日本OR学会関西支部シンポジウム(ご案内)

日本オペレーションズ・リサーチ学会 会員各位

           日本オペレーションズ・リサーチ学会
           関西支部 支部長     岳 五一

重複してお受け取りの場合はご容赦願います.

下記のとおり,日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部
シンポジウムを開催致します.

万障お障繰り合わせの上,奮って御出席賜りますようお願い申し上げます.

*********

関西支部シンポジウム

テーマ:「個人情報保護法の改正とデータサイエンスの新潮流」

日時:2015年11月14日(土)13:00-17:30

場所:京都府立大学 稲盛記念会館 102講義室
   〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町1-5

  京都府立大学へのアクセス:
   http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=28
  下鴨キャンパスのマップ:
   http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=3883&frmCd=8-3-1-0-0

定員: 150名(事前申込不要、参加費無料)

趣旨:
平成27年5月21日、個人情報保護法とマイナンバー法の両改正案が
衆議院を通過し、参議院へ送られた。個人情報保護法は平成17年の
全面施行後、初めての大きな改正となる。この改正案は、
「ビッグデータ」の有効活用を可能にすることを目指している。
データ―サイエンスの領域から、匿名加工情報の利用などを通じた
ビジネスチャンスが生まれることが期待されている。その反面、
プライバシー保護に対する安心を担保できるかについて、国民的な
コンセンサスの醸成が必要と思われる。このような状況を鑑み、
個人情報保護法とマイナンバー法の両改正を俯瞰し、データー

サイエンスの新時代の息吹を起こす契機となることを目指して、
シンポジウムを開催する。

主催:公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部

協賛学会(依頼中を含む):
 情報ネットワーク法学会、システム制御情報学会、
 ヒューマンインタフェース学会、IEEE関西支部、
 電子情報通信学会関西支部、情報処理学会関西支部

オーガナイザー:
 吉冨 康成(京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 教授)

プログラム:

(1) 13:00~13:05 開会あいさつ
  岳 五一(甲南大学知能情報学部 教授、日本OR学会関西支部長)

(2) 13:05~14:05
 「個人情報保護法の改正とマイナンバー法施行」
  岡村 久道(英知法律事務所 所長、弁護士、国立情報学研究所 客員教授)

14:05~14:10:休憩

(3) 14:10~15:10
 「医療情報学における個人情報保護法改正の影響」
  黒田 知宏(京都大学 医学部附属病院医療情報企画部 教授)

15:10~15:20:休憩

(4) 15:20~16:20
 「個人特定のリスクを低減させる匿名化技術」
  千田 浩司(日本電信電話株式会社 NTTセキュアプラットフォーム
    研究所データセキュリティプロジェクト 主任研究員)

16:20~16:25:休憩

(5) 16:25~17:25
 「データサイエンスを牽引するソフトウェア環境」
  石田 基広(徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部 教授)

(6) 17:25~17:30 閉会あいさつ
  吉冨 康成(京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 教授)

懇親会:

(1) 時間:18:00~
(2) 場所:下鴨芹生 (http://www.hotpepper.jp/strJ000439837/)
  〒606-0827 京都府京都市左京区下鴨西半木町82
  Tel: 075-721-5846
  地図:http://loco.yahoo.co.jp/place/g-XfutiMSEOE2/map/
(3) 参加費用:5,000円
(4) 参加申込:
  2015年11月11日(水)17:00までに、
  吉冨 康成(京都府立大学)まで
  メール(E-mail: yoshitomi@kpu.ac.jp)でお知らせ下さい。

問合せ先:
 吉冨 康成(京都府立大学)
 E-mail: yoshitomi@kpu.ac.jp
 Tel&Fax: 075-703-5432

詳しくは
 http://www2.kpu.ac.jp/ningen/infsys/or-kansai-symp-2015.html
をご覧下さい。