第66回シンポジウム
テーマ
「モノづくりに活かされる知能化・最適化」
開催日時
2011年9月14日(水)
開催場所
甲南大学 岡本キャンパス 1号館 1-31講義室
→ アクセス
実行委員長
中山 弘隆 (甲南大学)
参加費
事前振込 正・賛助会員:3,000円 学生会員:1,000円 非会員:4,000円
当日申込 正・賛助会員:4,000円 学生会員:1,000円 非会員:5,000円
事前申し込みで満席の場合は,締め切らせて頂くことがあります.
プログラム
 12:55-13:00  開会挨拶とはじめに
    中山弘隆 (甲南大学 知能情報学部)
 13:00-13:50  「手書き文字認識における最適化問題」
    横田政憲(グローリー株式会社 通貨システム機器事業本部)
 13:50-14:40  「レンズ設計分野における最適化技術の適用」
    三井恒明(キヤノン株式会社 オプティクス技術開発センター)
 14:40-14:50    休憩
 14:50-15:40  「応答曲面法を用いた計測機器のロバスト設計」
    細島 章(株式会社金門製作所)
 15:40:-16:30  「構造物のロバスト最適化」
    寒野善博(東京大学大学院 情報理工学系研究科数理情報学専攻)
 16:30-16:40    休憩
 16:40-17:30  「建築構造形態の最適化」
    大崎 純(広島大学大学院 工学研究科建築学専攻)
 17:30-17:35  閉会挨拶