社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > オペレーションズ・リサーチ学会とは  > 表彰 
表彰
更新 10/01/2015
近藤賞

日本オペレーションズ・リサーチ学会は,2007年6月に創立50周年を迎え,我が国のオペレーションズ・リサーチの研究,普及,または教育の分野で傑出した業績をあげた個人またはグループを称え,我が国におけるオペレーションズ・リサーチの発展に資するとともに,この分野を広く社会に周知させることを目的として「近藤賞」を創設しました.
「近藤賞」の名称は,本学会会長,日本学術会議会長を歴任され,2002年に文化勲章を受章された近藤次郎博士のお名前を冠しました. (副賞100万円)

研究賞

昭和43年(1968年)に創設された大西記念文献賞,及びそれを継承した文献賞を受け継ぎ,2011年度から設けられた本学会で最も歴史のある賞です.次の条件を満たす個人に贈られます.
1. 本学会員であること.
2. 独創性と将来性に富み,ORの発展に寄与する研究業績を挙げていること.
授賞対象とする研究業績は過去5年以内のものとし,毎年1名程度を表彰する予定です. (副賞50万円/1名)

*文献賞(2010年度まで)

研究賞奨励賞

若手研究者個人を対象とする賞です.上の研究賞の条件に加えて被推薦者の年齢に関して次の条件があります.
被推薦者は,原則として応募締め切り時に満35歳以下であること.ただし,OR研究歴が短い方は,この年齢制限を超えていても構いません.
授賞対象とする研究業績は過去3年以内のものとし,毎年3名程度を表彰する予定です. (副賞20万円/1名)

*文献賞奨励賞(2010年まで)

業績賞

ORの研究・教育・実施等に関わる活動に顕著な業績を挙げた個人に対して贈られます.ただし被推薦者は,原則として応募締め切り時に満40歳以上,満60歳以下の学会員であることが必要です.毎年1名程度を表彰する予定です.
なお、この業績賞は、故本間鶴千代先生の寄付金をもとに創設され、その後も多くの会員の寄付金が組込まれています. (副賞10万円/1名)

普及賞

ORの普及への大きな貢献に対して贈られます.
毎年2件程度を表彰する予定です.
*個人の場合は本学会員、グループの場合は本学会員を含むグループ、企業の場合は賛助会員企業が対象です.

実施賞

ORの強力な実施・推進に対して贈られます.
毎年2件程度を表彰する予定です.
*個人の場合は本学会員、グループの場合は本学会員を含むグループ、企業の場合は賛助会員企業が対象です.

事例研究賞

ORの優れた事例研究に対して贈られます.
毎年3件程度を表彰する予定です.
*個人の場合は本学会員、グループの場合は本学会員を含むグループ、企業の場合は賛助会員企業が対象です。

論文賞

2010年度より設けられた新しい賞です.過去1年間に本学会論文誌に掲載された論文のうち,特に優れたもの1編に贈られます.授賞論文の著者すべて(非会員が含まれる場合も全員)を表彰します. なお,論文賞の推薦は募りません. (副賞30万円/1件)

学生論文賞

学生によるORに関する優れた研究に対して贈られるものです.対象は,来春提出される学部の卒業論文,または大学院の修士論文とします.毎年5編程度を表彰する予定です.学生・指導教員がともに本学会員であることが必要です.

推薦状ダウンロード

推薦は原則として学会所定の様式に従ってください.ダウンロードしてご利用ください.

ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
第2回ORセミナー
日程:
2016年10月15日
場所:
(株)構造計画研究所

第3回ORセミナー
日程:
2016年11月12日
場所:
(株)構造計画研究所

ICCOPT
日程:
2016年8月6日~7日
場所:
国立オリンピック記念青少年総合センター
日程:
2016年8月8日~11日
場所:
政策研究大学院大学
シンポジウム
2016年秋季シンポジウム
日程:
2016年9月14日(水)
場所:
山形大学
研究発表会
2016年秋季研究発表会
日程:
2016年9月15日(木),16日(金)
場所:
山形大学