「OR普及のためのモティベーション教育」第12回研究部会のご案内

OR学会会員の皆様

☆「OR普及のためのモティベーション教育」第12回研究部会のご案内

拝啓、時下ますますご清栄の段お慶び申し上げます。研究部会の主査をしている北海道科学大学の
大堀と申します。第13回の研究部会を下記により開催いたします。また、研究部会終了後は懇親会を
予定しております。ご多忙中とは存じますが、何卒ご参加いただけますようお願いいたします。つきまし
ては、2月6日(土)までにテンプレートにご記入の上、下記メールアドレスに返信いただけますようお願
いいたします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第13回研究部会: 出席 欠席 (不要な部分を削除下さい)
      懇親会: 出席 欠席
御所属:
御芳名:
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
担当 北海道科学大学 大堀隆文
返信先メールアドレス: oohori@hus.ac.jp

———-研究会の詳細———-
日本OR学会「OR普及のためのモティベーション教育」第13回研究部会
日時:平成28年2月13日(土) 15:00~17:00
会場:小樽商大サテライト (札幌市北5西5 Sapporo55ビル)

講演1:医工連携・国際共同研究の取り組みと今後の展望(1)
    - 認知機能評価のためのシステム開発と利用 -
講演者:大柳俊夫(札幌医科大学)
概要:医工連携ならびに国際共同研究の実現は,21世紀の大学に求められる大きな課題の一つと
考えられる.講演者の研究グループでは,1997年からカナダアルバータ大学リハビリテーション医学
部作業療法学科との共同研究に従事しており,現在もその活動を継続している.本講演では,今年
度からアルバータ大学とスタートした認知機能評価のプロジェクトを紹介し,医工連携と国際共同研
究を成功させるための要因,またこれらのプロジェクトにおけるOR活用の可能性について考える.

講演2:医工連携・国際共同研究の取り組みと今後の展望(2)
    - 小児リハビリテーションのためのKinect太極拳ゲーム -
講演者:後藤幸枝(札幌医科大学大学院)
概要:小児リハビリテーションでは,運動の不器用さを伴う発達障害児を対象に,Wii Fit等の市販の
ゲームを利用して,バランス機能や協調運動の改善を目標とした介入を行っている.本講演では,
昨年8月から3ヶ月間,カナダアルバータ大学リハビリテーション医学部作業療法学科に短期留学し,
その間に同大学理学部コンピュータサイエンス学科との共同研究としてスタートさせた小児リハビリ
テーションのためのKinect太極拳ゲームプロジェクトを紹介する.プロジェクトの計画から開発までの
一連のプロセスと,現在までの成果や今後の介入研究の展望を報告する.また,国際共同研究プロ
ジェクトへの参加の経験を通して,国際共同研究を成功させるための要因について考える.

講演3:「OR普及のためのモティベーション教育」研究部会の3年間の活動報告
講演者:大堀隆文(北海道科学大学)
概要:「OR普及のためのモティベーション教育」研究部会では北海道のOR研究者が中心となり,OR
普及のための教育研究に焦点を絞り,ORに興味を持ってもらう様々な仕掛け,モチベーションについ

て様々な立場から講演を頂いた.講演や議論を通して,OR普及のためには,他分野の研究者との連
携,例題課題の精査,教育技法の開発などが有望であることが議論された.本講演では,研究部会の
3年間の講演,議論,提案をまとめるとともに,OR教育の今後の展望と方向性を探る.

懇親会:同17:30~(札幌駅周辺)
なお研究部会と懇親会の申込みは2月6日(土)までに主査大堀(oohori@hus.ac.jp)にお願いします。