「OR普及のためのモティベーション教育」第12回研究部会のご案内

OR学会会員の皆様

☆「OR普及のためのモティベーション教育」第12回研究部会のご案内

拝啓、時下ますますご清栄の段お慶び申し上げます。研究部会の主査をしている北海道科学大学の大堀と申します。第12回の研究部会を下記により開催いたします。また、研究部会終了後は懇親会を予定しております。ご多忙中とは存じますが、何卒ご参加いただけますようお願いいたします。つきましては、1月16日(土)までにテンプレートにご記入の上、下記メールアドレスに返信いただけますようお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第12回研究部会: 出席 欠席 (不要な部分を削除下さい)
      懇親会: 出席 欠席
御所属:
御芳名:
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
担当 北海道科学大学 大堀隆文
返信先メールアドレス: oohori@hus.ac.jp

———-研究会の詳細———-
日本OR学会「OR普及のためのモティベーション教育」第12回研究部会
日時:平成28年1月22日(金) 18:30~20:30
会場:小樽商大サテライト (札幌市北5西5 Sapporo55ビル)
講演1:医薬品卸における物流システムとそのオペレーションについて
講師:向村茂徳氏(株式会社モロオ)
概要:弊社は、物流業務の高品質化に取り組み、必要なときに必要な医薬品を必要な数だけ、 迅速・正確に提供できる体制を構築しています。特に、正確さは特に重要視し、人と機械システムを連携させることで実現しています。本講演では弊社の医薬品卸の物流システムとオペレーションを紹介する。またこれらのシステムにおけるOR適用の可能性について考える。
講演2 : 診療情報ビックデータの利活用による診療への応用について
講師:広田健一氏(札幌医科大学)
概要:医療健康分野におけるビッグデータ活用の重要性が強く唱えられている。日々生産される膨大な診療情報やゲノム情報などをビッグデータとして活用することにより、人類の健康や寿命を著しく改善していくことが期待されている。本講演では札幌医大における診療情報ビックデータの利活用による診療への応用可能性について述べる。
懇親会:同20:15~(札幌駅周辺)