ホームへ リンク お問合せ

日時:2017年12月23日(土) 13:30 - 16:45
場所:大阪大学中之島センター
   〒530-0055 大阪市北区中之島4-3-53
   http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php

プログラム:
13:30-13:35 開会の辞
  関西支部長 森田浩 (大阪大学)
13:35-13:40 趣旨説明
      オーガナイザー 多田実 (同志社大学)
13:40-14:30  地域統計の作成と分析利用の現状と課題―地域データの活用に向けて-
       芦谷恒憲(兵庫県企画県民部統計課・兵庫県立大学政策科学研究所)
14:45-15:35 人口減少にGISデータを活かす
       長谷川普一(新潟市都市政策部)
15:50-16:40 観光を「見える化」して外国人観光客を誘致する
       大井達雄(和歌山大学)
16:40-16:45 開会の辞
       多田実 (同志社大学)

各講演の概要:
タイトル:地域統計の作成と分析利用の現状と課題―地域データの活用に向けて-
講演者:芦谷恒憲
講演概要:統計は、地域づくりに取り組む上で重要な情報である。地域づくりの分析目的 は、関連する複数の項目を組み合わせた集計・分析により地域課題を浮かび上がらせるこ とである。
2000年以降、市町合併により基礎的自治体の規模が広がったため、市町単位のデータでは 地域の実情がとらえにくくなった。地域データを用いた地域分析の方法や課題について兵 庫県及び県内市町のデータやなどを用いた「まちづくりカルテ」などの事例を紹介する。

タイトル:人口減少にGISデータを活かす
講演者:長谷川普一
講演概要:本報告は、オープンデータとして新潟市が公開している年齢別・築年数別居住 者数クロス集計表から新築住宅の居住者特性を概観し、加えて空き家発生メカニズムを建 物台帳とGISにより明らかにしたうえで、それらから得られる政策的含意について考察する。

タイトル:観光を「見える化」して外国人観光客を誘致する
講演者:大井達雄
講演概要:まちづくりにおいてインバウンド観光への期待が高まっている。最近では地域と 協同して観光地域づくりを担うDMOが全国各地に作られ,その運営においてデータの継続的 な収集や分析にくわえて,エビデンスに基づいた戦略の策定がもとめられている。そこで, 1つの事例としてGPSデータによる外国人観光客の行動を分析し,効果的な観光振興策を策定 するためのヒントを講演することを予定している。