待ち行列関連書籍(和文)

 待ち行列、および関連分野(待ち行列の解析で用いられる確率過程、 待ち行列の応用としてのトラヒック理論や計算機性能評価など)の和文書籍で、 現在までに確認されているものをまとめてあります(出版年の新しい順)。 ただし、(情報処理技術者等の)いわゆる試験対策本は含んでいません。
 本リストに含まれていない書籍については、ご一報いただければ幸いです。
  • 宮沢 政清, 対話・確率過程入門 , 現代数学社, 2019.
  • 中塚 利直, 待ち行列と短過程 , 中西印刷出版部松香堂書店, 2018.
  • 木村 俊一, 待ち行列の数理モデル (確率工学シリーズ) , 朝倉書店, 2016.
  • 川島 幸之助(監修), 塩田 茂雄, 河西 憲一, 豊泉 洋, 会田 雅樹, 待ち行列理論の基礎と応用, 共立出版, 2014.
  • 高木 英明(編著), サービスサイエンスことはじめ 数理モデルとデータ分析による イノベーション, 筑波大学出版会, 2014.
  • 稲井 寛, 基礎から学ぶトラヒック理論, 森北出版, 2014.
  • 宮沢 政清, [改訂版]待ち行列の数理とその応用, 牧野書店, 2013.
  • 鈴木 武次, 待ち行列[復刊], 裳華房, 2011.
  • 牧野 都治, 待ち行列の応用 POD版, 森北出版, 2011.
  • 宮沢 政清, 待ち行列の数理とその応用, 牧野書店, 2006.
  • 吉岡 良雄, 待ち行列と確率分布 -情報システム解析への応用, 森北出版, 2004.
  • 大石 進一, 待ち行列理論, コロナ社, 2003.
  • 高橋 敬隆, 吉野 秀明, 山本 尚生, 戸田 彰, わかりやすい待ち行列システム-理論と実践, 電気情報通信学会, 2003.
  • 紀 一誠, 待ち行列ネットワーク, 朝倉書店, 2002.
  • 高橋 幸雄, 森村 英典, 混雑と待ち, 朝倉書店, 2001.
  • 牧本 直樹, 待ち行列アルゴリズム -行列解析アプローチ, 朝倉書店, 2001.
  • 滝根 哲哉, 伊藤 大雄, 西尾 章治郎, ネットワーク設計理論, 岩波書店, 2001.
  • 秋丸 春夫, 川島 幸之助, [改訂版]情報通信トラヒック -基礎と応用-, 電気通信協会, 2000.
  • 亀田 壽夫, 紀 一誠 ,李 頡, 性能評価の基礎と応用, 共立出版, 1998.
  • 荻原 春生, 中川 健治, 符号理論・待ち行列理論, 森北出版, 1997.
  • 尾崎 俊治, 確率モデル入門, 朝倉書店, 1996.
  • 確率モデルハンドブック (D. P. Heyman, M. J. Sobel 編), 朝倉書店, 1995.
  • 川島 幸之助, 町原 文明, 高橋 敬隆, 斎藤 洋, 通信トラヒック理論の基礎とマルチメディア通信網, 電気情報通信学会, 1995.
  • 宮沢 政清, 確率と確率過程, 近代科学社, 1993.
  • 秋山 稔, 川島 幸之助, 木村 丈治, LANのシステム設計, オーム社, 1989.
  • E. ゲレンベ, I. ミトラニ 著; 秋丸 春夫, 橋田 温 監訳, 計算機システムの設計と解析, オーム社, 1988.
  • 吉岡 良雄, 電子計算機システム設計 -待ち行列システムによる, 森北出版,1988.
  • 秋丸 春夫, ロバート. B. クーパー, 通信トラヒック工学, オーム社, 1985.
  • 河田 龍夫, 定常確率過程, 共立出版, 1985.
  • H. M. ワグナー著; 平本巌他共訳, 待ち行列, 培風館, 1986.
  • 小和田 正, 確率過程とその応用, 実教出版, 1983.
  • 三上 徹, 紀 一誠, 吉澤 康文, 計算機システム性能評価の実際, オーム社, 1982.
  • 益田 隆司, 亀田 壽夫,オペレーティングシステムの性能解析, オーム社, 1982.
  • 藤木 正也, 雁部 頴一, 通信トラヒック理論,丸善, 1980.
  • 待ち行列数表, 日本電信電話公社武蔵野電気通信研究所, 1980.
  • L. クラインロック著; 手塚 慶一他訳, 待ち行列システム理論, 上, 下,マグロウヒル好学社, 1979.
  • 森村 英典, 高橋 幸雄, マルコフ解析, 日科技連出版社, 1979.
  • 依田 浩, 尾崎 俊治, 中川 覃夫, 応用確率論, 朝倉書店, 1977.
  • 森村 英典, 大前 義次, 応用待ち行列理論, 日科技連出版社, 1975.
  • 小和田 正, マルコフ連鎖, 白日社, 1973.
  • G. F. ニューエル著; 森村 英典, 森 雅夫訳, 待ち行列論の応用: その新しい方法, サイエンス社, 1973.
  • 鈴木 武次, 待ち行列, 裳華房, 1972.
  • 西田 俊夫, 待ち行列の理論と応用, 朝倉書店, 1971.
  • 待ち行列研究会編(国沢清典, 本間鶴千代監修), 応用待ち行列事典, 廣川書店, 1971.
  • 雁部 穎一, 電話トラヒック理論とその応用, 電子通信学会, 1970.
  • 待ち行列研究会編, 待ち行列に関する数表, 岩波書店, 1970.
  • 牧野 都治, 待ち行列の応用, 森北出版. 1969.
  • D.R. コックス, W.L. スミス著; 磯野修訳, 待ち行列, 日本評論社, 1966.
  • 本間 鶴千代, 待ち行列の理論, 理工学社, 1966.
  • A. A. ヒンチン著; 森村英典訳, 待ち合わせ理論入門(修正3版), 廣川書店, 1966.
  • 雁部 穎一, 電話交換トラヒック, 電気通信協会, 1966.
  • 森村 英典, 大前 義次, 待ち行列の理論と実際, 日本科学技術連盟, 1962.
  • 宮脇 一男, 長岡 崇雄, 毛利 悦造, 待ち合わせ理論とその応用, 日刊工業新聞, 1961.
  • 川崎 秀夫, 雁部 潁一, トラヒック理論入門, 共立出版, 1959.
  • 河田 龍夫, 確率過程論の応用, 岩波書店, 1957.
  • 小島 哲, 通信呼理論の研究, 科学振興社, 1949.
  • 伏見 康治, 確率論及統計論, 現代工学社, 1942.
  • 亀田 豊治朗, 確率論及ビ其ノ応用, 共立社, 1932.
  • 論文翻訳委員会訳, 電話中継線算出に関する確率の理論, 電信電話学会, 1931.