バークの定理

提供:ORWiki
移動: 案内, 検索

【 ばーくのていり (Burke's theorem) 】

窓口がひとつで指数分布に従うサービスを行うノードからなる 直列型ネットワークにポアソン到着があるとき, 到着時点に関して定常な分布のもとでは一人のの 各窓口での滞在時間は互いに独立であることを示す. これは, 一人の客が他の客に追い越されることがない(overtake free)という 性質が本質的であり, この影響がない最初と最後の窓口では窓口数が複数の場合でも成り立つ. また, 最後の窓口のサービス時間分布は任意でよい.

個人用ツール