総論:「情報」・数学・ORの教育 中森眞理雄
  あらまし 初等教育・中等教育・高等教育の各レベルで情報教育が必要である理由を、現在の社会で生じているさまざまな問題を例に論ずる。また、情報科学の本質を論じ、その観点から、「情報」が大学入試に出題可能であることを述べる。今後の「情報」教育の課題についても述べる。
  キーワード 情報教育、大学入試、「情報」入試、学校教育、情報科学
     
大学における情報教育−大学教育の変化の中で− 竹田尚彦
  あらまし わが国では、情報と情報システムに関する理解や教育が十分とはいえない。一方、IT化は重要課題として位置づけられており、その一環として高等学校に普通教科「情報」として導入された。また、大学教育が変化する中でリテラシ教育を初年次教育として位置づけられるようになった。本稿では高等学校と大学への接続という点から、「情報」の入試について、そして筆者が行なっているリテラシ教育について紹介する。
  キーワード 普通教科「情報」、情報教育、大学教育、初年次教育
     
高校教科「情報」の内容とその現状 中野由章
  あらまし 2003年度から始まった高校教科「情報」は、「情報活用の実践力」「情報の科学的な理解」「情報社会に参画する態度」が3つの柱となっている。現在、全国の4分の3の高校では「情報A」が設置されており、これは「情報活用の実践力」が主軸に据えられている。教科「情報」は「科学技術創造立国」を標榜する我が国の将来のために必須であるが、未履修問題が続出したり、必履修から外そうとする動きが起きたりするなど、否定的な見方も多い。その原因としては、「現職教員等講習会」による教員養成に無理があったこと、大学側も情報入試に対して消極的であること、教育現場や教育行政に重要性が理解されていないことなど、さまざまなものが重畳している。
  キーワード 高校教科「情報」、教員採用、情報入試、情報活用の実践力、情報の科学的な理解、情報社会に参画する態度
     
教科「情報」の実践と課題
天良和男
  あらまし 高等学校の教科「情報」の目標の1つである「情報の科学的な理解」を深めるための実践事例をいくつか紹介する。続いて、教科「情報」の必履修教科としての存続の必要性、指導体制、開設学年など、教科「情報」を取り巻く諸課題とその解決のための私見を述べる。
  キーワード 情報の科学的な理解、自作教材、必履修教科、指導体制、開設学年
     
教科「情報」における問題解決学習
−「総合実習」への取り組みと年間計画の工夫−
小原 格
  あらまし 高等学校教科「情報」実践事例として、2006年度に行った問題解決学習「総合学習」について報告する。総合実習を成功させるために年間計画の中でその知識や技能を指導し身につけさせていくことの重要性とその具体例や、素朴な疑問を切り口にしたテーマ設定の有効性を簡単に示す。事後アンケートから生徒も成功のために「テーマ決め」や「作業の手順や計画」を重要視していることがわかった。これらの指導手順開発のために、OR的要素を取り入れることもできるのではないか、と考える。
  キーワード 教科「情報」、問題解決、総合実習
     
韓国の初中等情報教育 和田 勉
  あらまし 著者らが韓国語から日本語に翻訳した、韓国の「初・中等学校 情報通信技術教育運営指針」と改訂「中・高等学校 情報教育課程」の内容の紹介を中心に、現在の韓国の初・中等情報教育の一端を紹介する。前者は、情報分野において、すべての小学校1年生〜高校1年生までの各段階で児童・生徒が到達すべき目標を示したものである。後者は、これを受けて中学校の教科「情報」と高等学校の教科「情報」の課程を示したものである。また、韓国政府がいったん決めた、情報教育の時間数半減の方針を、韓国内各界の反対により撤回したことについても触れる。
  キーワード 情報教育、初中等情報教育、韓国