社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
タイトルイメージ
HOME  > 研究活動案内 >  ORセミナー
ORセミナー
趣  旨:ORセミナーは, OR分野の典型的な基礎技術の解説, その時々で注目される分野の最新動向の紹介, 実務や研究を効率的に進めるためのツールのチュートリアルなどについて, 企業の実務家,学生,研究者などの幅広い方々を対象に, 各自の日常の活動に役立ててもらうことを目的として, 研究普及委員会が企画,開催しているセミナーです.
テーマの募集
ORセミナーは,オペレーションズ・リサーチ誌に紹介された通り,研究普及委員会が主催しています.受講されるみなさまにとって,より有益になるように,ORセミナーに相応しいテーマについて,他薦,自薦のご提案を募集します.ご提案をお持ちの方は,テーマに関する論文,専門書,講師名などの具体的な情報を下記の電子メールアドレスまでご提案ください.研究普及委員会で候補として検討いたします.
□ 中川慶一郎,樫尾博,野々部宏司:”OR学会における研究普及の取組み”,
オペレーションズ・リサーチ 2016年3月号,Vol.61 No.3,pp.161-164,
http://www.orsj.or.jp/archive2/or61-3/or61_3_161.pdf
□ ご提案先電子メールアドレス <orsj.proposal◎orsj.or.jp>
 
2021年度ORセミナー
2021年度第1回ORセミナー【量子コンピュータと次世代計算機活用】2021/06/07

第1回『2021年度第1回ORセミナー【量子コンピュータと次世代計算機活用】』

ご案内

量子コンピュータやイジングマシンなどの次世代計算機による,実社会の問題への適用事例を紹介致します.また,組合せ最適化による課題解決のアプローチをご紹介頂き,次世代計算機の更なる活用方法について討論します.

日 時

2021 年 6 月 7 日(月)12:30~17:20

(12:15~ Zoom 入室可能,接続テストなどを行います.)

会 場 Zoom によるオンライン開催
※申込でご登録のメールアドレスへ Zoom 接続情報をご連絡いたします.
コーディネーター (株)日立製作所 野本多津

司 会

(株)NTT データ 矢実貴志

定 員 90 名 (定員になり次第締め切らせていただきます.)
プログラム
(敬称略)
【12:30~12:40 開会の挨拶】
九州工業大学 大輪拓也
【12:40~13:40 セッション 1】
 「AWS のフルマネージドな量子コンピュータ Amazon Braket」
講師:アマゾン ウェブサービス ジャパン(株) 宇都宮聖子
Amazon Braket は,AWS で簡単に量子コンピュータのコーディングをスタートできるフルマネージドな量子コンピュータサービスです.Amazon Braket Python SDK を使って,IonQ, Rigetti, D-Wave といった量子ハードウエア QPU にアクセスすることができます.本セッションで は,Amazon Braket の特徴と,クラウドによる量子コンピュータ提供によって期待される展望をお話します.
【13:50~14:50 セッション 2 】
「NEC における量子コンピューティング技術開発」
講師:日本電気(株) 白根昌之
NEC は 1999 年に世界で初めて固体素子量子ビットの動作実証に成功して以来,20 年以上にわたり超伝導量子コンピューティングの研究開発を継続しています.本発表では,NEC の量子アニーリングマシンを含む世界の HW 開発状況に加え,NEC 製ベクトル機によるシミュレーテッドアニーリングマシンの組合せ最適化課題への適用事例を紹介します.
【15:00~16:00 セッション 3】
 「量子アニーリングと数理最適化の融合」
講師:(株)シグマアイ 大関真之
量子揺らぎを用いた組合せ最適化問題の解法として量子アニーリングが注目を集めています.その実現を果たした量子アニーリングマシンも大規模化が進み,実問題への適用が期待されるフェーズに突入しています.ただこれまでの数理最適化手法も活用することで,より多くより正確により速く問題を解く方法が開発されています.最近提案された手法を紹介することで数理最適化との融合可能性について議論いたします.
【16:10~17:10 セッション 4】
 「万能量子コンピュータを用いた量子化学計算・物性シミュレーション」
講師:(株) QunaSys 中川裕也
万能量子コンピュータの産業応用先として最も注目されている分野の一つである量子化学計算・物性シミュレーションについて紹介します.特に,この数年で急速に大規模化・高精度化が進みつつある Noisy Intermediate-Scale Quantum (NISQ) デバイスという種類の量子デバイスを用いた計算アルゴリズムに関して詳しく述べます.講演では, 量子化学計算・物性シミュレーションの基礎となる量子系のシミュレーションという問題を解説し,それが万能量子コンピュータや NISQ デバイスを用いてどのように効率的に解けるのかを紹介します.
【17:10~17:20 閉会の挨拶】
NTT データ先端技術(株) 中川慶一郎
参加費(電子テキスト代込み) 正・賛助会員(協賛学会員を含む)5,000 円,学生会員 1,000 円,学生非会員 1,500円,非会員 20,000 円.
※参加費の返金には応じられない旨,ご了承ください.
※紙テキストをご希望の方は,印刷製本・発送の費用をご負担いただくことで対応いたします.
*** お知らせ ***
非会員と学生非会員の方がご参加いただいた場合の入会特典は,終了させていただきました.

申込先

申込サイト(外部サイト)

申込締切日

2021年5月14日(金)

協賛学会(予定)

日本経営工学会(JIMA),日本品質管理学会(JSQC),日本信頼性学会(REAJ),研究・イノベーション学会(Jsrpim),日本設備管理学会(SOPE-J),経営情報学会(JASMIN),プロジェクトマネジメント学会(SPM)

問合せ先

OR 学会事務局(E-mail: jimukyoku@orsj.or.jp)


ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー

2021 年度第1回ORセミナー
日程:2021/6/7(月)
場所:オンライン開催
テーマ:
量子コンピュータと次世代計算機活用
シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
開催終了しました。
日 程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九州大学
(オンライン開催)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
開催終了しました。
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九州大学
(オンライン開催)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。