【2016年1月24日(日)】 OR学会中部支部・関西支部共催講演会のお知らせ

OR学会中部支部・関西支部共催講演会を以下のように開催いたします. 皆さまのご参加をお待ちしております.
※参加をご希望の方は,こちらから参加登録をお願いします(当日飛び入り参加も可).
※昼食時の交流会に参加される方は必ずご登録ください

主催:日本OR学会中部支部・関西支部
日時:2016年1月24日(日) 10:00~15:00(9:15開場)
会場:勤労者福祉会館 臨湖 滋賀県長浜市港町4-9
    Tel. 0749-65-2120
    http://nagahama-rinko.info/

【プログラム】
9:10 開場

10:00-10:10
開会挨拶
金子美博(日本OR学会中部支部長,岐阜大学工学部准教授)

10:10-11:10
講演1「相補性を巡って」
福島雅夫(南山大学理工学部教授・京都大学名誉教授)

要旨:先日,講演者はMathematical Optimization Societyから Paul Y. Tseng Memorial Lectureshipという賞を授賞された.本講演では,講演者がかつてTseng教授と行った共同研究を振返りながら,相補性(complementarity)に関連する諸問題について紹介する.

11:10-11:20
休憩

11:20-12:20
講演2「一期一会の数理と災害時情報通信技術」
巳波弘佳(関西学院大学理工学部教授)

要旨:一生の間に一回しか遭遇しない人の割合はどれくらいだろうか? 頻繁に会う人とはどれくらいの頻度で会っているだろうか?実際に観測してみると興味深い性質が見えてくる.これまでに,遭遇頻度分布がべき乗則にしたがうことを発見し,その観測事実を説明できる自然な数理モデルを与えた.また,この知見を,災害時の情報通信技術の一つである蓄積搬送型通信に応用することで,性能向上を図った.本講演では,人と人の出会いに潜む数理とその応用について紹介する.

12:20-13:30
交流会: 多喜港店 長浜市港町1-12
      Tel. 0749-65-0733
      http://tabelog.com/shiga/A2504/A250402/25002092/

13:30-14:30
講演3「レクトリニア図形のパッキング」
柳浦睦憲(名古屋大学情報文化学部教授)

要旨:レクトリニア図形,すなわち垂直線分と水平線分で表現できる多角形のパッキング問題を考える.レクトリニア図形のパッキングは,たとえば,箱の生産において展開図の形状を無駄なく切り出すというような直接的な応用をはじめ,線分を細かくすることで様々な図形を近似的に表現できるため,幅広い応用を持つ.本講演では,この問題に対する構築型アルゴリズム等,最近の成果を紹介する.

14:30-14:50
自由討論

14:50-15:00
閉会挨拶
岳五一(日本OR学会関西支部長,甲南大学知能情報学部教授)

【12月19日(土)】 OR学会中部支部講演会のお知らせ

OR学会中部支部講演会を以下のように開催いたします. 皆さまのご参加をお待ちしております.

日時 : 2015年12月19日(土)13:30~19:00
場所 : ウインクあいち15階 愛知県立大学サテライトキャンパス
     〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
     http://www.winc-aichi.jp/access/

プログラム
13:30~15:00  「ビンパッキング問題」
           講師:藤原洋志先生(信州大学)
15:15~16:45  「江戸の天文暦学研究に見る学際的環境と継承の風土」
           講師:鳴海 風先生(歴史作家 関孝和数学研究所)
17:00~19:00  懇親会

事前の申込みは不要です.また,聴講は無料です.非会員の方も聴講できます.懇親会につきましてはのちほど案内させていただきます.

—————————–
藤原先生 講演内容
ビンパッキング問題は,与えられたアイテム集合に対し,各アイテムを均一な容量を持つビンのいずれかに詰めるという制約のもと,用いるビンの数を最小化することを目的とする組合せ最適化問題である.本講演では,各アイテムの行き先を1つずつ順次決定するオンラインアルゴリズムの研究について解説する.また講演者は信州大学工学部においてビンパッキング問題を題材とした講義・演習を行っており,これについても紹介する.

鳴海先生 講演内容
最先端の研究には異分野の専門家が交流する環境が必要だと言われるが,江戸時代の天文暦学の研究にも似た状況があった.さらに,研究に長期間を要する場合,師から弟子,あるいは親から子へと研究は継承された.グローバル時代になって日本の環境は大きく変わってきたが,不足している資源を輸入して国内で付加価値をつけて世界でビジネスを展開するという構図は当面変わらない.付加価値の源泉は技術であり,そのためには研究開発にいっそう注力しなければならない.江戸時代の天文暦学研究がなぜ必要だったか,そこで活躍した多彩な人たちと(特に開発者や技術者が)共感を呼ぶ生き方を紹介する.

第12回日本OR学会中部支部シンポジウム ルポ

2015年9月19日(土)に、ウインクあいちの愛知県立大学サテライトキャンパスにおいて、第12回OR学会中部支部シンポジウムが「航空機の保全設計技術とOR」をテーマに、35名の参加者を迎えて開催された。中部地区は「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」であり、日本の航空機・部品生産額の約5割、航空機体部品では7割以上を生産している。本シンポジウムでは航空産業で、国際競争の最前線で発展していける技術分野として複合材をテーマに3名の講師に、航空機に複合材がどのように適用されてきたか、また最新の複合材の紹介、これらの保全設計はどのようになされているか、オペレーションズ・リサーチとの関連を踏まえた保全方策について、ご講演をいただいた。

一人目の講演者の伊牟田 守 氏(岐阜県研究開発財団)は、「航空機における複合材料の適用と課題」

二人目の講演者の馬場 俊一 氏(サンワトレーディング株式会社 代表取締役)は、「連続繊維熱可塑材料(CFRTP,GFRTP)の成形法と用途」

三人目の講演者の伊藤 弘道 氏(金城学院大学 消費生活科学研究所)は、「民間航空機の保全や設計に関するORモデル」

一人目の講演者の伊牟田 守 氏(岐阜県研究開発財団)は、航空機用複合素材とは何か、その適用動向について、解説をいただいた。複合材料とは2種以上の素材を人為的に組み合わせて、もとの素材よりも優れた性質または新しい性質をもつように創造された材料である。これは繊維に樹脂を含浸させた半硬化状態の材料形態からオートクレーブという方法(加熱や加圧)を行うことにより成形され、航空機の胴体や主翼に適用される。その性質について、重さは鉄の4分の1、強度は鉄の10倍あり、燃えにくく耐熱性もある。その他、航空機に最適な性質として良好な耐食性(客室内湿度の増加)や高い疲労強度(整備間隔の延長(従来比2倍))があることのことだった。一方、この複合材料の適用拡大のための課題の一つとして信頼性向上が挙げられていた。複合材料は衝撃があった場合、一見、損傷がないようにみえても、内部で損傷していることがあり、目視の点検では困難である。そこで、超音波非破壊検査や光ファイバ等のセンサを神経系として複合材料に埋め込み、自己の健康状態を診断する技術が紹介された。これらの検査について点検間隔や診断間隔などオペレーションズ・リサーチ(OR)との関連を踏まえた保全方策の提案ができるのではと感じた。

二人目の講演者の馬場 俊一 氏(サンワトレーディング株式会社 代表取締役)は、複合材料の具体的な事例について解説された。1番目の講演で解説されたように複合材料とは、繊維に樹脂を含浸させた半硬化状態の材料から成形されるが、そこで使われる樹脂は2種類存在し、熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂とある。それぞれ製造工程における利点・欠点が存在し、主に前者は成形温度が低く、複雑な成形が可能であるが、成形サイクルが長く、冷凍保管が必要であり、後者は成形サイクルが60秒という短さで、常温で保管できるが、成形温度が高く、複雑な成形には不適であるとのことだった。ここでは主に後者の熱可塑性樹脂を含浸させた繊維材料の成形方法について紹介された。具体的にはダイヤフラム成形、プレス成形、折り紙、Welding、圧縮成形、ハイブリッド成形を図解で分かりやすく紹介され、これらの成形を経て、航空機の胴体のほか、スポーツシューズの裏地、スノーボードや競技自転車など激しいスポーツで使われるヘルメットにも適用されているとのことだった。どの成形方法を適用するかはコストも関係しているようで、例えば、コストを最小にするような成形方法の提案などORの手法による提案ができるのではと感じた。

三人目の講演者の伊藤 弘道 氏(金城学院大学 消費生活科学研究所)は、航空機の予防保全におけるORモデルについて解説された。航空機の部品点数は約300万点になり、これらの部品はエンジンや空気の乱流による振動、離着陸の衝撃による荷重を受け、クラックなどのダメージが発生・成長するため、これらの疲労限度を考慮した予防保全が不可欠である。これらすべての部品の点検と保全を毎回行うことは不可能なため、空港できる操縦系統や動力系統の簡単な点検などの予防保全(Aチェック、Bチェック)、ハブ空港などで航空機機体の一部を分解し、点検する予防保全(Cチェック)、機体を完全に分解してオーバーホールする予防保全(Dチェック)の4種類に分けて予防保全が行われる。この4種類の予防保全方策にオペレーションズ・リサーチの保全方策理論の一つであるImperfect Maintenance Modelを適用し、コストを最小にする4種類の最適な保全時期について解説された。また、運用による収益と航空機の売却益による「利益」と予防保全費用や事後保全費用などの「損失」を考慮した航空機の運用打ち切り方策、さらに機体に発生するクラックや腐食などを検査で見つけ、ある一定レベルを越えた場合に保全する方策についても事例を挙げながら解説された。ORの有用性を感じる講演であった。

今回は様々な分野の専門家が、それぞれの立場で問題点を見つけ、それを解決するための技術について紹介をしていただいたが、他分野の技術を知ることで、新たな問題を見つけ、解決法を探求することの重要性を再認識する講演であった。

ルポ担当:岐阜市立女子短期大学 木村 充位

【10月23日(金)】 OR学会中部支部研究会のお知らせ

OR学会中部支部研究会を以下のように開催いたします. 皆さまのご参加をお待ちしております.

● 日程 :2015年10月23 (金) 14:30~

● 場所 :名古屋大学 東山キャンパス 情報科学研究科棟 322セミナー室

● 講演者,講演題目 :

・14:30~15:20
今堀 慎治 「図形配置問題に対する高性能アルゴリズムの開発」

・15:30~16:20
仁尾 都 「複雑な図形を自由角度でstrip nestingするための物理シミュレーション手法」

 

【6月13日(土)】 OR学会中部支部講演会のお知らせ

OR学会中部支部講演会を以下のように開催いたします. 皆さまのご参加をお待ちしております.

日時 : 2015年6月13日(土) 14:00~16:15
場所 : 名古屋工業大学2号館7階701B会議室(正門を通り正面に見える建物)
http://www.nitech.ac.jp/access/campusmap.html

スケジュール :
14:00~15:00  「鉄道スケジューリング3例 -定式化と割り切り方-」 脇坂 賢 (鳥羽商船高等専門学校)

15:15~16:15  「ケモインフォマティックスとOR -自動分子構造推定に向けて -」 小市 俊悟 (南山大学)

研究会終了後,鶴舞近辺で懇親会を予定しています.