素材のリサイクルポテンシャルと
  環境負荷低減量の推計
松野泰也
  あらまし 一般に、金属など素材は、天然資源から生産するよりも、スクラップを回収し、溶融し再生した方が、多くのエネルギーを節約でき、地球温暖化ガスなど環境負荷の誘発を低減できる。製品として社会中に使用されている素材を、資源の蓄積であると見なし、それらをリサイクルし有効活用すれば、環境負荷と生産コストを同時に低減できることになる。その可能性を検討するためには、マテリアルフロー分析の動的モデル化、リサイクル阻害要因の抽出、ピンチ解析など最適化手法が必要となる。著者らのこれまでの研究活動をもとに、それらの方法を解説する。
  キーワード マテリアルフロー分析、トランプエレメント、ピンチ解析
     
より良い高速増殖炉サイクル実現に向けたOR手法の活用 塩谷洋樹
  あらまし 現在、新型の原子力発電システムである高速増殖炉(FBR)サイクルの実用化を目指したプロジェクト(FaCTプロジェクト)が開始された。要素技術開発と試験による技術実証に並行して、FBRサイクルシステムの総合評価手法開発も進行中であり、シナリオ・スタディ、DCF法、AHP、リアルオプション、サプライチェーン・マネジメント等が活用されている。FBRサイクル実用化には、長期間にわたって多くの関係者による大規模な開発が必要であり、評価手法開発にあたっても、原子力システムのモデル化や知識マネジメントが有益となるが、さらなるORの活用が期待されている。
  キーワード 原子力、FBRサイクル、総合評価手法、知識マネジメント
     
新エネルギー発電電力取引とリスクヘッジ 山田雄二
  あらまし 風力や太陽などの新エネルギーは、CO2を排出しないクリーンエネルギーとして、近年、注目を浴びている。これらのエネルギーは、供給量が将来の気象条件に依存し不確定であるため、エネルギー需要に即してコントロールすることが難しい。そのため、思い通りのエネルギーが得られなかった場合、当該事業に損失を与える可能性がある。また、これらは、現在のところ導入コストも高く、経済面での非効率性も懸念される。本稿では、新エネルギーの中でも、特に発電分野として導入が推進されている風力発電に焦点を当て、風力発電による出力を効果的に取引するための枠組みについて考察する。特に、発電出力予測と予測誤差に伴う損失をヘッジするための天候デリバティブについて、その実現可能性とヘッジ効果について解説していく。
  キーワード 新エネルギー、風力発電、出力予測誤差、天候デリバティブ
     
望ましいCO2濃度安定化目標
小田潤一郎、秋元圭吾、林 礼美
本間隆嗣、佐野史典、友田利正
  あらまし 地球温暖化は環境問題の中でも近年特に注目されつつあり、国際関係といった意味でも重要性を増しつつある。ポスト京都議定書の議論をより有効なものとするためにも、温室効果ガスの大気中濃度安定化といった長期目標の議論がなされつつある。IPCC第四次報告書に見られるような科学的知見は、このような議論に欠かせない情報の一つではあるが、「望ましい濃度安定化目標」は、必然的に個人の価値判断に依存する。ここでは、温暖化に関する基礎的情報、エキスパートへのアンケート調査結果について報告するとともに考察を行う。
  キーワード 地球温暖化、安定化目標、エキスパート・ジャッジメント、衡平性
     
排出権取引制度と市場設計 前田 章
  あらまし 排出権取引は日本では1997年の京都議定書とそのなかで規定された「京都メカニズム」を契機にして一般に知られるようになった。一方、欧米では1970年代から経済理論として研究され、政策としても実践されてきている。日本では、欧米のような理論と実践の蓄積がないまま、温暖化抑制のためにとにかく排出権取引を導入すべし、というような論調ばかりが目立っている。経済理論に立ち返って、その意義と必要性を深く掘り下げ、その上で残された論点を考察することは大切なことであると思われる。本稿では、排出権制度の経済理論について紙面の許す限りじっくりと考察してみたい。
  キーワード 排出権、許可証、環境問題、気候変動、温暖化
     
2次形式の調整費用を考慮した
  代替的な環境政策について
後藤 允、高島隆太、辻村元男
  あらまし 本研究は、政策意思決定者が汚染物質の排出フローを削減する環境対策として、2種類の政策選択肢を所有している場合に、どちらの政策をいつ実施すればよいかについて考察する。考察に際しては、政策実施にかかる費用として、政策の規模とは独立な費用と規模に比例した費用、さらに2次形式の調整費用を考慮した。分析を行うために、政策意思決定者の問題を最適停止問題として定式化し、政策が実施される時刻を求める。
  キーワード 環境政策、代替政策、最適停止