アーラン, アグナー・K

提供:ORWiki
移動: 案内, 検索

【あーらん, あぐなー・K (Erlang, Agner K.)】

コペンハーゲン電話会社の電話技師で数学・統計学者であったアーランは1909年に待ち行列理論における最初の論文を発表した. その後, 現在, アーランの損失式として知られている M/M/c \, /c \, の定常解や M/M/c \, の定常解などを導出しており, これらは電話回線の設計問題に対する基本公式として現在でも広く利用されている. また, 独立同一な指数分布の和で表現される分布を導入し, これは現在アーラン分布と呼ばれている(1878-1929).

個人用ツール