第89回 研究会

  • 日時:2021年 1月 27日(水)13:30 -- 16:45
  • 会場:Zoom によるオンライン開催
  • 講演1(13:30 -- 15:00)
    • 講演者 :Sudlop Ratanakuakangwan 氏(大阪大学)
    • 講演題目:Stochastic robust optimization in social impact-constrained energy planning
    • 講演概要:In this study, stochastic robust optimization considering multiple uncertainties are implemented in order to optimize the future energy planning. Projections of demand forecasting, reduction in renewable energy cost, and increased capacity factor of renewable energy power plants are incorporated as scenario-based uncertain parameters. The results are in ranges of optimal solution based on the stochastic requirements, while the fluctuation still be controlled by the defined robust function. The case study of Thailand, where the social impact is critical factor in decision making of energy scheme, is featured. Besides the requirements of power plant’s technical specification and robust function, three main missions of energy planning are included as constraints namely; security of supply, environmental protection and economic competitiveness. The scope of empirical study includes both fossil-fueled and renewable energy in the grid. The result of the model could help policy makers making decision on power development planning with multiple uncertainties.
  • 講演2(15:15 -- 16:45)
    • 講演者 :江口 昌伍 氏(福岡大学)
    • 講演題目:メタフロンティアDEA分析を用いた中国における石炭火力発電の効率性分析
    • 講演概要:2019年における化石燃料起源のCO2排出量は世界全体で約330億トンと推計され、国別にみると中国が約98億トンのCO2を排出する世界最大の排出国である。その大きな要因として、中国国内では電源構成比の大部分を石炭火力に依存していることが挙げられる。本研究では、メタフロンティアDEA(データ包絡分析法)モデルを用いて、2009年から2011年にかけての中国の石炭火力発電所の非効率性を、発電所の規模、立地する地域、マネジメント面での非効率性の3つの要素に要因分解分析を行う。研究結果から、中国中部・東部に位置する発電所の非効率性の主なソースはマネジメント面での非効率性であった一方、西部地域では発電設備に関する地域間の技術格差が主なソースであることが明らかになった。本報告では、これらの結果を踏まえ、中国国内の石炭火力発電所のスクラップ政策について議論する。