日本OR学会中部支部ニュース 平成19年度 第4号

平成19年11月6日発行

内容

[1]日本OR学会中部支部・中部OR研究会 (共催) 講演会のご案内
[2]懇親会兼忘年会のご案内


[1]日本OR学会中部支部・中部OR研究会(共催)講演会
 後 援 : 社団法人中部産業連盟, 中部品質管理協会
 日 時 : 平成19年12月15日(土)14時30分~16時30分
 会 場 : 中部品質管理協会 第1研修室(第二豊田ビル西館8階)
     〒450-0002名古屋市中村区名駅四丁目10番27号
     電話番号 052-581-9841

講演題目: マーケティング・データ解析の潮流
 講師:生田目 崇 先生 (専修大学 商学部 准教授)
 資料:プレゼンテーション資料(PDF版)
 概要:  マーケティングに関するデータ分析は,過去,多変量解析を中心として発展してきたが,実際にはORにとっても重要なアプリケーションである.この背景には,マーケティング分析に関するデータがより大規模かつより精緻化されてきており,それに対応する分析としては,データマイニングを代表とする大規模データ分析手法の確立がある.これにはORをはじめ,人工知能や情報工学など広範囲の学術分野が関係する.

 ORにとってマーケティングが魅力あるアプリケーションであることは,アメリカのINFORMSではMarketing Scienceが発行されており,数理モデルをはじめ,数多くの質の高い成果が報告されていることからも伺い知れる.日本においてもOR研究者にとってマーケティング研究は非常に魅力的であろう.

 実際にマーケティング研究を進める上では,実際の市場データが重要である.OR学会では約15年にわたり,マーケティングに関する研究部会を開催してきた.その大きな特徴は,産学連携で行うデータ解析コンペティションである.このコンペティションは共通の実データを提供し,分析手法や結果・得られる知見を
発表しあうものである.コンペティション活動からは,これまで論文や研究発表など数多くのの成果を上げてきている.これまでに提供されたデータは例えば以下のようなものである.

  • 小売業のPOSデータ,ID付POSデータ
  • 金融機関の取引データ
  • エネルギー消費データ
  • 食卓メニューデータ
  • ウェブアクセスログデータ

本コンペティションは最近では50チーム程度が参加し,活発に活動している.本年度はオークションデータをご提供いただき現在各チームによる発表が続けられている.

 本講演では,マーケティング分野における分析の潮流について概観し,ORとのかかわりについて述べる.また,上記のコンペティションについて触れ,産学連携のあり方とその成果についてご報告する.

講演会終了後に、懇親会兼忘年会を開催いたします。
参加される方は、下記の申し込み先まで予めご連絡をお願いいたします。

[2]懇親会兼忘年会
日 時:平成19年12月15日(土)17時から18時45分
場 所:名古屋マリオットアソシアホテル 15階「パーゴラ」 
   〒450-0002 名古屋市中村区名駅1-1-4 TEL:052-584-1140
会 費:6,000円
申込み締め切り:12月7日(金)
申込み先:中部品質管理協会 安田宛
   TEL:052-581-9841  FAX:052-565-1205
   E-mail:yasuda[at]cjqca.com

企業事例交流会

開催日:平成18年9月12日(火)
場所:愛知大学車道(くるまみち)校舎
テーマ 「ものづくりとOR」

プログラム

■第1セッション:コメンテータ=仁科 健氏(名古屋工業大学)

9:30-10:05 酒井 浩久氏(トヨタ自動車(株) グローバル生産推進センター)
    「トヨタのグローバル化と人材育成」

10:05-10:40 吉野 睦氏((株)デンソー 生産技術開発部)
    「品質管理関係?タイトル未定」

■第2セッション:コメンテータ=森 雅俊氏(愛知産業大学)

10:50-11:25 宗平 順己氏(㈱オージス総研 技術部ソフトウェア工学センター)
    「BSCによる戦略と情報システムの整合化」

11:25-12:00 中野 冠氏(㈱豊田中央研究所):
    「「ものづくり」における意思決定のための情報技術」

■第3セッション:コメンテータ=大野 勝久(愛知工業大学)

14:40-15:15 谷崎 隆士氏((株)住友金属小倉 IEソリューション室)
    「鉄鋼業における操業計画問題とモデル化」

15:15-15:50 藤田 薫氏(三菱化学(株) 技術・生産センター 技術部)
    「化学産業における最適化技術を活用した生産計画・スケジューリング」

実施責任者 田村 隆善(名古屋工業大学 TEL and FAX 052-735-5390)

発表申し込みご希望の方へ

日本OR学会 2006年秋季研究発表会
発表申し込みご希望の方へ
——————————————————————————–
今回の発表申し込み受付は終了しました。多数のご投稿ありがとうございました。
——————————————————————————–

発表を希望される方は,下記の原稿執筆要項に従ってアブストラクトの原稿およびそのPDFファイルを作成してください.
PDFファイルを準備した上で,発表申し込み受付ウェブサイトにて申し込みの手続きを行ってください.
PDFファイルの送信を同時に行わないと発表申し込みを受け付けることができません.ご注意ください.

——————————————————————————–

  • 原稿執筆要項
  • 発表申し込み受付ウェブサイト(終了しました)

    注意: このサイトはSSL に対応していますが,SSLセキュリティ証明書は,認証局で発行されたものではなく実行委員会(プログラム担当)で作成したものです.したがって,接続する際にセキュリティ警告が出ます.あらかじめご了承ください.

  • E-mailでの発表申し込み(終了しました)
  • 問い合わせ先:2006年秋季研究発表会実行委員会(プログラム担当)

原稿執筆要項

発表者の方へ

日本オペレーションズ・リサーチ学会2006年秋季研究発表会に発表を希望される方は,以下の手順に従ってアブストラクトの原稿を作成してください.
Acrobat® Distiller® の初期設定はレターサイズになっています. A4 サイズの PDF を作成する場合, 初期設定のままではできませんので PDF の作成方法 をご参照下さい.

——————————————————————————-
◇ アブストラクトの書き方

  • アブストラクト集は著者の原稿をそのままフォトコピーして,B5版にオフセット印刷します.

    形式が不備の場合は印刷ができない場合がございますので,アブストラクト作成の際には以下の注意書きをお読みいただくよう,お願いいたします.

  • アブストラクト原稿は発表1件につき2ページです.

    A4版用紙で印刷してください.各ページの余白は上下30mm,左右20mmとしてください.余白部分には統一したヘッダーとして書名,フッターとしてページ番号が挿入されますので,必ず,空白のままにしておいてください.縮小印刷されますので、フォントサイズは(本文,図表とも)9pt.以上でお願いします.アブストラクト集はモノクロ印刷されます.

      サンプルファイル: (sample.pdf)

    TeX で原稿を執筆される場合は,次のスタイルファイルを利用できます.(sample.tex,  orsabs.sty )

  • 発表題目,発表者氏名・所属は規定の位置に書いてください.
    1. 発表題目は1枚目の最上段に本文より大きめのフォントを使い書いてください.
    2. 1行空けてその下に,

      発表者の「会員番号」,「所属」,「氏名」,「ローマ字読み」
      を書いてください.ローマ字読みは姓,名の順,姓はすべて大文字,名は頭文字だけ大文字,としてください.連名の場合は同じ形式で全員の氏名を書き,登壇者の姓の前に*印を付けてください.

      (例)01203301 ○○大学 学会 太郎 GAKKAI Taro 
         03298881 ○○企画 *中部 次郎 NAKABE Jiro

  • 図・表・写真などは縮小されても識別できるようにしてください.

    また,モノクロ印刷しても識別できるように,投稿する前にあらかじめテスト印刷して仕上がりを確かめてください.

  • アブストラクトはAdobe社のAcrobatなどでPDF形式に変換してください.

    Acrobat Readerでは変換できません.変換したアブストラクト原稿にはabst_name.pdfという名前をつけてください.(nameの部分は発表者等の名前(姓のみ)のローマ字読みを入れてください.例:abst_nakabe.pdf)

  • PDF形式に変換する際は,フォントをすべてインクルードするようにして下さい.
  • PDF形式に変換したファイルをAdobe 社のAcrobat Reader 6.0 で印刷し,読めることを確認して下さい.

    フォントの文字化けが生じる可能性がありますので,できれば,環境の違うパソコンでも仕上がりを確かめてください.

    【注意1】 アブストラクトのファイル名は「abst_name.pdf」としてください.name の部分は発表者等の名前(姓のみ)のローマ字読みを入れてください.(例:abst_nakabe.pdf)
    【注意2】 図表・写真が多い場合はファイルサイズが大きくなり,途中で転送を拒否される場合もありますので,あらかじめご確認ください.

——————————————————————————-
◇ PDF の作成方法

Acrobat Distiller の初期設定は letter size となっています. A4 サイズの PDF を作成する場合, 初期設定のままではできない ので注意してください.

[ PDF を作成する前に]
余白設定の確認 (TeX,Word) ; 2006 年度OR学会用

[ PDF の作成 ]

  • Acrobat Distiller を用いて作成 ;
    ( Distiller の設定から PDF の作成,印刷まで )
  • pdfmx を用いて PDF を作成 ;
    ( DVIOUT 3.15.1 以降 を使用して作成 )
  • Acrobat (Acrobat) Distiller を用いて MS-WORD から PDF を作成 ;
    ( WORD の余白設定と PDF の joboption の変更 )

——————————————————————————-
◇ 問い合わせ先
発表申込みに関するお問い合わせは 「件名」を「OR問い合わせ」として,
     info-or2006a@serv1.ms.nanzan-u.ac.jp
あてにメールでお願いします.
※注意: 上記のメールアドレスでは,@ が全角になっています. コピーする場合は,全角の@を半角に直してから使用してください.

——————————————————————————-
◇ 著作権規定
予稿集に掲載された予稿の著作権は,日本OR学会に所属します. 詳しくは、 こちらをご覧下さい。

——————————————————————————–

Acrobat®, Reader®, Adobe®, Distiller® は, Adobe システムズ社の商標登録です.
Microsoft Corporationのガイドライン に従って画面写真を使用しています.

平成18年秋季研究発表会

日程 平成18年9月12日(火)~13日(水)
場所 愛知大学 車道(くるまみち)キャンパス(地図:愛知大学ホームページ)
実行委員長 玉置 光司 (愛知大学)
研究発表会プログラム
 プログラム(HTML版)  スケジュール概要(PDF版)  スケジュール詳細(PDF版)
宿泊のご案内
 PFDをダウンロードしてFAXでお申し込みください.詳細はここをクリックしてください.

お詫びと訂正
日本OR学会誌「オペレーションズリサーチ」8月号に掲載されました
平成18年秋季研究発表会の研究発表スケジュール内に,実行委員会の
不注意と不手際による誤りが二箇所ありました.
関係各位に多大のご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げますとと
もに,ここに謹んで訂正申し上げます.

日本OR学会平成18年秋季研究発表会 実行委員会

     記

9月12日(火)D会場 14時40分~16時
のセッション名は 部会報告( マーケティング・インテリジェンス ) です

9月12日(火)F会場 10時40分~12時 DEA
1-F-6 Comparison of Management Efficiency of Vertically Integrated
Electric Utilities between Japan and the US: Application of Network DEA
の発表者は 筒井 美樹 ((財)電力中央研究所 ) 様 です
以上

(1)テーマ
   都市・交通・観光とOR
(2)特別講演
   ○ 講演者: 東海旅客鉄道株式会社 相談役 須田 寛
     題目: 「「観光」の現状と展望 - OR手法導入の必要性 -」
     日時: 9月12日(火)13:10 - 14:10
     会場: 愛知大学 車道キャンパス 本館3階 コンベンションホール

   ○ 講演者: 南山大学 教授 澤木 勝茂
     題目: INFORMSエーデルマン賞ファイナリスト賞受賞記念特別講演
     「大学経営におけるORの活用 ― 戦略的レベルから日常業務まで ―」
     日時: 9月12日(火)16:10 - 17:10
     会場: 愛知大学 車道キャンパス 本館3階 コンベンションホール

   ○ 講演者: 株式会社NTTデータ 相談役 青木 利晴
     題目: 会長就任挨拶 兼 IEEE Founders Medal受賞記念特別講演
     「価値創造に向けて」
     日時: 9月13日(水)13:10 - 14:10
     会場: 愛知大学 車道キャンパス 本館3階 コンベンションホール

     * 特別講演は一般公開いたします.参加費は無料です.

(3) オーガナイズドセッション
  ■都市とOR (オーガナイザー 南山大学 鈴木 敦夫 先生)
    大澤 義明 筑波大学
     「OR手法による景観分析-第二東京タワーの仰瞰-」
    鈴木 勉  筑波大学
     「斜線型道路網の流動量分布」
    諸星 穂積 政策研究大学院大学
     「救急車の配置問題」

  ■交通とOR (オーガナイザー愛知 淑徳大学 辻 紘良 先生)
    中村 博行 KDDI株式会社
     「地上デジタル放送とITS」
    奥田 隆史 愛知県立大学
     「ITSにおけるコンテクスト・アウェアネス・システムの性能評価」
    辻 紘良,野澤 成裕 愛知淑徳大学
     「車いすのナビにおける移動負担度の推定」
    大鋳 史男 名古屋工業大学
     「セルオートマトン法による歩行者流動のシミュレーション」

  ■観光とOR (オーガナイザー 明海大学 三浦 英俊 先生)
    山田 雄一 財団法人日本交通公社
     「観光地におけるCS構造に関する考察(その1)(その2)」
    本間 裕大 慶應義塾大学大学院 理工学研究科
     「周遊を考慮したエントロピー・モデルによる国内観光流動の推定」
    光清 毅(みつきよ つよし)犬山市役所 
    「人にやさしい歩いて巡るまち~犬山城下町のまちづくり~」

(4) 発表申し込み及び予稿原稿送付の締め切り日
7月5日(水)(発表申し込みは締め切りました)

(5) 発表申し込み先及び予稿原稿送付先
ここをクリックしてください.

(6) 原稿執筆要項
ここをクリックしてください.

(7) 研究発表会の参加費
事前申込み参加費:正・賛助会員6,000円、学生会員2,000円、非会員8,000円
当日申込み参加費:正・賛助会員7,000円、学生会員2,000円、非会員10,000円
(但し、学生の方は、学生証提示で2,000円)
登壇料:非会員のみ、参加費と別途2,000円/件(本学会の許可が必要)

* 事前申し込みはOR誌8月号に綴じ込みの振替用紙にて9月5日(火)までにお振込ください。
  折り返し、メールまたはFAXにて入金確認をご連絡いたします(当日の受付は五十音順)。
  欠席の場合、参加費の返金はできません。アブストラクト集を送付いたします。
* 非会員の方で事前申し込みを希望される方は、
  氏名・住所・連絡先メイルアドレス・連絡先電話番号・連絡先Fax番号
  を明記の上そのよし下記の問い合わせ先にご連絡下さい。日本OR学会事務局より振替用紙をお送りいたします。

懇親会:9月12日(火)(会費:事前振込み4,000円、当日申込5,000円)

(8) 問合せ先:日本OR学会2006年秋季研究発表会実行委員会
E-Mail :大鋳 史男(名古屋工業大学)ohi.fumio[at]nitech.ac.jp


第56回シンポジウムは、平成18年9月11日(月)に開催されます。
  テーマ:ここまで使える数理計画法  
  実行委員長:豊橋科学技術大学 増山繁 


企業事例交流会は、平成18年9月12日(火)に開催されます。
  テーマ:ものづくりとOR  
  実行委員長:名古屋工業大学 田村 隆善 


支部長 増山 繁(豊橋科学技術大学)
事務局 安田 照美(中部品質管理協会) cqca[at]cjqca.com
1 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38