugin-based system facilitates  custom extensions
for specific  applications.  The goal of this talk  is to provide
users  with  a  basic  understanding  of the SCIP solving process
and to  illustrate some  ways to tackle custom  projects.  In the
first part of this talk,  I will give an overview  of the solving
process of  SCIP and  the role  of the different plugin types.  I
will  introduce  the  most  important  plugin  types of SCIP with
special focus on its available primal heuristics. The second part
deals with the customization of SCIP at the example of the famous
Traveling  Salesman  Problem.  Three  alternative  approaches  to
formulate and solve TSP’s will  be discussed and their particular
advantages will be highlighted:  via the modeling language ZIMPL,
the C/C++ callable library of SCIP, and the new Python interface.

——————————————————-

Yuji Shinano

Towards Using over a Million CPU Cores to Solve Previously
Unsolved Mixed Integer Programming Problem Instances

The  Ubiquity  Generator  (UG)  is  a  framework for the external
parallelization  of  MIP  solvers.  UG  provides a systematic way
to  develop  a  parallel  solver  that  can  run  on  large-scale
distributed memory computing environments. It was used to develop
ParaSCIP,  a  distributed  memory,  massively parallel version of
the open  source academic  solver SCIP.  In this  talk we present
a  success  story  where  we  solve  14  open  MIP instances from
MIPLIB2003 and MIPLIB2010 using ParaSCIP on up to 80,000 cores of
supercomputers.  Finally, we introduce ParaXpress,  for which one
of the fastest commercial MIP solvers, the FICO Xpress-Optimizer,
has been parallelized by UG. Combining the internal shared-memory
parallelization of Xpress and the external parallelization of UG,
we aim at  a new order of magnitude  for supercomputer core-usage
in MIP solving.

——————————————————-

【6月11日】 懇親会フォーム

・お名前 (必須)
  

・ご所属 (必須)(学生の場合は学部名まで)
  

・役職(学生の場合は学年)
  

・メールアドレス (必須)
  

  上記のアドレスに「WordPress」から確認のメールを送付します

・懇親会の出欠 (必須)
  1.出席2.欠席
  該当するものにチェックを付けてください
  予定が変わった方は再登録してください

会場予約の連絡のため,6月1日までにご連絡ください.

OR学会中部支部
支部長 奥田

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 38