「不確実性システムにおける意思決定」研究部会 第8回研究会

—————————————————————–
日本オペレーションズ・リサーチ学会
「不確実性システムにおける意思決定」研究部会 第8回研究会
のご案内
—————————————————————–

日時:2014年6月28日(土)14:00~17:00
場所:大阪工業大学うめきたナレッジセンター セミナー室1
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 9階
(大阪工業大学 椎原先生のご厚意により,
同会場を使用させていただきます.)
アクセス:
http://www.oit.ac.jp/umekita/#Access
(ご不明の場合は06-6359-1159へお問い合わせを)

テーマと講師:

(1)「JSPにおけるGAの探索能力改善」
椎原 正次 氏(大阪工業大学)

概要:
ジョブ・ショップ・スケジューリング問題におけるGAの探索能力の
向上にはスケジュールの生成と改善方法が重要である.本研究では,
部分的な遅れのないスケジュールの生成とスケジュールの方向転換を
組み入れたGAを開発する.そして,スケジュールの生成法を選択する
遺伝子を追加することで効率化を図る.さらに,ベンチマーク
テストを通じて,本研究の有効性を検証する.

(2)「タクシー配置問題におけるオペレーションズ・リサーチの応用」
谷崎 隆士 氏(近畿大学)

概要:
我が国のタクシー利用客数は,直近15年間減少を続けている.
一方,2002年にタクシーの規制緩和を進める改正道路運送法が施行され,
新規参入が容易になった結果,タクシーの車両数が増え,輸送人員・
運送収入が減少している.このような背景のもと,資本金が1000万円
以下の事業者がタクシー会社の約70%を占めるタクシー業界において,
中小のタクシー会社が少額の投資で,顧客を獲得するための施策に
ついてタクシー会社と共同研究を行っている.
その内容について,今回は,①タクシー勤務員の勤務配置と
②タクシー待機場所におけるタクシー配置台数へのオペレーションズ・
リサーチの応用について発表する.

◎懇親会
(1) 開催場所:
研究部会会場周辺での開催を予定
Reminderメールにて,詳細ご案内いたします.
(2) 開催時刻:研究会終了後.17:15を予定
(3) 費用:5,000円程度

なお,懇親会につきましては準備の都合がございますので,
ご参加戴けます方は

######### 6月23日(月)まで #########

に幹事の小出宛(koide@konan-u.ac.jp) にE-mailにてご連絡
くださいますようお願い申し上げます.

(本メールにて返信されますと,OR学会メーリングリストへ
メールを送信することになりますので,ご注意ください.)