東京海洋大学 海洋工学系 流通情報工学部門 教員公募

1 募集人員  助教または准教授 1名(常勤。任期なし)

2 所  属  海洋工学系 流通情報工学部門 流通工学講座

3 担当する教育研究分野
 物流・ロジスティクスに関する教育研究を担当し、数理最適化や統計解析など工学的アプローチにより,ロジスティクスや海洋工学分野に関わる現実問題を対象とした資する研究を行う。

担当する科目
 工学系の専門科目とし、例えば、流通工学講座が担当する科目(物流施設計画学、ロジスティクス概論,流通最適化工学,物流管理工学,流通基盤計画学,コンテナ輸送工学など)のいずれかをなどの科目を担当する。
 その他、流通情報工学演習や流通情報工学実験、卒業論文などの科目を担当する。
補足:将来的には博士前期課程及び博士後期課程の講義(英語による講義も含む)と研究指導も行う担当する。大学院の講義は英語による授業も含む。

4 応募条件
(1)博士の学位を有するか、もしくは採用時までに博士の学位を取得できること。
(2)担当教育研究分野に関する研究業績を有すること。
(3)学部での講義、実験、演習および研究指導を担当できること。
(4)大学院博士前期課程での講義および研究指導(補助)の資格に相当する業績があることを担当できること。

5 応募期限  平成26年10月17日(金) 消印有効

6 採用予定  平成27年4月1日(平成27年4月1日以降は応相談)

7 提出書類 (6)以外はすべて3部(うち2部はコピー可)
(1)履歴書:写真貼付、学歴、職歴、学位取得年月と論文タイトル、所属学会、その他特記すべきこと。
(2)業績目録:著書(応募時に公刊されているものに限る)、学術論文[査読付き] (公刊されているもの、ないし学会等で審査が終了し受理証明書があるものに限る)、参考論文、特許(登録済みのものに限る)、実務実績等に分け、それぞれ古いものから年代順に列記すること。また、学術論文については研究テーマ毎にまとめること。
(3)学術論文の別刷またはコピー:代表的な論文を5編
   なお、最終選考に際して、学術論文すべてと選考担当委員の要求する業績資料の提出を求める。
(4)競争的研究資金の獲得状況:研究代表者及び研究分担者として獲得した研究資金について、申請課題・助成機関・期間・金額を列記すること。
(5)今後の教育と研究に関する抱負について(各2,000字程度)
  なお、選考に際して面談を実施すると共に模擬講義を行ってもらう。
(6)審査結果通知のための返信用封筒(宛先記入のこと)1通(定形封筒に宛先を記入し、82円切手を貼付すること)
  注:1)選考に当たって面接等を実施する場合の交通費等は自己負担とする。
    2)健康診断書の提出をお願いすることがある。

8 書類提出先
     〒135-8533
     東京都江東区越中島2-1-6
     東京海洋大学 海洋工学系
     流通情報工学部門 久保幹雄 宛

封筒に「流通情報工学科流通工学講座教員応募書類」と朱書きし、簡易書留とすること。
なお、応募の秘密は厳守し提出資料は本公募の目的以外には使用しない。
また、提出書類は返却せず、選考終了後に当方で処分する。

9 選考結果の通知
第一次選考(書類審査)の結果は、平成26年11月中旬までに通知予定。
第二次選考(面接などによる審査)の結果は,平成26年12月中旬までに通知予定。

10 照会先
      東京海洋大学 海洋工学系
流通情報工学部門 久保幹雄
      Tel:03-5245-7390 Fax:03-5245-7390
      E-mail: kubo@kaiyodai.ac.jp(件名をkoubo として下さい.)

11 流通情報工学科等の詳細については、東京海洋大学ホームページ http://www.kaiyodai.ac.jp/ をご覧ください。