ホームへ リンク お問合せ


○日時:2016年11月5日(土) 12:40~17:00(12:10開場)

○場所:常翔学園大阪センター 301教室
  大阪市北区梅田3-4-5 毎日インテシオ3F
  URL: http://www.josho.ac.jp/facility/osakacenter.html

○定員: 150名(事前申込不要、参加費無料)

○シンポジウムの趣旨:
  地方創生の取組みは、顕著になる人口減少傾向の中で、国・地方を通して厳しい財政制約のもとに、エビデンスを有効に活用した政策立案と、それらの戦略的な展開が求められています。取組を戦略的に進めるために、地方自治体が策定する地方創生総合戦略は2015年度末までに全国でほぼ出揃いました。現在、設定した目標の達成度合いの評価を行いながら総合戦略の一層の具体化と実施という重要な段階を迎えています。

 さて、本シンポジウムでは戦略的を持続可能にするための、①政策形成に不可欠な情報の捉え方、②戦略的な取組の前提となる地域の将来像(ビジョン)のための合意形成の分析手法、③地方創生を含め日本再生の重要課題とされる観光・ツーリズム経済の見える化、④戦略で設定した重要業績指標(Key Performance Indicator)による行政側の評価だけでなく、地域住民の視点に立った評価のあり方とその取組例について、研究者からの報告をいただきます。

 この機会を通して、行政や地域づくりの実務者にはORへの関心を高めていただき、OR研究者には実務者が必要としている安価で簡易なデータ収集手法や迅速な解析手法の実際を知って頂くきっかけづくりになればと考えています。また、公共領域において、データを活用しエビデンスを持った意思決定と行動に資することに重きを置き報告者を選びました。行政関係者の参加を期待するとともに、学会員との交流機会となることを望みます。

○主催: 公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部

○オーガナイザー: 畑 正夫(兵庫県立大学 教授)

○プログラム:

 12:40~ 開会の辞(関西支部長・岳 五一 先生(甲南大学))

 12:45~ 趣旨説明(オーガナイザー・畑 正夫 先生(兵庫県立大学))

 12:50~ 講演1 高木 昭美 先生(芝浦工業大学)
     「政策情報を効果的に活用する政策形成」

 13:50~ 講演2 金 再奎 先生(琵琶湖環境科学研究センター)
     「地域の将来像(ビジョン)のための合意形成の分析手法」

 14:50~ 講演3 大井 達雄 先生(和歌山大学)
     「ディスティネーションマーケティング時代のツーリズム情報の収集と活用」

 15:50~ 講演4 草鄕 孝好 先生(関西大学)
     「地域住民の視点に基づく評価のあり方と具体的取組み」

 16:50~ 閉会の辞(オーガナイザー・畑 正夫 先生)


○懇親会:

 研究講演会終了後、大阪駅近辺にて懇親会を予定しております(会費6,000円程度)。
 懇親会の詳細は、会場が決まり次第、 ご参加のみなさまに連絡させていただきます。
 併せてご参加頂けますと幸いです。

 なお、準備の都合がございますので、懇親会にご参加いただける方は、
    *** 2016年10月30日(日曜日)までに ***
 関西支部事務局(or-west-office@orsj.or.jp:担当 小出)まで
 電子メールにてご連絡お願いいたします。
 講演会のみにご参加の場合は、事前のご連絡は不要です。


問合せ先(畑正夫(兵庫県立大学)hatam@hq.u-hyogo.ac.jp)


日本オペレーションズ・リサーチ学会
 2016年度第4回ORセミナー
「統計分析の基本-データを用いて意思決定する方法を学ぼう」

○日時:2016年12月10日(土) 10:00~17:10(9:20開場)

○場所:大阪大学 大学院情報科学研究科 講義室(未定)
      (〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-5)
      http://www.ist.osaka-u.ac.jp/japanese/access/suita-campus.html

○セミナーの開催趣旨:
 ビッグデータの流行とともに、分析用のソフトウェアやクラウドサービスなどが普及しています。統計の知識がなくてもこれらを使えば、何らかの結果を得ることはできますが、内部ではどのような分析が行われているのでしょうか?正しい結果を得るためには、基本的な分析の知識が必要です。今回のORセミナーでは実際の例を交え、さまざまな統計分析の手法を基本から紹介します。

○主催: OR学会関西支部、OR学会本部

○コーディネータ: OR学会関西支部副支部長 大阪大学 森田浩


  詳しくは、http://www.orsj.or.jp/activity/seminar.html#semi4 をご覧ください。