第44回日本OR学会中部支部研究発表会の発表者募集

第44回日本OR学会中部支部研究発表会の発表者募集

(1)研究発表会の日程・会場
日時: 2017年3月4日 (土) 13:00-16:00(予定)
場所 ウインクあいち 15階 愛知県立大学サテライトキャンパス
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

(2)重要日程
発表申し込み期日:2017年1月20日(金)
発表原稿提出期日:2017年2月17日(金)

(3)発表について
・発表は質疑応答を含めて約15分を予定しておりますが,申し込み件数に応じて
発表時間や研究発表会終了時刻が若干変更になる場合があります.あらかじめご
了承下さい.

・発表資格は論文著者(ファーストオーサー,連名者)のいずれかがOR学会中部
支部会員であることです.

(4)学生表彰について
これまで同様,学生表彰(中部支部研究発表会学生論文賞)を計画しています.

(5)発表申し込み方法
発表を希望される方は,件名を「第44回中部支部研究発表会申し込み」として,
1) 発表題目
2) 著者氏名と所属
3) 発表者氏名
4) 連絡先 E-mailアドレス,電話番号
を明記の上,下の発表申し込み用E-mailアドレスまでお送り下さい(1月20日(金)締切).

申し込まれた方には必ずこちらから受付確認メールを送付しますのでご確認をお願いします.

(6)発表原稿書式
発表原稿は下記の書式に従って用意して下さい.
・A4サイズ4ページ以内,天地左右のマージン各20mm以上.
・題名の後に,氏名,所属,住所,E-mailアドレスを記載.

(7)発表原稿の送付
発表原稿を PDF ファイルで作成し,件名を「第44回中部支部研究発表会
発表原稿」として下記送付先までE-mailに添付してお送り下さい(2月17日(金)締切).

なお,PDFファイルを作成する際には以下の点にご注意下さい.

・使用したフォントは全て埋め込んで下さい.
埋め込まれていないフォントがひとつでもあると印刷時に文字化け等の問題が生じる

可能性が高くなってしまい,たとえば数式中の文字が他の文字に置き換わるという
大きな問題も生じ得ますので,ご注意願います.

フォントが埋め込まれているか否かの確認方法は以下のようになります.

Adobe のAcrobat あるいはReader でPDF ファイルを開き,
「ファイル」→「プロパティ」→「フォント」タブを選ぶ.
表示された一覧において「埋め込み」あるいは「埋め込みサブセット」
と記されているフォントは埋め込まれている.
そうでないものは埋め込まれていない.

・ファイルサイズはおおむね1MB以下にして下さい.
・ページ番号を入れないでください.
・モノクロ印刷を前提に作成してください.

(8)発表申し込み・発表原稿送付・問合せ先
愛知学泉大学現代マネジメント学部 今泉充啓
imaizumi[at]gakusen.ac.jp

C3POセミナー #2

□日時:2016年12月22日(木)午後3時~

場所:愛知県立大学長久手キャンパス C001教室C107教室
http://www.aichi-pu.ac.jp/access/

□講演タイトル:敵行動推論(Adversarial Reasoning)を目指して— RoboCup小型リーグにおける検討 —

□講演者:成瀬正教授(愛知県立大学)

□講演概要:
RoboicsとAIの融合を目指してロボカッププロジェクトが行われている.我々は,その中で小型の自律移動ロボットを用いてサッカーを行う小型ロボットリーグに参加している.我々は,現在,敵行動の推論を目指して種々の試みを行っている.本講演では,これまでに我々が検討してきた主な課題,–優勢領域の実時間計算,安全領域指標,軌道ログからの行動検出,行動パターンの類別など–,について紹介するとともに,現在進めている行動系列を用いた行動パターン分類について議論する.

□問合せ先: 奥田隆史 (愛知県立大学) okuda@ist.aichi-pu.ac.jp

□「C3PO」:「C」は中部支部,「3P」は午後3時,「O」はオペレーションズ・リサーチを意味しています.

C3POセミナー #1

□日時:2016年12月20日(火)午後3時~

□場所:愛知県立大学長久手キャンパス H004教室S201教室
http://www.aichi-pu.ac.jp/access/

□講演タイトル:マルチエージェント・シミュレーションの応用とこれから

□講演者:玉田 正樹さま(株式会社 構造計画研究所 名古屋支社)

□講演概要:
シミュレーションを研究だけでなく,現実もしくは未来の問題解決に役立てようという試みが増えてきています.自動運転車が走る未来社会を創造するための交通シミュレーション,Webマーケティングを実店舗で実現するための屋内空間マッピングとモデリング,前回報告した細胞培養シミュレータ開発のその後について話題提供します.また,7/1にバージョンアップしたartisoc4.0についてご報告します.

□問合せ先: 奥田隆史 (愛知県立大学) okuda@ist.aichi-pu.ac.jp

□「C3PO」について:「C」は中部支部,「3P」は午後3時,「O」はオペレーションズ・リサーチを意味しています.

OR学会中部支部講演会(2016年度第2回) ルポ

2016年12月3日(土)に,愛知県立大学サテライトキャンパスにおいて,OR学会中部支部講演会(2016年度第2回)が34名の参加者を迎えて開催された.

1人目の講演者の平尾将剛氏(愛知県立大学・情報科学部)からは,講演題目「行列式点過程を用いた数値積分法とその応用」の下,イントロダクションとして数値積分法をはじめ多岐に渡る応用を持つ球面デザイン,球面デザインと準モンテカルロ法との関係性についての解説があった.

イントロダクションの後,近年活発に研究されている点過程のひとつである行列式点過程,行列式点過程から準モンテカルロデザイン系列が生成できることを紹介していただいた.

さらに情報圧縮,生物科学,携帯電話の基地局配置問題への可能性にも言及された.今後のますます研究の要請が高まる研究対象であることが平尾氏の講演を通じて十分に分かる内容であった.

2人目の講演者の伊藤真理(東京理科大学・理工学部) からは,講演題目「医療分野のスケジューリング問題に対するオペレーションズ・リサーチの適用」の下,医療分野のスケジューリング問題に対してオペレーションズ・リサーチの数理計画法を用いてどう解決したかを,幾つかの事例を丁寧に解説していただいた.

具体的には,受診者がどの順番で検査するかという検査順序を決定する人間ドックのスケジューリング問題,どの手術室でいつ手術を開始するかを決定する手術室のスケジューリング問題,どの場所でいつ採血をどれだけの量行うかを決定する採血のスケジューリング問題などであった.

講演の最後には,医療分野の問題をオペレーションズ・リサーチの問題として定式化するためには,医療分野の方々とのコミニュケーションの大切さに触れられた.会場の学生,若い研究者に対して,刺激的なメッセージにになったと思われる.今回,伊藤氏の紹介された一連の研究成果は,我が国の抱える医療に関する課題への応用が期待できる内容であった.

【2016年12月3日(土)】日本OR学会 2016年度第2回支部講演会のお知らせ

★第2回支部講演会★
日時:2016年12月03日(土)13:30-16:45
場所:愛知県立大学サテライトキャンパス(ウインクあいち15階)
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38

■講演1 13:30~15:00
講演題目:行列式点過程を用いた数値積分法とその応用
講師:愛知県立大学 情報科学部 平尾将剛先生

概要:球面上の積分を考える.球面デザインとは,ある次数以下の多項式の積分値を球面上の有限個の点での重み付き平均として正確にとることができる性質の良い有限集合のことである.球面デザインは数値積分法をはじめ多岐に渡る応用を持つ.

近年,Brauchart et al (2014) は球上の準モンテカルロデザイン系列の構成問題を提案した.これは球面デザインに準モンテカルロ法のアイデアを適用したものであり,より高速な誤差の収束を実現する球面上の点列を探索・構成する問題である.

本講演では,近年活発に研究されている点過程のひとつである行列式点過程を紹介し,行列式点過程から準モンテカルロデザイン系列が生成できることを紹介する.また,球面以外の多様体上における取り組みや,それらを用いた応用についても述べる.

■講演2 15:15~16:45
講演題目:医療分野のスケジューリング問題に対するオペレーションズ・リサーチの適用講師:東京理科大学 理工学部 伊藤真理先生

概要:医療分野のスケジューリング問題に対してオペレーションズ・リサーチの数理計画法を用いてどう解決したかを紹介する.たとえば,受診者がどの順番で検査するかという検査順序を決定する人間ドックのスケジューリング問題,どの手術室でいつ手術を開始するかを決定する手術室のスケジューリング問題,どの場所でいつ採血をどれだけの量行うかを決定する採血のスケジューリング問題などがある.本講演では,これらのスケジューリング問題の一例を取り上げ,その問題の解決方法や最近の成果,今後の展望を紹介する.

■懇親会
講演会終了後(17:30~),会場周辺にてにて懇親会(会費5000円)を計画しています.
懇親会に参加される方は,会場予約の都合上,下記の事前申し込みを必ずご利用ください.多くの皆さまのご参加をお待ちしております.

■講演申し込み方法
本ページ最下部の申し込みフォームよりお申し込みください(締切11月30日(水)).
講演会は当日参加も可能てすが,準備の都合上,できるだけ事前申し込みにこ協力ください.なお,懇親会に参加される方は,席の確保のため,事前申し込みを必すお願いします.

■問い合わせ先
メールでのお問い合わせは, 中部支部支部長 奥田隆史(okuda@ist.aichi-pu.ac.jp)まで,お願いします.

・お名前 (必須)
  

・ご所属 (必須)(学生の場合は学部名まで)
  

・役職(学生の場合は学年)
  

・メールアドレス (必須)
  

  上記のアドレスに「WordPress」から確認のメールを送付します

・懇親会の出欠 (必須)
  1.出席2.欠席
  該当するものにチェックを付けてください
  予定が変わった方は再登録してください

会場予約の連絡のため,11月30日までにご連絡ください.

OR学会中部支部
支部長 奥田

 

1 7 8 9 10 11 12 13 14 15 38