日本オペレーションズ・リサーチ学会 中部支部・関西支部共催講演会のご案内

主催:日本OR学会中部支部・関西支部
日時:2016年1月24日(日) 10:00~15:00(9:15開場)
会場:勤労者福祉会館 臨湖 滋賀県長浜市港町4-9
Tel. 0749-65-2120
http://nagahama-rinko.info/

***********************************************************
プログラム

9:10 開場

10:00-10:10
開会挨拶
金子美博(日本OR学会中部支部長,岐阜大学工学部准教授)

10:10-11:10
講演1「相補性を巡って」
福島雅夫(南山大学理工学部教授・京都大学名誉教授)

要旨:先日,講演者はMathematical Optimization Societyから
Paul Y. Tseng Memorial Lectureshipという賞を授賞された.
本講演では,講演者がかつてTseng教授と行った共同研究を振り
返りながら,相補性(complementarity)に関連する諸問題に
ついて紹介する.

11:10-11:20
休憩

11:20-12:20
講演2「一期一会の数理と災害時情報通信技術」
巳波弘佳(関西学院大学理工学部教授)

要旨:一生の間に一回しか遭遇しない人の割合はどれくらいだろうか?
頻繁に会う人とはどれくらいの頻度で会っているだろうか?実際に観測
してみると興味深い性質が見えてくる.これまでに,遭遇頻度分布が
べき乗則にしたがうことを発見し,その観測事実を説明できる自然な
数理モデルを与えた.また,この知見を,災害時の情報通信技術の
一つである蓄積搬送型通信に応用することで,性能向上を図った.
本講演では,人と人の出会いに潜む数理とその応用について紹介する.

12:20-13:30
交流会: 多喜港店 長浜市港町1-12
Tel. 0749-65-0733
http://tabelog.com/shiga/A2504/A250402/25002092/

13:30-14:30
講演3「レクトリニア図形のパッキング」
柳浦睦憲(名古屋大学情報文化学部教授)

要旨:レクトリニア図形,すなわち垂直線分と水平線分で表現できる
多角形のパッキング問題を考える.レクトリニア図形のパッキングは,
たとえば,箱の生産において展開図の形状を無駄なく切り出すという
ような直接的な応用をはじめ,線分を細かくすることで様々な図形を
近似的に表現できるため,幅広い応用を持つ.本講演では,この問題に
対する構築型アルゴリズム等,最近の成果を紹介する.

14:30-14:50
自由討論

14:50-15:00
閉会挨拶
岳五一(日本OR学会関西支部長,甲南大学知能情報学部教授)
***********************************************************

なお、http://www.orsj.or.jp/whatisor/organization.html#01
からもご覧いただけます。