OR学会「信頼性」研究会のご案内

======================================================================
OR学会「信頼性」研究会のご案内
======================================================================

主査 土肥正(広島大学大学院)
幹事 肖 霄(シャオシャオ)(首都大学東京)

第五回目の「信頼性」研究会のご案内をお届けします。
奮ってご参加頂きますようお願い申し上げます。

第五回信頼性研究会

日時: 2014年11月28日(金) 14:30 – 16:30
場所: 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 会議室A・B
    (http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html)

テーマと講師
(1) 「情報ネットワークの高信頼化を目指した階層型制御アーキテクチャ」
会田 雅樹 氏 (首都大学東京システムデザイン研究科)

我々の社会は情報ネットワークへの依存を急速に進めつつあり,今や人間の生命や財産に関わる重要な活動まで情報ネットワーク無しでは考えられない状況になっている.一方で,情報ネットワークの安定運用に関する性能は,社会活動を支える役割に対して極めて不十分な状況に留まっている.この原因は,情報ネットワークが構造的に「大規模複雑システム」であり,新しい通信アプリケーションの出現と共に使われ方が常に変化し,性能に関する要求も高度化する「動的システム」であることによる.本研究は,情報ネットワークの安定運用性を高めるために,典型的な大規模複雑システムである自然界のシステムのあり方に学び,情報ネットワークの階層的な制御アーキテクチャを目指す試みについて説明する.

(2) 「Monotone Policy on Decision Making for Non-stationary Deteriorating Systems」
金  路  氏 (電気通信大学情報理工学研究科)

The optimal maintenance policy for deteriorating systems has been studied extensively. In most previous studies, the system was assumed to deteriorate in accordance with a stationary state transition law. However, systems can also deteriorate with age. In such cases, the transition state probabilities of the system should be non-stationary for different ages of the systems.
This talk will focus on the condition monitoring maintenance for an aging system of which the deterioration undergoes as a non-stationary Markov process. The optimal decision policy is investigated, and the structural properties of the resulting optimal expected cost function are obtained. These structural properties establish the existence of an optimal control limit policy with respect to both the system’s deterioration and age under some assumptions. Furthermore, the monotonic property of control limits is also obtained.
If the optimal decision policy can be limited into the set of control limit policies, the tremendous amount of calculation time required to find the optimal decision policy would be reduced. Furthermore, the monotonicity of control limits can reduce the computational efforts substantially by simplifying the algorithm and reducing the computation errors.

資料の準備等がありますので, 研究会への参加を予定されている方は事前に幹事まで
お知らせ下さいますようお願いします.

また, 11月28日(金)の夕方から, 懇親会を予定しております. 懇親会への参加を予定
されている方は 11月21日(金) までに幹事宛にお申し込みください(参加費は5000円程度を予定).