社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME > オペレーションズ・リサーチ学会とは > 会長挨拶

会長就任の挨拶

OR学会会長:中央大学 教授 田口 東

  この度日本オペレーションズ・リサーチ学会会長をつとめることになりました田口東(あずま)です.1974年に工学部を卒業して企業に2年半勤務し,大学助手から始めて現在まで教育と研究に携わってまいりました.その間,自分自身の好奇心と実現可能な範囲で社会的な現象の数理モデルを作り,それらの課題に対する解を考えることを行ってきました.交通システムを扱うことが多いのは,人の移動が興味深いことと,長期間に渡る現実のデータが入手しやすいことによります.まわりからは鉄分が濃いからとも言われております.さて,このように大きな研究プロジェクトに参加した経験もなく,オペレーションズ・リサーチの狭い分野しか理解していないところで,会の運営の方向性を示して進めて行くとなると,ひとりの力では難しいことは十分に理解しております.これまでの学会の歴史を勉強し,適切に意見をうかがい,情勢を判断しながら進めて行きたいと考えておりますので,どうぞご協力をよろしくお願い申し上げます.


 年が明けてから新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のために,社会的な活動をこれまでの形で進めることが非常に難しくなっております.このことは年単位の長期化も想定されます.第一に,会員の皆様が所属される組織の活動を維持することに多くの労力を費やされていると思いますし,従来型の学会活動の参加に割ける時間は少なくなって当然です.そのような中でもそれぞれの立場におけるオペレーションズ・リサーチの研究と実践は是非続けて頂きたいと願っております.


 学会活動の中で研究部会,研究発表会,シンポジウムなどで「リアルな移動」と「濃厚接触」を通じて研究の活性化,高度化を図る場面は重要であると考えております.しかしそれらは強い制約をうけることになります.今後,内容とレベルはできるだけ落とさないように,ホームページを通じた迅速で適確な情報の発信から始めて,人のネットワークを通信のネットワークに重ねられるようなシステムを作りながら進めたいと考えております.最初の1年間なんとかこれで凌ぎ,その後学会の方向性を議論できる時期が来ることを心から願っております.


 最後に会員としての期待を述べます.まだ記憶に強く残っている東日本大震災の後には,課題解決の学問であるオペレーションズ・リサーチを使って社会への提案を発信するという企画がなされました.また,いまはすっかり影が薄くなってしまった東京2020オリンピック・パラリンピックに対して,課題を探り解の提案を目指して研究部会活動が行われました.現在感染拡大防止にために行動変容を強く訴えられている西浦先生の論文が2009年の和文論文誌に掲載されています.新型コロナウィルス感染症の問題に対しても上記のような活動が生まれると,暗い話が多い中に日が差すのではないでしょうか.

ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー

2021 年度第1回ORセミナー
日程:2021/6/7(月)
場所:オンライン開催
テーマ:
量子コンピュータと次世代計算機活用
シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
開催終了しました。
日 程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九州大学
(オンライン開催)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
開催終了しました。
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九州大学
(オンライン開催)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。