社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 会員の方へ  > 公募案内

公募案内

職員公募 インターンシップ/
就職説明会開催情報
助成等

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

職員公募


大阪工業大学 情報科学部 情報システム学科

職名 教授/准教授/講師または特任教授/特任准教授/特任講師
募集人員 1名
専門分野 オペレーションズ・リサーチ、数理計画法、システム最適化
担当予定科目 ・学部科目:オペレーションズ・リサーチ、数理計画法、モデリングとシミュレー ション、 コンピュータリテラシー、情報システム基礎演習、情報ゼミナール、卒業研究
・大学院科目:システム最適化理論、情報科学特論、特別研究
応募資格 ・情報学あるいは数理科学分野における博士の学位を有すること。
・大学院教育では、情報科学研究科博士課程の授業と研究指導ができること。
・研究面では、オペレーションズ・リサーチ、数理計画法、システム最適化等の分 野 で応用研究の実績が豊富であること。
着任時期 2022 年 4 月 1 日
申込締切日 2021 年 6 月 1 日(火)(必着)

詳細情報

http://www.oit.ac.jp/japanese/saiyo/11.IS.pdf
ページトップへ戻る

東京工業大学 理化学研究所 革新知能統合研究センター 非凸学習理論チーム

職名 研究員または特別研究員
募集人員 1名
勤務地 東京工業大学大岡山キャンパス内 理化学研究所AIPセンター(東京都目黒区大岡山2-12-1)
着任時期 候補者決定後、できるだけ早い時期
申込締切日 候補者決定次第、締め切り

詳細情報

https://www.riken.jp/careers/researchers/20210222_3/index.html
ページトップへ戻る

岡山大学大学院自然科学研究科産業創成工学専攻知能機械システム学講座

機関の説明(募集の背景) 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 革新的ロボット研究開発基盤構築事業の助成による 技術研究組合産業用ロボット次世代基礎技術研究機構(ROBOCIP)との共同研究課題「産業用ロボットと周辺機器からなる動作システムの最適化手法の開発」についての研究, 専門分野や当研究室の一部の研究課題について一緒に研究できる方を募集します。
専門分野 ロボティクスに関連する研究分野,もしくは,システム最適化に関連する研究分野
業務内容 NEDOの研究補助業務,および上記の専門分野や当研究室の研究課題における研究活動(ロボティクスに関連するアルゴリズム開発, プログラミングの経験があることが望ましい)
職名 特任助教
募集人員 1名
勤務地 岡山県岡山市北区津島中3-1-1
着任時期 2021年4月以降のできるだけ早い時期
募集期間 2021年07月30日 必着 (〆切前でも随時選考を行い,適任者の採用が決まり次第,募集を締め切ります)

詳細情報

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121020585&ln_jor=0
ページトップへ戻る


ページトップへ戻る

助成等

2021年度(第35回)研究助成の募集について

研究助成の概要

助成対象者 日本国内の情報・通信分野に関連する研究機関、教育機関に所属する研究者

助成金額 1件あたり100万円

研究助成のスケジュール 2021/6/10 応募締切(必着)夏頃、結果通知 秋頃、研究助成贈呈式 研究期間1年間 2022年12月頃、研究成果の報告

応募方法 「研究助成申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、1部を財団事務局宛にご郵送ください。
応募締切 2021年6月10日(木)必着
詳細 財団Webサイト
http://www.okawa-foundation.or.jp/
ページトップへ戻る

防衛装備庁「令和3年度 安全保障技術研究推進制度」

公募受付期間

令和3年2月5日(金)~令和3年5月12日(水)12:00

応募方法 令和3年度公募要領等の関係書類を確認の上、応募申請してください。関係書類は弊庁ホームページからダウンロード可能です。応募申請は府省共 通研究開発管理システム(e-Rad)からのみ受付けます。本制度への応募を希望する研究者は、e-Radのシステム利用規約に同意の上、お手続きをお 願いします。応募にあたっては、e-Radへの研究機関及び研究者の登録が必要となります。登録方法及び操作方法に関するマニュアルについては、 e-Radポータルサイトをご参照ください。e-Radの操作方法に関する問い合わせは、e-Radヘルプデスクにて受付けます。
詳細 「安全保障技術研究推進制度」公募ページ
https://www.mod.go.jp/atla/funding/koubo.html
ページトップへ戻る

鹿島学術振興財団  2021年度研究助成

研究対象者

(1)都市・居住環境の向上
(2)国土・資源の有効利用
(3)防災・危機管理の推進
(4)文化的遺産・自然環境の保全
※ (1)~(4)に関連する社会システム等を含む

助成金額と期間 (1) 総 額 約 6,000 万円(予定)
   一研究課題への助成金は、継続期間(2 年目)を含めて合計 300 万円以内とします。

(2) 助成期間は 2 年までとします。
    ただし、2 年目の継続助成については財団に直接提出される 「中間報告書」により、改めて内容を審査のうえ、採否、助成金 を決定します(2 年目の助成継続を希望する場合は、初年度申請 時にその希望の有無を明示して下さい)。
使途:研究に必要な設備備品費,消耗品費,謝金,旅費,印刷製本費等
募集期間 2020年7月1日(水)~11月20日(金)
申請 希望者は,OR学会事務局へご連絡ください.学会内の審査の後,当該機関へ推薦します.
OR学会推薦締切:2020年10月9日(金)
申請先:OR学会事務局
E-mail: jimukyoku@orsj.or.jp
詳細 http://www.kajima-f.or.jp
ページトップへ戻る

戦略的創造研究推進事業における2021年度戦略目標決定

戦略目標の決定
文部科学省にて、戦略的創造研究推進事業における2021年度戦略目標が下記の通り決定されました。
◇資源循環の実現に向けた結合・分解の精密制御
◇複雑な輸送・移動現象の統合的理解と予測・制御の高度化
◇Society 5.0 時代の安心・安全・信頼を支える基盤ソフトウェア技術
◇『バイオDX』による科学的発見の追究
◇元素戦略を基軸とした未踏の多元素・複合・準安定物質探査空間の開拓
◇「総合知」で築くポストコロナ社会の技術基盤 ◇ヒトのマルチセンシングネットワークの統合的理解と制御機構の解明
詳細は、文部科学省webページをご参照ください。 https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2020/mext_00051.html

すでにお知らせ済みのとおり、JSTは、戦略目標の達成に向けた研究領域及び研究総括を選定し、戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-X)の2021年度研究課題の公募・選定等を行う予定です。なお、本研究提案募集の予告は、国会における令和3年度政府予算の成立を前提として行っています。
公募情報 https://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html
問合せ先 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)戦略研究推進部
[募集専用]E-mail:rp-info◎jst.go.jp  

2021年度 CREST・さきがけ・ACT-X募集説明会

募集説明会(予定)
JSTでは、戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-X)における2021年度の研究提案募集に関連して募集説明会を実施する予定です(一部の領域を除く)。ご関心のある多くの方々のご参加をお待ちしております。

各研究領域の募集説明会は、ビデオ会議ツールを利用したオンラインセミナー形式(Zoomウェビナー形式)で開催いたします。
(募集説明会HP) https://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian/top/setsumeikai.html
(提案を募集する研究領域)  https://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian/top/ryoiki.html
※今年度、募集説明会を実施しない研究領域は、各研究領域のページに2021年度の募集方針に関する資料や動画を掲載いたします。

参加希望の方は、後日公開となる「申込フォーム」よりお申し込み下さい。
【注】現時点での予定であり予告無く変更することがありますので、予めご了承ください。
公募情報 https://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html
問合せ先 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)戦略研究推進部
[募集専用]E-mail:rp-info◎jst.go.jp  

戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-X)2021年度研究提案(第1期)の募集

第1期(既存研究領域)募集締切
さきがけ・ACT-X : 2021年5月11日(火)正午 厳守
CREST : 2021年5月18日(火)正午 厳守
募集締切までにe-Radを通じた応募手続きが完了していない研究提案については、いかなる理由があっても審査の対象とはいたしません。余裕を持って、早めにご提出をいただくようお願いいたします。
詳細 https://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html
問合せ先 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)戦略研究推進部
[募集専用]E-mail:rp-info◎jst.go.jp  
ページトップへ戻る

2021年度 笹川科学研究助成

主な募集条件
【学術研究部門】  
・大学院生(修士課程・博士課程)  
・35歳以下の任期付き雇用の若手研究者  
・ただし、「海に関係する研究」は重点テーマとして支援し、雇用形態は問わない。
・助成額は、1件100万円を限度とする 
【実践研究部門】 ・学校・NPO職員等に所属している方 
・博物館、図書館等の生涯学習施設に所属している学芸員・司書等 
・年齢、雇用形態は問わない。
・助成額は、1件50万円を限度とする
申請期間
2020年 9月15日 から 2020年10月15日 23:59 まで
申請方法
Webからの申請となります。詳細は本会Webサイトをご確認下さい。
https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/
ページトップへ戻る

第12回(令和3 (2021)年度)日本学術振興会 育志賞受賞候補者の推薦について

対象分野
人文学、社会科学及び自然科学にわたる全分野
対象者
以下の①②の条件を満たす者を対象とします。
なお、推膊に当たっては、論文等の業績のみにとらわれず、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な者、経済的に困難な状況や研究施設が必ずしも十分ではない等の厳しい研究環境の下でも創意工夫を凝らして主体的に研究を進めている者など多様な観点から推薦願 います。
① 我が国の大学院博士課程学生(海外からの留 学生を含む)であって、令和 3 (2021) 年 4 月 1 日において 3 4 歳未満の者で、令和 3 (2021) 年 5 月 1 日におい て 次の 1 ) から4 ) のいずれかに該当する者
1 ) 区分制の博士後期課程に在学する者
2 ) 一貫制の博士課程 3 年次以上の年次に在学す る者
3 ) 後期 3 年のみの博士課程に在学する者
4 ) 医学、 歯学、薬学又は獣医学系の 4 年制博士課程に在学する者
 ② 大学院における学業成績が優秀であり、豊かな人間性を備え、意欲的かつ主体的 に勉学及び研究活動に取り組んでいる者
受付期間
令和3(2021)年5月27日(木)~ 6月1日(火)17:00(締切)
授賞等
本会が設置する選考委員会において16名程度選考し、受賞者には、賞状、賞牌及ぴ副賞として学業奨励金110万円を贈呈します。
推薦権者
1)我が国の大学の長 (大学長推薦) 推腐数:人社系、理工系、生物系各1名、その他に分野を問わず1名の計4名まで
2 )我が国の学術 団体(日本 学術会諧協力学術研究団体に限る)の長(学会長推薦) 推薦数:1名まで ※自薦・個人推駕は受け付けません。
問い合わせ先
独立行政法人日本学術振興会人材育成事業部研究者養成課「日本学術振興会育志賞」担当
TEL: 03-3263-0912 E-mail : ikushi-prize◎jsps. go. Jp
https://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/index.html
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー

2021 年度第1回ORセミナー
日程:2021/6/7(月)
場所:オンライン開催
テーマ:
量子コンピュータと次世代計算機活用
シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
開催終了しました。
日 程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九州大学
(オンライン開催)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
開催終了しました。
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九州大学
(オンライン開催)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。