社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 会員の方へ  > 公募案内

公募案内

職員公募 インターンシップ/
就職説明会開催情報
助成等
 
 

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

職員公募

神奈川大学工学部情報システム創成学科

学部学科等 工学部情報システム創成学科
専門分野 オペレーションズ・リサーチ関係分野(数理計画,待ち行列,金融工学等)
職名 特別助手又は特別助教(任期制)
人員 1名
職務内容 特別助手:専攻分野の研究及び教育・研究の補助
特別助教:専攻分野の研究と教育及び教育・研究の補助
*その他大学、学部において必要と認めた業務があります。
応募資格 大学院博士後期課程修了者(取得見込みを含む)又は同等以上の研究業績を有する者 着任時に学生の身分を有することはできません。
任期 5年とする
* 本学を本務としていただきます(任期中に大学、又は大学院に在籍することはできません)。
* 採用予定日以前の6ヶ月間に、学校法人神奈川大学と有期労働契約(アルバイト含む)を締結している、又はしていた場合で、労働契約法(平成19年法律第128号)第18条第2項に規定する空白期間をおかずに、任用された場合、任期は通算して5年とします。
ただし、本学に在学していた期間は、通算期間に算入しません。
* 特別助手として任用された場合、特別助手として3年以上の経歴、かつ相当の業績及び相応の教育上の能力を有すると認められるときは、任期を限度として、特別助教に任用される場合があります。
* 任用期間中の教育研究の実績等を総合的に勘案し、必要があると認めるときは、1回に限り5年間、任用を更新することがあります。
提出書類 (1)履歴書(写真貼付) (本学所定書式)
  「国籍」、「在留資格」、「在留期限」は記入不要
(2)教育研究業績書 (本学所定書式)
(3)主要な著書および論文抜刷(コピー可。コピーの場合、A4サイズ。両面印刷可。ただし、2頁を1頁にする縮小コピーなどは不可)、主要業績3点についてそれぞれ1,000字程度の要約をつけること。
(4)研究概要(これまでの研究についての記述。A4サイズ片面1頁、書式自由)
(5)研究計画(着任後に遂行する研究内容について記述。A4サイズ片面1頁、書式自由)
(6)教育に対する抱負(A4サイズ片面1頁、書式自由)
(7)推薦者リスト(応募者についての所見をいただける方1名について、氏名・電話番号・E-mail・関係を記載する。A4サイズ片面1頁、書式自由)
* 提出書類リストを添付してください。
*(1)履歴書及び(2)教育研究業績書の本学所定書式は
https://www.kanagawa-u.ac.jp/employment/professor/fulltime/
からダウンロードしてください。
* 博士の学位取得者は学位授与(博士)証明書又はその写しの提出を求めることがあります。
* 提出書類は、返却致しません。また、選考及び採用以外の目的には使用せず、選考終了後に責任をもって破棄致します。
応募締切 2019年10月31日(木)必着
選考方法(1)第一次選考:書類審査
(2)第二次選考:面談(教育・研究等についてのプレゼンテーションを含む)
採否通知2020年1月末までに採否に関する通知をします。
採用予定日2020年4月1日
待遇給与:本学規程による
休日:本学規程による
勤務時間:本学規程による
保険:健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険等完備
* 詳細は本学人事部にお問い合わせ下さい。
書類提出先 〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1
神奈川大学学長室気付 工学部長 林 憲玉 宛 Tel: 045-481-5661(代)
(注)封筒の表に「19情報システム創成学科 オペレーションズ・リサーチ 教員応募書類在中」と必ず朱書きし、書留便にて送付してください。
問合せ先 神奈川大学工学部情報システム創成学科 主任 秋吉政徳
TEL: 045-481-5661 [内線:3775] E-mail: akiyoshi◎kanagawa-u.ac.jp
ページトップへ戻る

桃山学院大学ビジネスデザイン学部(仮称)※「起業とファイナンス」専任教員

主担当科目 「起業とファイナンス」(「PBL」、および演習科目なども担当)
職名 教授、准教授または講師
採用時期 2021年4月1日
※ビジネスデザイン学科から学部への改組を予定
・2021年4月開設予定(2020年3月認可申請予定)
・正式採用にあたっては、当該学部の設置が文部科学省から認可されることが前提条件となります。
勤務地 大阪市阿倍野区昭和町
応募締切 2019年8月31日(必着)
応募資格 ①本学の建学の精神を理解し、教育・研究・校務などに従事できる者
(建学の精神:「キリスト教精神に基づいて人格を陶冶し、豊かな教養を体得させ、深い専門学術を研究、教授することにより、世界の市民として広く国際的に活躍し得る人材を養成し、国際社会、世界文化の発展に寄与すること」)
②実務に詳しい者
③修士号以上の学位を有することが望ましい
④上記の分野において優れた教育・研究業績を有し、教育・学生指導に熱意のある者
⑤大阪府あるいはその周辺地域に居住できる者
⑥面接指定日に来学できる者
提出書類 ①履歴書(所定様式)
②研究業績リスト(所定様式)
①②の所定様式はこちらからダウンロードしてください。Wordファイルへのリンクです
③主要業績3点(1点につき現物またはコピー各4部、研究業績リストに審査希望順位をつけること)
④主要業績の要約(各業績について400字程度。査読付きのものはその旨記すこと)各4部
⑤講義計画(シラバス)(「起業とファイナンス」[15回分])4部
※提出書類(業績を含む)は原則として返却しない。返却希望の場合は、その旨記載した書面を同封すること。
※面接決定者には後日健康診断書の提出を求める。
※書類に含まれる個人情報は選考以外の目的には使用しません。
選考方法 書類・業績による審査の後、採用候補者に対し面接を実施する。面接に際し、①模擬講義(20分程度、PC利用可)、②ビジネスデザインに対する考え(10分以内)を話していただく。
選考結果の通知 選考手続きが終了次第、本人宛に郵送で通知する。
応募書類の提出先 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-5-19 大阪DICビル4階 
桃山学院大学 本町BDL 経営学部ビジネスデザイン学科長宛
(封筒に「『起業とファイナンス』専任教員応募書類」と朱書きの上、宅配便等配達記録の残る方法にて送付のこと)
問い合わせ先 桃山学院大学 本町BDL(ビジネスデザインラボ) オフィス
TEL: 06-4708-35611 FAX: 06-4708-3562
E-mail: bdl-office◎andrew.ac.jp
ページトップへ戻る

桃山学院大学ビジネスデザイン学部(仮称)※「起業とファイナンス」特任教員

主担当科目 「起業とファイナンス」(PBL」、および演習科目なども担当)
職名 特任教授、特任准教授または特任講師
採用時期 2021年4月1日
※ビジネスデザイン学科から学部への改組を予定
・2021年4月開設予定(2020年3月認可申請予定)
・正式採用にあたっては、当該学部の設置が文部科学省から認可されることが前提条件となります。
任期 あり(上限5年任期)
勤務地 大阪市阿倍野区昭和町
応募締切 2019年8月31日(必着)
応募資格 ①本学の建学の精神を理解し、教育・研究・校務などに従事できる者
(建学の精神:「キリスト教精神に基づいて人格を陶冶し、豊かな教養を体得させ、深い専門学術を研究、教授することにより、世界の市民として広く国際的に活躍し得る人材を養成し、国際社会、世界文化の発展に寄与すること」)
②実務に詳しい者
③修士号以上の学位を有することが望ましい
④上記の分野において優れた教育・研究業績を有し、教育・学生指導に熱意のある者
⑤大阪府あるいはその周辺地域に居住できる者
⑥面接指定日に来学できる者
提出書類 ①履歴書(所定様式)
②研究業績リスト(所定様式)
①②の所定様式はこちらからダウンロードしてください。Wordファイルへのリンクです
③主要業績3点(1点につき現物またはコピー各4部、研究業績リストに審査希望順位をつけること)
④主要業績の要約(各業績について400字程度。査読付きのものはその旨記すこと)各4部
⑤講義計画(シラバス)(「起業とファイナンス」[15回分])4部
※提出書類(業績を含む)は原則として返却しない。返却希望の場合は、その旨記載した書面を同封すること。
※面接決定者には後日健康診断書の提出を求める。
※書類に含まれる個人情報は選考以外の目的には使用しません。
選考方法 書類・業績による審査の後、採用候補者に対し面接を実施する。面接に際し、①模擬講義(20分程度、PC利用可)、②ビジネスデザインに対する考え(10分以内)を話していただく。
選考結果の通知 選考手続きが終了次第、本人宛に郵送で通知する。
応募書類の提出先 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-5-19 大阪DICビル4階 
桃山学院大学 本町BDL 経営学部ビジネスデザイン学科長宛
(封筒に「『起業とファイナンス』特任教員応募書類」と朱書きの上、宅配便等配達記録の残る方法にて送付のこと)
問い合わせ先 桃山学院大学 本町BDL(ビジネスデザインラボ) オフィス
TEL: 06-4708-3561 FAX: 06-4708-3562
E-mail: bdl-office◎andrew.ac.jp
ページトップへ戻る

桃山学院大学ビジネスデザイン学部(仮称)※「IT基礎」専任教員

主担当科目 「IT基礎」(「プログラム開発」または「ITビジネス」を担当できること。「PBL」および演習科目なども担当)
職名 教授、准教授または講師
採用時期 2021年4月1日
※ビジネスデザイン学科から学部への改組を予定
・2021年4月開設予定(2020年3月認可申請予定)
・正式採用にあたっては、当該学部の設置が文部科学省から認可されることが前提条件となります。
勤務地 大阪市阿倍野区昭和町
応募締切 2019年8月31日(必着)
応募資格 ①本学の建学の精神を理解し、教育・研究・校務などに従事できる者
(建学の精神:「キリスト教精神に基づいて人格を陶冶し、豊かな教養を体得させ、深い専門学術を研究、教授することにより、世界の市民として広く国際的に活躍し得る人材を養成し、国際社会、世界文化の発展に寄与すること」)
②実務に詳しい者
③修士号以上の学位を有することが望ましい
④上記の分野において優れた教育・研究業績を有し、教育・学生指導に熱意のある者
⑤大阪府あるいはその周辺地域に居住できる者
⑥面接指定日に来学できる者
提出書類 ①履歴書(所定様式)
②研究業績リスト(所定様式)
①②の所定様式はこちらからダウンロードしてください。Wordファイルへのリンクです
③主要業績3点(1点につき現物またはコピー各4部、研究業績リストに審査希望順位をつけること)
④主要業績の要約(各業績について400字程度。査読付きのものはその旨記すこと)各4部
⑤講義計画(シラバス)(「IT基礎」[15回分])4部
※提出書類(業績を含む)は原則として返却しない。返却希望の場合は、その旨記載した書面を同封すること。
※面接決定者には後日健康診断書の提出を求める。
※書類に含まれる個人情報は選考以外の目的には使用しません。
選考方法 書類・業績による審査の後、採用候補者に対し面接を実施する。面接に際し、①模擬講義(内容はITに関するものならば可、20分程度、PC利用可)、②ビジネスデザインに対する考え(10分以内)を話していただく。
選考結果の通知 選考手続きが終了次第、本人宛に郵送で通知する。
応募書類の提出先 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-5-19 大阪DICビル4階
桃山学院大学 本町BDL 経営学部ビジネスデザイン学科長宛
(封筒に「『IT基礎』専任教員応募書類」と朱書きの上、宅配便等配達記録の残る方法にて送付のこと)
問い合わせ先 桃山学院大学 本町BDL(ビジネスデザインラボ) オフィス
TEL: 06-4708-3561 FAX: 06-4708-3562
E-mail: bdl-office◎andrew.ac.jp
ページトップへ戻る

桃山学院大学ビジネスデザイン学部(仮称)※「IT基礎」特任教員

主担当科目 「IT基礎」(「プログラム開発」または「ITビジネス」を担当できること。「PBL」および演習科目なども担当)
職名 教授、准教授または講師
採用時期 2021年4月1日
※ビジネスデザイン学科から学部への改組を予定
・2021年4月開設予定(2020年3月認可申請予定)
・正式採用にあたっては、当該学部の設置が文部科学省から認可されることが前提条件となります。
任期 あり(上限5年任期)
勤務地 大阪市阿倍野区昭和町
応募締切 2019年8月31日(必着)
応募資格 ①本学の建学の精神を理解し、教育・研究・校務などに従事できる者
(建学の精神:「キリスト教精神に基づいて人格を陶冶し、豊かな教養を体得させ、深い専門学術を研究、教授することにより、世界の市民として広く国際的に活躍し得る人材を養成し、国際社会、世界文化の発展に寄与すること」)
②実務に詳しい者
③修士号以上の学位を有することが望ましい
④上記の分野において優れた教育・研究業績を有し、教育・学生指導に熱意のある者
⑤大阪府あるいはその周辺地域に居住できる者
⑥面接指定日に来学できる者
提出書類 ①履歴書(所定様式)
②研究業績リスト(所定様式)
①②の所定様式はこちらからダウンロードしてください。Wordファイルへのリンクです
③主要業績3点(1点につき現物またはコピー各4部、研究業績リストに審査希望順位をつけること)
④主要業績の要約(各業績について400字程度。査読付きのものはその旨記すこと)各4部
⑤講義計画(シラバス)(「IT基礎」[15回分])4部
※提出書類(業績を含む)は原則として返却しない。返却希望の場合は、その旨記載した書面を同封すること。
※面接決定者には後日健康診断書の提出を求める。
※書類に含まれる個人情報は選考以外の目的には使用しません。
選考方法 書類・業績による審査の後、採用候補者に対し面接を実施する。面接に際し、①模擬講義(内容はITに関するものならば可、20分程度、PC利用可)、②ビジネスデザインに対する考え(10分以内)を話していただく。
選考結果の通知 選考手続きが終了次第、本人宛に郵送で通知する。
応募書類の提出先 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-5-19 大阪DICビル4階
桃山学院大学 本町BDL 経営学部ビジネスデザイン学科長宛
(封筒に「『IT基礎』専任教員応募書類」と朱書きの上、宅配便等配達記録の残る方法にて送付のこと)
問い合わせ先 桃山学院大学 本町BDL(ビジネスデザインラボ) オフィス
TEL: 06-4708-3561 FAX: 06-4708-3562
E-mail: bdl-office◎andrew.ac.jp
ページトップへ戻る

インターンシップ

【申込終了】(株)東芝

募集企業名
(株)東芝ならびに東芝グループ

実施場所

東京、神奈川を中心とした事業場・工場

時 期

2018年夏季については,2018年8月20日(月)から2週間ないし4週間
インターン概略 数理最適化,シミュレーションなどのOR分野技術を用いて,課題に対する評価・改善策の実装・効果の検証などをしていただくテーマもございます。募集テーマの委細はウェブサイトをご覧ください。
応募方法 【ウェブサイト】
https://www.toshiba.co.jp/saiyou/internship/index_j.htm
にて詳細をご確認のうえウェブサイトからお申し込みください。
ページトップへ戻る

助成等

2020年度笹川科学研究助成

募集条件

【学術研究部門】
 ・大学院生(修士課程・博士課程)
 ・35歳以下の任期付き雇用の若手研究者
 ・ただし、「海に関係する研究」は重点テーマとして支援し、雇用形態は問わない。
 ・助成額は、1件100万円を限度とする

【実践研究部門】
 ・学校・NPO職員等に所属している方
 ・博物館、図書館等の生涯学習施設に所属している学芸員・司書等
 ・年齢、雇用形態は問わない。
 ・助成額は、1件50万円を限度とする

申請期間 2019年9月17日(火) ~ 2019年10月16日(水)23:59
申請方法 Webからの申請となります。
https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/
問い合わせ先 公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係
TEL:03-6229-5365 
URL:https://www.jss.or.jp
E-mail:josei◎jss.or.jp
ページトップへ戻る

鹿島学術振興財団  2019年度研究助成

研究対象者

(1)都市・居住環境の向上
(2)国土・資源の有効利用
(3)防災・危機管理の推進
(4)文化的遺産・自然環境の保全
以上の分野での研究者または研究グループ

助成金額と期間 (1)1件あたりの助成金は,継続期間(2年目)の分も含めて合計300万円以内とする.
(2)助成期間は2年間まで.
使途:研究に必要な設備備品費,消耗品費,謝金,旅費,印刷製本費等
募集期間 2019年7月1日(月)~10月31日(木)
申請 希望者は,OR学会事務局へご連絡ください.学会内の審査の後,当該機関へ推薦します.
OR学会推薦締切:2019年10月4日(金)
申請先:OR学会事務局
E-mail: jimukyoku@orsj.or.jp
詳細 http://www.kajima-f.or.jp
ページトップへ戻る

科学技術分野の文部科学大臣表彰

令和2年度候補者推薦について
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1417596.htm
申請期間 公募情報 http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/index.htm
科学技術分野 http://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/hyoushou/1414653.htm
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2019年度第2回ORセミナー
『データ分析最新事情~主な応用先をマーケ ティングとして~』
日程:
2019/11/16(土)
場所:
(株)NTTデータ数理システム セミナールーム
シンポジウム
2019年秋季シンポジウム
日程:
2019/9/11(水)
場所:
東広島芸術文化ホールくらら
テーマ:
ORの原点:理論と産業応用
研究発表会
2019年秋季研究発表会
日程:
2019/9/12(木)-13(金)
場所:
東広島芸術文化ホールくらら
テーマ:
地方創生とOR