「不確実性システムにおける意思決定」研究部会・第9回研究会 国際数理科学協会「確率モデルと最適化」研究部会 合同研究部会のご案内

日時:平成26年9月13日(土) 13:00~17:00
場所:大阪工業大学うめきたナレッジセンター セミナー室1
   〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号
   グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 9階
(大阪工業大学 中西先生のご厚意により,
    同会場を使用させていただきます.)
アクセス:
   http://www.oit.ac.jp/umekita/#Access
   (グランフロント大阪北館1Fのエレベーターからアクセスできます)

◎テーマと講師

(1)「最小コスト全域木問題のコスト分配ルールに対する公理的アプローチ」
  楠木 祥文 氏(大阪大学)

概要:
最小コスト全域木問題に対して,協力ゲーム理論の視点から,
全域木のコストをエージェント間でどのように分配するかが
議論されており,種々のコスト分配ルール,分配ルールの
望ましい性質,および,それらの公理的特徴付けが提案
されている.本講演では,このようなコスト分配ルールに対する
公理的アプローチを紹介する.

(2)「高速道路上の電気自動車充電器設置台数モデルについて
   -速度変化のあるモデル-」
  小柳 淳二 氏(鳥取大学)

概要:
近年普及しつつある電気自動車ではあるが,高速道路を走る
ことになると充電器をサービスエリアなどに設置する必要が
ある.ガソリン車の給油よりこまめな充電が必要で,かつ
充電時間も長い電気自動車に対して,各場所での充電確率などを
仮定した場合の適正な充電器設置数台数導出のためのモデルに
ついて述べる.

(3)「ネット人権侵害パトロールシステム」
  吉冨 康成 氏(京都府立大学)

概要:
当研究グループで開発したシステムを用いて,「ネットいじめ」
などの対策として,平成22年度から京都府内の小・中・高等学校を
対象にネットパトロールを行ってきました.そして,京都府外
での運用は,企業が担当しています.平成25年度からは,
「ネット人権侵害パトロールシステム」の開発とテスト運用を始め,
平成26年度には,京都府内を中心として,システムのテスト運用を
進めています.
本講演では,本システムの構成要素である,クローリング,自然
言語処理,経験的手法を紹介するとともに,ネット人権侵害の
実像に迫ります.

◎懇親会
 (1) 開催場所:研究会会場付近を予定
 (2) 開催時刻:研究会終了後.17:30頃を予定
 (3) 費用:5,000円程度

 なお,懇親会につきましては準備の都合がございますので,
 ご参加戴けます方は

 ######### 9月8日(月)まで #########

 に幹事の小出宛(koide@konan-u.ac.jp) にE-mailにてご連絡
 くださいますようお願い申し上げます.

(本メールにて返信されますと,OR学会メーリングリストへ
メールを送信することになりますので,ご注意ください.)