社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
タイトルイメージ
HOME  > 研究活動案内 >  ORセミナー
 
2019年度ORセミナー
第1回 『Python言語によるビジネスアナリティクス』2019/5/18
第2回『データ分析最新事情~主な応用先をマーケティングとして~』 2019/11/16
第3回『最適化問題と量子コンピュータ・次世代計算機の可能性』2020/1/29

2019年度 第3回
『最適化問題と量子コンピュータ・次世代計算機の可能性』
開催趣旨 量子コンピュータやイジングマシンなどの次世代計算機による,実社会の問題への適用事例を紹介致 します.また,組合せ最適化による課題解決のアプローチをご紹介頂き,次世代計算機の更なる活用方法について 討論します. ご参加をご検討いただければ幸いです.

日 時

2020年1月29日(水)10 : 00~16 :00
会 場 (株)NTTデータ 豊洲センタービル セミナルーム
(〒135-6033 東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル )
 東京メトロ有楽町線「豊洲」駅 3番出口 徒歩約1分

定 員

50名(定員になり次第締め切らせていただきます.)
プログラム
(敬称略)
(タイトルは仮題) 
10:00~10:10 開会挨拶
 九州工業大学 大輪拓也
10:10~11:10 セッション1
 「製造業における量子アニーリング活用に向けた研究の紹介」
  講師:(株)デンソー 門脇正史
11:20~12:20 セッション2
 「アニーリングマシンの活用とソフトウェアツールの紹介」
 講師:(株)リクルートコミュニケーションズ 棚橋耕太郎
13:40~14:40 セッション3
 「量子コンピュータを利用した最適化の事例」
 講師:MDR(株) イーグル亜沙
14:50~15:50 セッション4
 「組合せ最適化による問題解決の実践的なアプローチ」
 講師:大阪大学 梅谷俊治
15:50~16:00 閉会挨拶
 (株)NTTデータ 中川慶一郎

参加費(税込)
(テキスト代込み)

正会員・賛助会員・協賛学会員5,000円,非会員20,000円,学生会員1,000円,学生非会員1,500円
※当日欠席された場合,参加費の返金はありません.後日テキストをご郵送します.

申込方法

以下の情報を明記のうえ,OR学会事務局へメール (jimukyoku@orsj.or.jp)でお申し込みください.


メールタイトル「2019年度第3回ORセミナー参加申込」
本文:①お名前(ふりがな),②ご所属,③会員種別(正会員/賛助会員/協賛学会員/非会員/学生会員/学生非会員),④参加費のお支払い予定日および振込依頼人名


*請求書・領収書が必要な場合は,送付先・宛名をお書き添えのうえ,ご連絡ください

申込および支払締切

2020年1月15日(水) ⇒ 2020年1月22日(水)に延長しました 

 定員に達したため受付は締め切りました(2020/1/17)

参加費振込先

みずほ銀行 根津支店(店番号235)普通1530801
口座名:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会
シヤ)ニホンオペレーシヨンズリサーチガツカイ

ORセミナー参加者特典

参加者のうち非会員と学生非会員の方は,入会金・2019年度および2020年度年会費の免除特典でご入会いただけます.ご希望の方は,参加申込メールに「ORセミナー参加者特典入会」希望の旨をお書き添えいただくとともに,入会申込ページよりお入会手続きをしてください.


(例)

非会員がORセミナー参加者特典を用いて2019年度の正会員に入会される場合:
非会員のORセミナーの参加費 20,000円

非会員がORセミナー参加者特典を用いて2019年度に正会員に入会され、2020年度に正会員を継続される場合:

非会員のORセミナーの参加費 20,000円


通常のご入会で,2019年度の正会員となり,セミナーに参加される場合:
正会員入会金1,500円+2019年度正会員年会費14,400円+正会員参加費5,000円=合計20,900円

通常のご入会で,2019年度の正会員となり,セミナーに参加され、2020年度に正会員を継続される場合:
正会員入会金1,500円+2019年度正会員年会費14,400円+2020年度正会員年会費14,400円+正会員参加費5,000円=合計35,300円

協賛学会

日本経営工学会(JIMA),日本品質管理学会(JSQC),日本信頼性学会(REAJ),研究・イノベーション学会(Jsrpim),日本設備管理学会(SOPE-J) ,経営情報学会(JASMIN),プロジェクトマネジメント学会(SPM)

参加申込・問合せ先

OR学会事務局 E-mail: jimukyoku@orsj.or.jp

ページトップへ戻る

2019年度 第2回
『データ分析最新事情~主な応用先をマーケティングとして~』
開催趣旨 研究普及委員会では,ORセミナーと企業事例交流会を主催しています.ORセミナーと企業事例交流会の際に,ORセミナーのテーマ,企業事例交流会の講演企業などについて,アンケートを受け付けています.アンケートでご要望が寄せられましたマーケティングに関するORセミナーを開催します.ご参加をご検討いただければ幸いです.

参 考

金明哲(編),里村卓也(著),『マーケティング・モデル 第2版』,共立出版,2015.
高速な大規模データ解析を実現するソフトウェアツールNYSOL,https://www.nysol.jp

日 時

2019年11月16日(土)10 : 00~16 : 30
会 場 (株)NTTデータ数理システム セミナールーム
(〒160–0016 東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館4階)

セミナー当日は JR 品川駅線路切換工事が予定されております。
https://www.jreast.co.jp/press/2019/tokyo/20190917_to01.pdf
信濃町駅への移動にも通常より時間がかかる可能性がありますので,
工事期間中の運転計画をご確認の上,時間に余裕を持ってお越し下さい。

定 員

50名(定員になり次第締め切らせていただきます.)
プログラム
(敬称略) 
10 : 00~10 : 05 開会挨拶
 松本和宏(コーディネータ,(株)富士通研究所)
10 : 05~11 : 15 セッション1
 「今さら聞けない混合モデル・トピックモデルの基礎と応用」
 講師:後藤正幸(早稲田大学)
11 : 25~12 : 00 セッション2-1
「NYSOLを活用したマーケティングにおけるデータ分析の基礎(前編)」 講師:中原孝信(専修大学)
13 : 00~13 : 35 セッション2-2
「NYSOLを活用したマーケティングにおけるデータ分析の基礎(後編)」 講師:中原孝信(専修大学)
13 : 45~14 : 55 セッション3
 「階層ベイズモデルによる消費者行動分析」
 講師:里村卓也(慶應義塾大学)
15 : 05~16 : 15 セッション4
 「Retty株式会社におけるマーケティングサイエンスの活用事例」
 講師:岩永二郎(Retty(株))
16 : 15~16 : 30 閉会挨拶,アンケート記入
 松本和宏(コーディネータ,(株)富士通研究所)

参加費(税込)
(テキスト代込み)

正会員・賛助会員・協賛学会員5,000円,非会員20,000円,学生会員1,000円,学生非会員1,500円
※当日欠席された場合,参加費の返金はありません.後日テキストをご郵送します.

申込方法

以下の情報を明記のうえ,OR学会事務局へメール (jimukyoku@orsj.or.jp)でお申し込みください.


メールタイトル「2019年度第2回ORセミナー参加申込」
本文:①お名前(ふりがな),②ご所属,③会員種別(正会員/賛助会員/協賛学会員/非会員/学生会員/学生非会員),④参加費のお支払い予定日および振込依頼人名


*請求書・領収書が必要な場合は,送付先・宛名をお書き添えのうえ,ご連絡ください

申込および支払締切

2019年10月28日(月)
受付は締め切りました(2019/10/31)

参加費振込先

みずほ銀行 根津支店(店番号235)普通1530801
口座名:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会
シヤ)ニホンオペレーシヨンズリサーチガツカイ

ORセミナー参加者特典

参加者のうち非会員と学生非会員の方は,入会金・2019年度および2020年度年会費の免除特典でご入会いただけます.ご希望の方は,参加申込メールに「ORセミナー参加者特典入会」希望の旨をお書き添えいただくとともに,入会申込ページよりお入会手続きをしてください.


(例)

非会員が個人正会員にご入会の場合:
非会員は20,000円の参加費をお支払いになることにより,「ORセミナー参加者」となります.


通常のご入会で,正会員となり,セミナーに参加の場合:
正会員入会金1,500円+2019年度正会員年会費14,400円+2020年度正会員年会費14,400円+正会員参加費5,000円=合計35,300円

協賛学会

日本経営工学会(JIMA),日本品質管理学会(JSQC),日本信頼性学会(REAJ),研究・イノベーション学会(Jsrpim),日本設備管理学会(SOPE-J) ,経営情報学会(JASMIN),プロジェクトマネジメント学会(SPM)

参加申込・問合せ先

OR学会事務局 E-mail: jimukyoku@orsj.or.jp

ページトップへ戻る
 

2019年度 第1回
『Python 言語によるビジネスアナリティクス』

セミナーの概要

実務家のための最適化・統計分析・機械学習などのオペレーションズ・リサーチの分野で必要となるツールの使い方をご紹介します.Python言語の文法を覚えた初学者にとって,デファクトスタンダードとなるライブラリを探す手間を省きます.Pythonのユーザーフレンドリーさと自由度の高さを体験しましょう.
参考書籍:
『Python言語によるビジネスアナリティクス』
『Pythonによる数理最適化入門』
『データ分析ライブラリーを用いた最適化モデルの作り方』

日 時

2019年5月18日(土)10 : 00~17 : 00

会 場

(株)構造計画研究所 本所新館(地下1階レクチャールーム)
〒164–0011 東京都中野区中央4–5–3
(東京メトロ丸の内線「新中野」駅1番出口 徒歩約1分)
http://www.kke.co.jp/corporate/map/tokyo2.html

コーディネーター (株)ビープラウド(以下BP)斉藤 努
司 会

東京海洋大学 久保幹雄

定員

50 名 定員に達したため受付は締め切りました(2019/4/9)

プログラム

10 : 00~10 : 10 セッション0「環境構築について」
講師:BP 斉藤 努

 

10 : 10~10 : 40 セッション1「対話型シェルIPythonとJupyter」
講師:東邦大学 並木 誠
インタラクティブに実行でき,記録・共有・再現に効果を発揮するIPythonの紹介

 

10 : 50~11 : 40 セッション2「データ分析」
講師:BP 斉藤 努
pandasによるデータ分析や可視化を紹介

 

11 : 40~12 : 20 セッション3「回帰分析」
講師:BP 斉藤 努
線形回帰,Ridge回帰,Lasso,Elastic Netなどを紹介

 

13 : 00~13 : 50 セッション4「機械学習」
講師:東邦大学 並木 誠
機械学習の代表的なPythonモジュール:scikit-learnの主な分析手法を紹介

 

14 : 00~14 : 50 セッション5「最適化と深層学習」
講師:東京海洋大学 久保幹雄
最適化問題を分類し,幾つかの代表的な最適化問題に整理するとともに,各最適化問題を解くためのソルバーとモデラーを紹介する.また深層学習の最新パッケージであるfastaiを紹介

 

15 : 00~15 : 40 セッション6「最適化~実践」
講師:東京海洋大学 久保幹雄
数理最適化ソルバー Gurobi, PuLP, 非線形最適化ソルバー OpenOptを統一的に使用するためのモジュール,ならびに制約最適化とスケジューリング最適化のためのモジュール(SCOP, OptSeq)を紹介

 

15 : 50~16 : 30 セッション7「ネットワークと動的最適化」
講師:東京理科大学 小林和博
グラフ・ネットワーク関連解析のためのモジュールであるNetworkXと動的計画の設計法を紹介

 

16 : 40~16 : 55 質問コーナーおよびアンケート記述
16 : 55~17 : 00 閉会挨拶 東京海洋大学 久保幹雄

参加費(税込)
(テキスト代込み)

正・賛助会員(協賛学会員を含む)5,000円,学生会員1,000円,学生非会員1,500円,非会員20,000円

※当日欠席された場合,参加費の返金はありません.後日テキストを郵送します.

ORセミナー参加者特典

一般,学生を問わず会員でない方は,入会金無料で入会でき(正会員/学生会員となる),2019年度の年会費が免除されます.


* 参加申込みメールに「ORセミナー参加者特典」利用による入会希望とお書き添えください.
また,同時に入会申込みページよりお手続きください.


(例)

非会員が個人正会員にご入会の場合:
非会員は20,000円の参加費をお支払いになることにより,「ORセミナー参加者」となります.
入会金, 2019年度正会員年会費は不要です.

 

通常のご入会で,正会員となり,セミナーに参加の場合:
正会員入会金1,500円+2019年度正会員年会費14,400円+正会員参加費5,000円
合計20,900円です.

申込方法

メールタイトル:「2019年度第1回ORセミナー参加申込」
本文:お名前,ご所属先,種別(正会員/賛助会員/協賛学会員/学生会員/学生非会員/非会員),お支払い予定日を記入してください.
メール送信先: 日本OR学会事務局 E-mail:jimukyoku@orsj.or.jp
*請求書・領収書が必要な場合は,送付先・宛名をお書き添えのうえ,ご連絡ください.

振込先 みずほ銀行根津支店(店番号235)普通1530801
口座名:公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会

申込み及び
お振込み締切

2019年4月22日(月)
定員に達したため受付は締め切りました
(2019/4/9)

協賛学会・依頼中

日本経営工学会(JIMA),日本品質管理学会(JSQC),日本信頼性学会(REAJ),研究・イノベーション学会(Jsrpim),日本設備管理学会(SOPE-J),経営情報学会(JASMIN),プロジェクトマネジメント学会(SPM)

ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー
日 程:2021/10/9(土)
場所:オンライ ン開催
テーマ:地理情 報システム入門
シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
開催終了しました。
日 程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
開催終了しました。
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。