第 5 回日本 OR 学会中部支部シンポジウムのご案内

第5回日本OR学会中部支部シンポジウム「インターネット時代のゲーム理論」開催のご案内

下記の通り, 第5回日本OR学会中部支部シンポジウム「インターネット時代の
ゲーム理論」を開催致します。多くの皆様方のご参加をお待ちしております.

■ 概要

Webページ :http://coconut.sys.eng.shizuoka.ac.jp/sympo08/
日時   :2008年9月5日(金)13:10-16:50
会場   :第二豊田ビル(西館)8階第1会議室(愛知県名古屋市)
参加費  :無料

■ プログラム

・ 13:10-13:15 開会挨拶
・ 13:15-14:00 講演1
    「無秩序の代償(price of anarchy)の理論入門」
    伊藤大雄氏(京都大学)
・ 14:10-14:55 講演2
    ナッシュ均衡計算の複雑さ
    岡本吉央氏(東京工業大学)
・ 15:05-15:50 講演3
    インターネットオークションの理論 (基礎)
    渡辺隆裕氏(首都大学東京)
・ 16:00-16:45 講演4
    インターネットオークションの理論 (応用)
    横尾真氏(九州大学)
・ 16:45-16:50 閉会挨拶

■ 参加お申込み

シンポジウムへの参加の当日受け付けは可能ですが,参加人数把握のため,出来
る限り事前に申し込みをお願いします.下記問い合せ先まで E-mail でお申し込み下さい.

■ 懇親会

 シンポジウム終了後に懇親会を予定しております。懇親会は会場予約の都合
上,事前申し込みとさせていただきます.懇親会に参加を希望される方は、2008
年8月31日(日)までに、安藤和敏(ando[at]sys.eng.shizuoka.ac.jp) 宛のE-mailで
お申し込み下さい. 折り返し、確認のE-mailを送信致します。

■ 問合せ先

  静岡大学工学部 安藤和敏
  TEL/FAX: 053-478-1263
  E-mail: ando[at]sys.eng.shizuoka.ac.jp

日本OR学会中部支部ニュース平成20年度第2号

平成20年5月14日発行

<内容>

  1. 中部支部講演会のご案内
  2. 懇親会ご案内

中部支部の大先輩のお二人をお迎えし,下記に従いOR学会中部支部講演会を開催いたします.
お二人は,支部の方々であればどなたもご存じではないかと思いますが,支部長を歴任され,中部支部を草分けの時代から支え発展させてこられました.このたび,現役をお引きになられるとのことで,この機会に今までの経験談,教訓,OR 観等をお伺いし,今後の支部活動の糧にしたいと考えています.

また,講演会後には,お二人を囲み,懇親の時間をもちたいと思います.思い出深い方々から若い支部会員の方々まで,多数の方々にご参加頂きたく,ご案内申し上げます.
なお,懇親会に参加される御予定の方は,会場の都合上,講演会前日までに、問い合わせ先までご連絡下さい.

  1. 日本OR学会中部支部講演会ご案内
     日 時:平成20年6月21日(土)15時15分~17時30分
     会 場:中部品質管理協会 第1研修室(第二豊田ビル西館8階)
         〒450-0002名古屋市中村区名駅四丁目10番27号
         電話番号 052-581-9841

    15時15分~16時15分

    講演者:日比野 康文氏(元・愛知学院大学経営学部教授)
    講演題目:ORと共に
    講演概要:小生のORとの結びつきは、1965年ごろ、支部の研究会への参加から始まったと言えます。支部長の小野先生の勧めで、支部の研究会に顔を出したのが始まりです。会員となり、支部の研究会から、全国大会の研究会へと結びつきは拡がりました。
    支部の研究会と全国大会とではかなりの違いを感じました。支部の研究会は会社関係の方々が多く、身近の問題が多く出され、全国大会は大学関係の方々が多く、理論的(モデル論)な面が強調されていたと思います。今もこの傾向が続いているのでは。
    支部の研究会では身近の問題がいろいろと出され、ORの問題解決に直面、教えられることが多く、興味を引きました。
    いろいろと会社の事情があり、最近は会社関係の参加者が減り、身近な問題があまり出てきません。もう問題がすべて出尽くしたのでしょうか? このような感想をいまは思っています。

    16時30分~17時30分

    講演者:岩田 怜氏 (株式会社メイテツコム相談役)
    講演題目:OR雑感
    講演概要:今春、学会を退会し、今年の6月をもちまして弊社の常勤役員を退くこととなりました。昭和46年頃に入会して以来約37年という年月が経ちましたが、その間OR学会を通して色々なことを学び、そして色々な人との出会いがあり、これまでの私の人生の中でORと関わってきて本当に良かったと思っています。
    このたび、お話しをする機会をいただきましたので、私がOR学会を通じて出会った人たちとのエピソードや思い出話し、在職中に取り組んだ数々の企業のOR問題など、そして終わりに私のこれからの生き様、趣味などをお話ししたいと思っています。

    6月から大半を奥美濃の山の方で生活する予定ですので、これからお目にかかる機会が少なくなるかと思いますが、奥美濃の方にお越しの際は、是非私の山の家にお立ち寄りください。

  2. 懇親会
    日 時:平成20年6月21日(土)18時00分~20時00分
    場所:名古屋マリオットアソシアホテル 15階「パーゴラ」
      ※ 講演終了後,歩いて向かいます.15分程度かかる予定です.
     〒450-0002 名古屋市中村区名駅1-1-4 TEL:052-584-1140
    会費:5,500円
    申込み締め切り:6月13日(金)
    申込み先:中部品質管理協会 安田宛
       TEL:052-581-9841  FAX:052-565-1205
       E-mail:yasuda[at]cjqca.com

<会員の皆様へ事務局よりお願い>
今後、支部ニュースをEメールにて送付したいと思いますので、Eメールアドレスをお持ちの方は、中部品質管理協会内 日本OR学会中部支部事務局 榊原までアドレス登録のご連絡をよろしくお願い致します。

日本OR学会中部支部ニュース平成20年度第1号

平成20年2月21日発行

<内容>

  1. 2008年度日本OR学会中部支部・中部OR研究会  総会の開催
  2. 第35回中部支部研究発表会のプログラム
  3. 懇親会ご案内

————————————————————————

  1. 日本OR学会中部支部・中部OR研究会 総会ご案内
     日 時:平成20年3月15日(土)13時15分~13時45分
     会 場:中部品質管理協会 第1研修室(第二豊田ビル西館8階)
         〒450-0002名古屋市中村区名駅四丁目10番27号
         電話番号 052-581-9841
         http://www.cjqca.com
     議 題
      (審 議)
     (1)2007年度 事業報告
     (2)2007年度 決算報告
     (3)2008年度 事業計画
     (4)2008年度 予算
     (5)2008~2009年度 役員選出 
     (6)その他
  2. 第35回中部支部研究発表会のプログラム
     日 時:平成20年3月15日(土)14時00分~17時00分
     会 場:中部品質管理協会 第1研修室(第二豊田ビル西館8階)

    ——————————

    1.(14:00~14:15) 南山大学における一般入学試験連絡員の自動割当てシステムの作成
    ○星田紀幸,鈴木敦夫(南山大学)

    2.(14:15~14:30) 地震注意報発令時における南山大学名古屋キャンパスの避難モデル-地下鉄の混雑度を考慮して-
    ○佐藤一臣,○富田亮一,伏見正則(南山大学)

    3.(14:30~14:45) 時間依存型最短路問題に対するA*アルゴリズム
    ○冠者徹也,中出康一(名古屋工業大学)

    4.(14:45~15:00) M/G/1待ち行列における待ち時間情報の効果
    ○福本武,中出康一(名古屋工業大学)
    ——————————
    休憩(10分)
    ——————————
    5.(15:10~15:25) 研究発表会プログラムの自動作成 -OR学会研究発表会を例として
    ○藤井靖大,佐々木美裕(南山大学)

    6.(15:25~15:40) 道路交通容量を考慮した最短経路数え上げ問題 ~ 名古屋市内の渋滞分析 ~
    ○木下龍一,佐々木美裕(南山大学)

    7.(15:40~15:55) インターンシップ就業体験報告会のスケジューリング問題について-スケジュール自動生成システムの試作
    藤下奈穂,藤原加七絵,山田香,○鈴木敦夫(南山大学)

    8.(15:55~16:10) 審査員割当のためのソフトウェア「江戸っ子」の開発を通して
    金子美博(岐阜大学)
    ——————————
    休憩(5分)
    ——————————
    9.(16:15~16:30) 混合品種フリーフローラインにおける製品投入順序付け問題の研究
    ○西川草太,田村隆善(名古屋工業大学),大野勝久(愛知工業大学)

    10.(16:30~16:45) 混合品種組立ラインの性能評価に関する研究
    ○斉藤和也,田村隆善(名古屋工業大学)

    11.(16:45~17:00) 同質性・整分離性・妥当性を評価するFuzzy c-meansモデル
    ○春名 亮,桑野裕昭(金沢学院大学)
    ——————————

  3. 懇親会
     日 時:平成20年3月15日(土)17時30分~19時30分
     場 所:名古屋マリオットアソシアホテル 15階「パーゴラ」 
       〒450-0002 名古屋市中村区名駅1-1-4 TEL:052-584-1140
     会費:5,000円
     申込み締め切り:3月7日(金)
     申込み先:中部品質管理協会 安田宛
       TEL:052-581-9841  FAX:052-565-1205
       E-mail:yasuda[at]cjqca.com

日本OR学会中部支部ニュース 平成19年度 第5号

平成19年12月20日

内容

[1]中部支部第1回支部研究会のご案内
[2]第35回中部支部研究発表会の募集案内


[1] 中部支部第1回支部研究会のご案内
日時:2008年1月26日(土) 午後15時30分~17時
場所:中部品質管理協会内 第1研修室
   名古屋市中村区名駅四丁目10番27号(第2豊田ビル西館8階)
   電話番号 052-581-9841

講師:大鑄 史男 先生 (名古屋工業大学)
講演題目:マルティエージェント・セルオートマトン法による緊急時歩行者流動のシミュレーター作成
講演概要:
 火災時等の緊急避難時に於ける避難流動のシミュレーター作成について紹介します.マルティエージェント・セルオートマトン法を利用することで,歩行者一人一人の個性,施設内の様々な障害物配置,出口配置,避難誘導員の人数や配置等を容易に組み込むことが出来,これらが避難流動に及ぼす影響を見ることが出来ます.
 本講演では,このようなシミュレーター作成に於ける考え方といくつかのアニメーションを,講師が勤務する大学の校舎内に於ける避難流動のアニメーションも含め紹介します.
 さらに,避難時でない状況での歩行者流動のシュミレーションを,実測データーとの比較と合わせて示します.
 これらのことによって,マルティエージェント的なシミュレーションの可能性を感じていただければ幸いです.

[2] 第35回中部支部研究発表会の募集案内
今年度も支部研究発表会の時期となりました。そこで、以下の要領で発表者の募集を行います。発表を考えていらっしゃる方々は、ご準備のほど、よろしくお願いいたします。
多数のご発表をお待ちしております。

(1)日時:2007年3月15日(土)午後14時~17時
(2)場所:中部品質管理協会内 第1研修室
 名古屋市中村区名駅四丁目10番27号(第2豊田ビル西館8階)
  電話番号 052-581-9841

(3)発表申し込み締め切り:2008年2月15日(金)
  発表をご希望の方は,
  発表題目,発表者,共同著者等,所属,e-mailを
   taji[at]nuem.nagoya-u.ac.jp
  へお知らせください.
  発表時間は,おおむね質疑応答を含めて約15-20分を予定しています.
  多数の発表のご協力をお願いいたします.

(4)発表原稿締め切り:2007年2月22日(金)

(5)書式:原稿はA4サイズ4枚以内,天地左右のマージン各20mm以上.
  題名の後に,氏名,所属,住所,Eメールアドレスを記載すること.

(6)電子原稿:PDFに限ります.以下の点にご注意下さい.
  ・使用したフォントは全て埋め込んで下さい.
  ・ファイルサイズはおおむね1MB以下にして下さい.

(7)原稿送付先:(電子原稿による送付に協力御願いします)
  〒464-8603 名古屋市千種区不老町
  名古屋大学大学院工学研究科機械理工学専攻
  田地 宏一 (たぢ こういち)e-mail:taji[at]nuem.nagoya-u.ac.jp

問合わせ先:日本OR学会中部支部 事務局 安田・榊原
      電話番号 052-581-9841

<会員の皆様へ事務局よりお願い>
今後、支部ニュースをEメールにて送付したいと思いますので、Eメールアドレスを
お持ちの方は、中部品質管理協会内 日本OR学会中部支部事務局 
榊原(rie.sakakibara[at]cjqca.com)までアドレス登録のご連絡をよろしくお願い致します。

1 28 29 30 31 32 33 34 35 36 38