「不確実性環境下の意思決定モデリング」第2回研究会

下記要綱で,日本オペレーションズ・リサーチ学会研究部会
「不確実性環境下の意思決定モデリング」
による第2回研究会を開催致します.

万障お繰り合わせの上,御出席賜りますようお願い申し上げます.

また,研究会終了後に,懇親会を行います.こちらも奮って御参加くださいますようお願い申し上げます.

———————–
日時:2015年6月13日(土)14:00~17:00  (開場13:30より)
場所:常翔学園大阪センター 301教室
大阪市北区梅田3-4-5 毎日インテシオ3F
TEL:06-6346-6367(直通)
URL:http://www.josho.ac.jp/facility/osakacenter.html

◎テーマと講師:

(1)「信号処理技術に基づくネットワーク計測手法」
   松田 崇弘 氏 (大阪大学)
概要:
信号処理理論はネットワーク計測の有効なアプローチであり,例えば,スパース性の仮定が自然である計測対象に対しては,圧縮センシングにより効率的なネットワーク計測を実現できる.本講演では,故障・異常検出手法やネットワークトモグラフィ等のネットワーク計測技術に関して,信号処理技術を用いた手法を紹介する.

(2)「非凸離散最適化解法の金融工学やゲノム科学への応用」
   仲川 勇二 氏 (関西大学)
概要:
すべてのデータは、多かれ少なかれノイズを含んでいる。この時、回帰分析で得られた残差二乗和最小値の係数が分析者にとって最善なものとは限らない。最善の分析結果を見つける方法について、インデックス連動ポートフォリオの作成やゲノムデータ(10031個のSNPs)の分析等への応用例を用いて議論する。

◎懇親会
(1) 開催場所:旬菜とお酒 あんばい ハービスPLAZA店
大阪府大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZAB2
    TEL: 050-5796-9380
    URL:http://r.gnavi.co.jp/k596936/

(2) 開催時刻:研究会終了後.17:15を予定

(3) 費用:5,000円程度

懇親会につきましては準備の都合がございますので,ご参加戴けます方は

######### 6月3日(水)まで #########

に幹事の中西宛(nakanisi@dim.oit.ac.jp) にE-mailにてご連絡くださいますようお願い申し上げます.
懇親会の締切が,通常より早めになっております.
ご了承をお願いいたします.

その他:
研究会当日:6/13(土) 12:00-13:30には
関西支部運営委員会が同会場(大阪センター レストラン&ラウンジ翔)にて開催されますが,本研究会と関西支部運営委員会はそれぞれ独立に開催しており
ご出席の連絡先が異なりますのでご了承ください!

————————————————————-
「不確実性環境下の意思決定モデリング」研究部会
主査: 笠原正治(奈良先端科学技術大学院大学)
幹事: 中西真悟(大阪工業大学)
研究部会ホームページ:http://www.oit.ac.jp/or/
————————————————————-